東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
7%
51%
32%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ベストセラーとなったリリー・フランキーの自伝小説を、オキダリジョーと樹木希林の共演で映画化。幼いボクを連れてオトンの家を出たオカンは、女手ひとつでボクを育て上げた。やがて美大に通うため上京したボクは、オカンへの罪悪感を感じながらも自堕落な日々を送ってしまう。数年後ようやくイラストやコラムの仕事が軌道に乗り始めた頃、オカンのガンが発覚し……。監督を「さよなら、クロ」の松岡錠司、脚本を松尾スズキが手掛ける。

2007年製作/142分/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 日本アカデミー賞(2008年)

受賞

作品賞  
監督賞 松岡錠司
脚本賞 松尾スズキ
主演女優賞 樹木希林
助演男優賞 小林薫

ノミネート

主演男優賞 オダギリ ジョー
助演女優賞 松たか子
音楽賞 上田禎
新人俳優賞 内田也哉子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) 2007「東京タワー o.b.t.o.」製作委員会

映画レビュー

4.0ボロ泣きだった。樹木希林さん、すごいわー 違和感なくみんなのおかん...

おれさん
2020年4月13日
iPhoneアプリから投稿

ボロ泣きだった。樹木希林さん、すごいわー
違和感なくみんなのおかんになってた。
物語としては普通なのかもだけど、母親の偉大さや優しさを思いっきり見せられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

3.5親孝行したくなる。

2020年4月13日
iPhoneアプリから投稿

どこにでもいそうな親子の物語です。リリーフランキーの自叙的作品。しょーもない息子がだんだんと、しっかりと、大人の男になる様子が上手く描かれています。男性には刺さる映画なんじゃないかな。
オカンは偉大、そして樹木希林が偉大です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねぴちゃん

3.5鯛の刺し身

2019年10月13日
Androidアプリから投稿

昭和の時代を生き抜いた親子の愛の物語。東京タワーが思い出の象徴。病床から見える東京タワー。オカンの闘病生活とそれを支えた息子。親の介護というものはこんな感じなのか。うなされ、痛みに耐えてもがき苦しむ。それでも自分のことより息子の心配をする。親の子を思う気持は凄いと思った。真の親孝行は親になにかしてあげることは勿論だけど自分が立派な大人になることではないのかと思わされた。樹木希林も息子の仕事をしている姿を見ると落ち着くと言っていたし亡くなった日にも不謹慎だと思い仕事を控えていた息子が母の言葉を思い出し仕事をしたシーンなんかも象徴的。要するに私のことを気遣うより息子が頑張っている姿が母親にとってはなにより嬉しいものなのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お前の頭はただの飾りか

0.5最低ですよ

2019年9月25日
PCから投稿

原作も最低でしたが、やはり、映画にしても最低でした。
オダギリジョーを眺めたければ、どうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」以外にこんな作品をCheck-inしています。