音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! インタビュー: やらない理由を見つけるな!阿部サダヲ×吉岡里帆、勇気とトラウマもらった初共演「音タコ」

ホーム > 作品情報 > 映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」 > インタビュー > やらない理由を見つけるな!阿部サダヲ×吉岡里帆、勇気とトラウマもらった初共演「音タコ」
メニュー

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

劇場公開日 2018年10月12日
2018年10月1日更新
画像1

やらない理由を見つけるな!阿部サダヲ×吉岡里帆、勇気とトラウマもらった初共演「音タコ」

「時効警察」「インスタント沼」などで知られる鬼才・三木聡監督作「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が、10月12日に世に放たれる。同監督が構想に約7年を費やした物語は、徹底してシュール、そしてどこまでもパンクだ。“三木ワールド”全開のハチャメチャな物語に身を投じ、恐ろしいまでに破天荒なキャラを演じた阿部サダヲ吉岡里帆が、文字通り“死ぬ寸前”まで悪戦苦闘しながらも、果敢に立ち向かった今作を語る。(取材・文/編集部、写真/江藤海彦)

4オクターブの音域と爆発的な声量を持つロックスター・シン(阿部)には、その歌声が“声帯ドーピング”によって作られているという秘密があった。副作用で喉が限界に近づくなか、歌声が小さすぎるミュージシャン・ふうか(吉岡)と運命的な出会いを果たす。しかし、最後の歌声を目的に謎の組織が動き始め、シンはふうかとともに逃避行に出る。

■“三木ワールド”に混乱… 超シュールかつ難解な台本に「なにこれ?」

今作で初共演の2人。初対面した直後には“立ち稽古”が行われ、入念に芝居の流れを確認した。三木組初参加の阿部は「いきなり現場、じゃなくてよかった」と語り、台本を読むだけでは物語を理解しきれなかったと話す。

同じく吉岡も「台本に『なにこれ?』と思うところがいっぱいあって」といい、「阿部さんは、三木さんの難解な台本を理解した状態で、立ち稽古に臨んでいると思っていたんです。でも阿部さんも『なにこれ』となっていて。それがすごく嬉しかったです。1人じゃなかった!」と続ける。これには阿部も「わけがわからない部分を『こういうことなんだ』と共有できてから、映画に臨めました。それがよかった」と笑い、準備万端で撮影に入った。

三木監督は卓越したビジョンと、妥協を許さぬ情熱を見せ続けただけに、吉岡は「この人の頭のなかに近づきたい、具現化しないといけないと、使命感のような気持ちが沸いてきました」と惚れぼれ。一方で「三木さん自身も、自分の台本に翻ろうされている時があって。『これ、どういう意味だろうねえ』って」と、お茶目な一面も暴露してくれた。

■役づくりならぬ“役づくらない” 強烈共演陣と対峙するコツとは

共演には麻生久美子岩松了ふせえり田中哲司松尾スズキら。“火薬庫“を連想させる爆発的な面々が集っただけに、アドリブもさぞ多かっただろう……と思いきや、三木監督作ではアドリブは一切許されないという。阿部は「僕もほぼアドリブだと思っていたんですよ。突拍子もないことを言い出す人がいっぱいいるから(笑)。でも1個もないし、台本に忠実にやるんです。びっくりしました」と衝撃をもって明かし、「これだけ練られているのか、と感動もしました」と目を細める。

個性的すぎる共演陣に飲み込まれないよう、吉岡は「自分のペースを乱さない」ことを徹底していた。「私たちまでみんなと一緒のテンションでいると、メチャメチャになる。私はボーっと、マイペースにいる。いちいち反応していたら、収拾がつかなくなってしまう(笑)キリがない」と話すと、阿部も「それが合ってますよね。逆に僕らはつくらないほうがいい。“役づくり”ではなく、“役づくらない”」と同調。“役づくらない”ことで強烈な個性を受け流し、調和と破壊のバランスを取っていたと説明した。

■撮影初日に「主演俳優が死ぬ」危機に…

クランクインは2017年11月3日。同日の夜中にはシンとふうかが鉢合わせし、2人が水浸しになる序盤のシーンが撮影された。この話題に触れると、阿部は「詳しくしゃべりたくないくらい、つらかった」とうつむく。極寒の屋外で半裸、しかも大量の水を浴び、比喩でもなんでもなく「本当に死にそうになった」からだ。

間近で目撃していた吉岡は、「阿部さんは撮影中、生死をさまよっていましたね。でもそれが笑えるって、すごいことだなって思いました」と笑いながら振り返る。一方の阿部は、「面白いよね、そりゃ。僕だって、自分じゃなかったら面白いと思うもん。まあ『初日に主演俳優が死ぬ』となったら、それはそれで、かっこいいですけどね」と顔を伏せ続ける。

なおも吉岡は「キツすぎて亡くなるという(笑)。初日にめちゃくちゃ阿部さんが体を張っているのを見て、『こっちも全力でいこう』と気合い入りました。“かっこ面白かった”です」。これに阿部は「打ち解けられたというか、絆が芽生えました」と表情をほころばせて頷きつつ、「破天荒な役をやることが多いですが、ここまで死にそうになったのは初めて。苦手なことができました。閉所恐怖症みたいになっているし、大量の水が怖い……」とトラウマを植え付けられたことを告白した。

■「やらない理由を見つけるな」「消えろすべて」 未来をこじ開ける数々のセリフ

「やらない理由を見つけるな」「音量を上げろタコ、なに歌ってんのか全然わかんねえんだよ」――。シンがふうかにおくる数々のメッセージは、観客の鼓膜を震わせ、脳髄を刺激し、心の奥底に眠る“なにか”を奮い立たせていく。

シンに勇気をもらった側である吉岡は、「『やらない理由を見つけるな』。三木監督自身が、娘さんに伝えたいメッセージらしくて」と切り出し、「『好きなことをやっていいんだ』とも、『怖がるな』とも言い換えられます。特にシンは、ふうかに対して『みんな大変だ、1人じゃない。おまえも頑張れ』と言ってくれている気がして。一歩踏み出せない人たちへ、三木監督からのエールです」と解釈を明かす。今作が他と大きく異なるポイントを問われ、「見たことのないものを見られると思います。私、喉の奥にカメラを突っ込まれたときは『ここまでやるか』とびっくりしちゃいました」と述べた。

そして勇気を与えた側の阿部は、「ロッカーという役を借りているから、ストレートに言えていた気がします」と心情を説明する。「やらない理由を見つけるな」というセリフは、自身の胸にも刺さったと語り、「学生時代は部活動で野球やっていたんですが、素振りをやらない理由はすごくうまかった(笑)。『今度、左打ちになるかもしれないから』とか言って」と、かつてに思いを馳せる。

それでも役者になってからは、やらない理由を探すことはなくなった。「芝居を始める前、劇団のオーディションを受けたんです。そのときは、理由がなくとも『わけわからないけど、いっちゃえ』と勢いがすごかった。芝居を始めたあとも、知らないくせに『知ってます』『なんでもできます』。やると決めたら、とにかくやる。なぜ変化したのかは、よくわかりません。でも“素振りしない自分”を、振り返りたくなかったんでしょうね」。

シンは歌う直前に「消えろすべて」と叫ぶ。過去を消し去るべく、現在に命をかけ、予想だにしない未来をこじ開けていくその姿は、阿部の過去・現在とも重なるのではないだろうか。今作の物語と登場人物の生き様は、多くの観客の人生と直結し、シュールな感動を残していくに違いない。

関連コンテンツ

特集

“驚異の歌声 meets 小さすぎる歌声”今この《化学反応の連鎖》がクソ面白え![《舞妓Haaaan!!!》阿部サダヲ×《カルテット》吉岡里帆×《俺俺》監督]「TOO YOUNG」「銀魂」の……
特集

「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲ、人気ドラマ「カルテット」の吉岡里帆、「時効警察」「俺俺」の三木聡監督――これまでにない組み合わせが実現したハイテンション・ロック・コメディ「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わ...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

木更津キャッツアイ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX[DVD] 医龍4~Team Medical Dragon~ DVD BOX[DVD] 下妻物語 スタンダード☆エディション[DVD]
木更津キャッツアイ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX[DVD] 医龍4~Team Medical Dragon~ DVD BOX[DVD] 下妻物語 スタンダード☆エディション[DVD]
発売日:2010年12月10日 最安価格: ¥17,868 発売日:2006年10月27日 最安価格: ¥24,624 発売日:2014年8月29日 最安価格: ¥19,533 発売日:2004年11月26日 最安価格: ¥3,152
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.4 2.4 (全116件)
  • グッときた! とても感情を揺さぶられた映画でした。 リアリティのなさと現実離れしてぶっ飛んだテンポのよさが面白く、次はなにが起こるのかとハラハラドキドキし、登場人物の必死さと懸命に生きている姿に感動し、作品中... ...続きを読む

    chaco chacoさん  2018年12月5日 22:52  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 全然笑えない 確かにコメディ映画ではあったもののギャグが幼稚過ぎて全然笑えなかった。会場の客は笑いを求めて見に来ていたのか、前半の微妙なギャグに無理して笑ってる感じがありました。後半笑ってる人はほとんどいなか... ...続きを読む

    ジュン ジュンさん  2018年11月10日 18:22  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • よく分からないってのもうなずける 自分は嫌いじゃない。 最後までハチャメチャな感じを貫いてて、 徹底してるって感じが良い。 ある種のコダワリが見える。 これを、どう取るか。 ダメと取る人もいるんだろうなぁとは思う。 ...続きを読む

    TAICHI TAICHIさん  2018年11月8日 09:20  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi