クワイエットルームにようこそ

ALLTIME BEST

劇場公開日

13%
51%
31%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「恋の門」(94)で長編映画監督デビューを飾った松尾スズキが、芥川賞候補にもなった自作小説を自ら映画化。アルコールと睡眠薬を大量摂取してしまい精神病院の閉鎖病棟に強制入院させられてしまったフリーライター・明日香の絶望と再生の14日間を描く。主人公・明日香に映画主演は「BEAT」(98/宮本亜門監督)以来となる内田有紀。共演に大竹しのぶ、蒼井優、妻夫木聡、宮藤官九郎ら。

2007年製作/118分/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2007「クワイエットルームにようこそ」フィルムパートナーズ

映画レビュー

3.0三重県には津

GABIさん
2022年4月18日
iPhoneアプリから投稿

明るく楽しい映画かと思いきやなかなかに重たいお話。小ネタで笑わす場面もあるがその笑いはあまり好きではなかった。
個性的な役者さんが沢山出てきたが、ワタシとしてはりょうさんがカッコよかった。蒼井優はまぁ役得かな?大竹しのぶはちょっと舞台的で大袈裟な演技でいまいち。
精神がやられてしまう事は大なり小なり誰もが経験する、その時にどう這い上がっていくか、病院はたよりにならないという事か。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
GABI

4.0おもろ悲しい

アローさん
2021年10月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

悲しい

「閉鎖病棟ーそれぞれの朝」より断然面白い映画を見つけてしまいました。内田有紀の代表作と言えるレベル。若き蒼井優もこの頃からかなり完成されています。大竹しのぶや他のぶっ飛んだキャラクター達がしっかり脇を固めていて、最後まで面白く、そして悲しく、清々しい。ラスト白井先生(徳井優)で笑って、エンドロールでまた笑わしてくれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アロー

4.5愛しくも、うざったい方々(笑)。

2021年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

幸せ

萌える

「閉鎖病棟は世間のしがらみからあなたを守るところ」
 実は隔離病室だって、そういう使われ方しているところがある。お仕置き部屋じゃなく。

”閉鎖病棟”と言うと、世間的には”奇妙で””危険な”人々を、世間の平和の為に”隔離して””閉じ込めて”置くものだと思っている人が、まだいる。
 そこは閉じられた空間だけに、何か秘密めいたことが行われていて、様々な空想をかきたてられる。ホラーの題材にも使われるし。その影響からか、ある高校の文化祭でのお化け屋敷の名が”閉鎖病棟”だった。それを知って悲しかった。未だに世間の認識ってこの位なのか。

垣間見ることのできない異様な空間。それが”閉鎖病棟”。
 でも意外と身近。誰だってお世話になる可能性はある。例えば、徘徊がひどい認知症の方が、入院治療受ける場合は閉鎖病棟に入院せざるを得ない。

そんな”閉鎖病棟”を舞台にした映画。
 ”閉鎖病棟”の様子をかなりデフォルメして描いている。つっこみどころ満載。偏見を助長しないかと心配になりつつも、つい笑ってしまう。

そして考えさせられる。

”病気”と”普通”の境目。入院している人だけが”病気”?
 特にさえとさえの両親、どっちが病気なのかわからなくなった。そして、人生おもしろければいいと生きている人の異様さよ。
 コモノとの絡みとか。

「どん底まで落ちれば、後は浮かび上がるだけ」とは言うものの、それが難しい。どん底で自分の脚で立てればいいけど、たいていはどん底の底なし沼のような沼に捕まって立ちあがるのに一苦労だもの。
 特に、みきのように自分に価値を見いだせないとね。胸が痛くなる。

物語的には、明日香が閉鎖病棟に入った理由に直面してからのことがもう少し丁寧に描かれていたら☆5つだったんだけど…。
 そして、笑ってしまうのだけれど、笑いのセンスが合わないところも…。
 惜しい。

とは言え、他のレビューにあるように、役者は凄い。

大竹さん。
 最初の登場は、お年を確認したくなるくらい可愛かった。だのに、段々と老醜がにじみ出てきて…。怪物を怪演。役者とはここまでやるものなかのか。自分の人生をかけているものの為ならば、ここまで自分をさらけ出す。見習いたいけど、ストップをかけちゃう私。だから小物なのね。

蒼井さんはこれまでの役とは雰囲気が違う。
 出色。この映画初見の頃、ここまでできる方だとは思わなかった。ただ、笑顔のかわいい、素直なお嬢さんしかやらないと思っていたら。大変失礼いたしました。

クドカンも、時折見せる表情・佇まいが良い。

他にも、自分の仕事をなさっておられる役者が勢ぞろい。

アットホーム的な様相を醸し出しつつも、その甘さに流れない。シビアでシュールな映画。
ラストがナイス!

テンポよく、楽しくエンターテイメントに酔わせていただき、後で「自分の生き方大丈夫?」と妙に不安になりつつも、なんか元気を貰える映画。
う~ん、複雑…。

なぜか弾きつけられる映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.5キャストに驚く!

JYARIさん
2021年5月31日
iPhoneアプリから投稿

なんだなんだ!
こんな大物が続々と!って感じでした。

ストーリーとしては、
カッコーの巣の上でと
17歳のカルテを混ぜた感じ

そこに過去のゴタゴタが絡んでいって…。

蒼井優がピカイチ良かった…。
もうかっこよ過ぎた、距離感といい、話し方といい…
美しすぎました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全44件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る