影裏

劇場公開日

影裏
7%
30%
39%
14%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説「影裏(えいり)」を、綾野剛と松田龍平の共演で映画化したヒューマンミステリー。「るろうに剣心」「3月のライオン」の大友啓史監督がメガホンを取り、自身の出身地である岩手県を舞台に描いた。転勤で岩手に移り住んだ今野は、慣れない土地で出会った同僚の日浅に心を許し、次第に距離を縮めていく。2人で酒を酌み交わし、釣りをし、遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、今野は心地よさを感じていた。しかし、ある日突然、日浅は何も言わずに会社を辞めてしまう。しばらくして再会を果たした2人だったが、一度開いた距離が再び縮まることはなく、その後は顔をあわせることなく時が流れていく。そしてある時、日浅が行方不明になっていることを知った今野は、日浅を捜すが、その過程で日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまう。

2020年製作/134分/G/日本
配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2020「影裏」製作委員会

映画レビュー

4.0観る人を選ぶ作品

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

前半は淡々としたブロマンス風に進むが、あるシーンで一気に転調する。予備知識がないと「この題材を扱う映画だったか」と驚くはずだ。私も原作を読んでびっくりした。その要素が示されてから、そこまでの描写を振り返ると、込められた意図、伏線が明らかになる仕掛けだ。

紹介するのが難しいタイプの映画だ。綾野剛が演じる今野のパーソナリティーに関する要素は、本来なら事前にバラされないよう配慮すべきネタだろうが、それを苦手とする人が「知らずに観て後悔した」となるのも忍びない。

多様な価値観が受け入れられる世の中になり、表層の出来事や人間関係の中に普遍的な価値を見出せるようになるのが理想だが、日本の現状はまだ道半ばだろう。ただそんな日本だからこそ、人物たちの孤独や心の渇き、生きざまが際立つ面もある。目にしているようで見えていない物事の裏側に気づくことの大切さを、本作から学べるといい。自戒も込めてそう思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

4.0何が言いたいか分かり易いヤツよりこういう話が好き

asicaさん
2021年11月17日
iPhoneアプリから投稿

出演者が端々に至るまで豪華。

松田兄の、こういう存在感は稀有だし
綾野剛の、小心者な一般的一般人という風貌もいい。

サプライズ的な中村倫也は、もう声でわかるし
安田顕の兄もいい。

岩手
震災に隠れて、全く別の土地で別人として生きているに違いない男

それでも彼本来の生き方は変わるはずもなく
だがそこが居心地悪ければ他の土地に行くのみ

そんな部分は描かれてはいないんだけれど
容易に想像がつく。

ぬらりと生きて、排水溝のような場所を通っては
時に人の生活圏に現れる。

綾野剛演じる男は、確かに
岩手での生活の中で彼との関わりが光明であったわけで
引っ張られて時に不快でも、彼の言う
「身ひとつで来いよ」の温かさは彼の体中に染み渡る。

寒さに凍え冷え切った体に飲む汁物椀のように。

難解といわれる文学作品を
ここまで豪華なメンバーで撮れるのなら アリ。
そういう出来だったと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
asica

1.5無理。

2021年11月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

暗い。
おもしろくない。
再び綾野剛に同性愛役。
で最後まで見ても心に響くものなし。

都会から地方に行くと、自然の見るもの全てが新鮮にキラキラと写る。これはよーく分かる。
でも逆はどうか。
当たり前すぎて、それしかなくて、都会者に対して何を抱くのだろう。
話題もローカル。広がりが無い。
楽しみは年に一度の大々的なお祭り。
だろうな。

大好きな大友監督でもこの原作の映像化はこれが限界だったかと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
零式五十二型

3.0味はあるが中々難しかった

takeさん
2021年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何となく言いたいことは分かるが、掴みどころがないというイメージの作品だった。ただ綾野剛さんのお芝居が凄いということはよく伝わってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
take
すべての映画レビューを見る(全107件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る