劇場公開日 2016年7月29日

  • 予告編を見る

シン・ゴジラのレビュー・感想・評価

3.81558
39%
41%
12%
4%
4%
採点

全1558件中、1~20件目を表示

5.0日本人の精神性を見事に活写

2017年11月27日
PCから投稿

知的

高密度の情報量と、311後の日本社会への目配せも見事だが、個人的な本作の最大の注目点は、日本人の長所と短所が表裏一体である点を的確に捉えたところだ。

前半、一人の人間の避難遅れを発見したためにゴジラへの攻撃を決定できず、ズルズルと被害が拡大してしまう点は、普段から問題だと叫ばれる、大事なところで決められない日本人のメンタリティの弱点だ。だが、危機が拡大するにつれ、残った人間たちは何も言わずとも黙々と己の仕事をこなし続け、気がついたら一丸となっている。日本人は何も変わっていないが、未曾有の危機を前に突然目を覚ましたかのように結束し、高パフォーマンスを発揮し始める。
危機にも自分の仕事に没頭する様はサラリーマン根性のようでもあるが、最終的にゴジラを倒すのは、特別な平気ではなくその愚直な奉仕精神だった。
日本人以外には説明のしづらい魅力だが、ここまで的確に日本人の不思議な精神性を描いた作品は少ない。非常に貴重な傑作となった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 39 件)
杉本穂高

4.5個人の感想を超える圧倒的な密度の塊。

村山章さん
2016年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

また現実の世界の綿密な取材などディテールが濃密な一方で、「在来線爆弾」のような面白い跳ねたアイデアがフィクションとしての強度を確保する。

目に見える圧倒的な情報量以上の氷山の本体の存在が感じられる本作は、娯楽映画の水準を押し上げるみごとな仕事ではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
村山章

0.5微妙

さん
2022年8月9日
スマートフォンから投稿

久しぶりに見る機会があったがやはり迫力に欠けるカメラワークに怒涛の説明台詞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
晴

4.0スケール最強

リウキさん
2022年8月1日
PCから投稿

興奮

スケールが大きくて迫力満点の作品でした。
洋画のアクション映画を観ているような緊迫感です。
最強のゴジラを試行錯誤して攻略する物語がとても楽しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
リウキ

5.0ついに炸裂した実写映画の才能

2022年7月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波

怖い

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かせさん

4.0ゴジラってインパクトはあるけれども、ストーリーがいまいちなのでさほ...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

ゴジラってインパクトはあるけれども、ストーリーがいまいちなのでさほど期待はしていなかったのだけど、友達に薦められて観てみる。
さすが庵野秀明、友達が言っていた通りエヴァだった(笑)
リアリティ、構成、展開、映像、今まで観てきたゴジラの中でいちばんおもしろかったかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

1.0眠い

2022年6月15日
スマートフォンから投稿

寝られる

とにかく眠くなる作品
睡眠導入にはピッタリじゃないか?
もしかしてそれを狙っているのか?
と感じるほど

面白いって聞いていたからすごいガッカリ

これを面白いと思う感性は持ってないし、
理解できませんでした。

演技下手、演出雑、ゴジラ少なめ、終わり方謎
これが好きなら楽しめて見れるんじゃないか?

でも、諦めずに
シンウルトラマンを鑑賞しに行く

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
癖強映画評価マン

2.5破壊シーンは良い

MAX69さん
2022年6月13日
スマートフォンから投稿

ゴジラへの対応がリアルに描かれていたのと、ゴジラの破壊シーンが結構よかった。その他はCGが酷い、意味の無い会話シーンが多い、キャラがペラペラで、しかも作品のトーンを台無しにしている、大御所と言われる人たちの演技が酷すぎるなど、問題が多い映画。たぶん監督が演技指導とかほとんどしてないのでは。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
MAX69

2.0このゴジラあまり可愛くないな

2022年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

観始めてから自分はゴジラ側で攻撃されまくるゴジラが可哀想になるのを忘れてた。邪魔者扱いされて総攻撃にあうシーンは涙ぐんでしまうし光線を出して破壊しまくるシーンはもっとやれ!と思う。逃げる群衆の台詞が抑揚なさすぎ。 有事の時はああいう回りくどい指示で国は動くところを描いたのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画苦手な人

3.5ポリティカルコメディ

2022年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「完璧な生物」(神の遣わした者か?)をめぐる政治コメディ。
かなり良くできてましたね。あるあるーって感じで結構笑えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
arlecchino

4.0エヴァより出でてエヴァより青し

2022年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「エヴァ未体験」の同僚が興奮気味に面白かった!と語っていたので、初代ゴジラに通じる災害・災厄としての人間ドラマがウケたんだと思いました。

エヴァから萌え要素を抜き取り、ヤシマ作戦を一本の映画にした感じです。
VFXがしょぼいという評価の人がありましたが、そんなことは無いと思います。とにかく圧巻の映像と、作り込みで、今後20年はこのゴジラを超えられないでしょう。

海外でどんな評価を受けるか知りたいと思いました。
ハリウッド版ゴジラや「パシフィック・リム」が日本の怪獣映画をリスペクトしながら軽く凌駕していったように、庵野ゴジラも着ぐるみ特撮ゴジラをリスペクトしながら軽く凌駕しています。

それは、エヴァでアニメなのに特撮を凌駕した図式を再現したものです。

さらには、今後製作されるエヴァにも影響しそうな一本でした。

2016.8.3

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0勧められて

2022年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

ゴジラとかの映画はあまり好きじゃないのですけど

怪獣の後始末のようなタイプの映画だよー

ゴジラをどうするか?って話し合う映画だよーって
教えてもらって観たけど
面白かった

これなら
シン・ウルトラマンも楽しめそうです

途中少し寝ちゃってたけど💦💦💦

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
悠々同盟

0.5思ってたんと違う

6k9kさん
2022年5月21日
Androidアプリから投稿

怪獣特撮映画ってこんなに退屈やったっけ?何度も寝てしまい、少し戻してを繰り返しながらなんとか見終えました。ゴジラでなくていいよね。隕石とかパンデミックとか、日本沈没が近いかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
6k9k

3.5エヴァファンなら

ろなさん
2022年5月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ゴジラの演出ももちろんだが
行政の描き方が上手すぎる

そしてエヴァファンならテンションが上がる仕掛けが多すぎる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ろな

4.5「GODZILLA」

2022年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

公開当時 観に行った記憶があるが シン ウルトラマンをみるであろう為 再視聴。

やはりこころに残るのは石原さとみの「GODZILLA」

そして一つの法律やなんか決めるのに、日本の政治、法律 なんとか省の許可やら 大臣の〇〇やらいろいろあるし、アメリカや国連は無理難題を押し付ける。

2016年公開の為 原子力やマイクロシーベルトなど ちょっと懐かし時事単語が出てくる。

見所
山手線と京浜東北線
日本の政治の強みと弱み
ゴジラファンには不評?

政治要素が多いため 私は好みではありました。

あの音楽は偉大だし石原さとみは綺麗だし竹野内豊と長谷川博己は良い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
幕張豊砂の弟

4.0面白かった〜

和徳さん
2022年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

子供の頃リアルタイムでゴジラを観ていたオッサンです、シン・ウルトラマンの
予習的な感覚でAmazon primeで鑑賞。
賛否両論の作品ではありますが私的には全然アリです、ハリウッド版の
「GODZILLA 」も全て観ましたがハリウッド版は勧善懲悪に近く単純、でも
迫力はさすがという感じ、比べてこちらは政治家や官僚が右往左往しながらも
何とか辛勝と全然テイストが違うのでどちらがいいと言う比較論は野暮。
アメリカのモンスター系の映画だとGODZILLA に限らず個人(主人公)が
自ら戦ったり閃きで撃退方法を思いついたり下手すりゃあ大統領自ら戦闘機に乗って
戦うなんてのもありましたよね、そしてラストはお約束の大統領の感動的な
演説で幕を閉じる、まぁこういう時の大統領がメチャクチャカッコいい。
でも日本じゃそんなの絶対無理、寧ろ頼りない政治家と優秀な官僚がなんとか
協力し合って自衛隊が戦うという図式でリアリティーを追求したイメージでした。
リアリティーがあると言っても勿論ツッコミどころは多々ありますが実際には
こんな感じなんだろうと妙に納得。
戦い方も新幹線や在来線による攻撃や生コン打つポンプ車つかったり官民一体で
一致団結というのが妙に日本らしい、勿論随分都合のいいところでゴジラが転んで
くれたもんだとは思いましたが完全無欠のモンスター相手なんだから多少の
ご都合主義がないと倒せないよね。

それとハリウッド版とは違いゴジラその物より政治的な動きに焦点が当たっている為
会議のシーンがやたらと長い、でも不思議と退屈ではなく結構引き込まれました。
武器使用や軍隊出動に問答無用なアメリカとは違いそこに二の足を踏んだり案件の承認に
各省庁の承諾を得たり突然総理に担ぎ上げられた平泉成がラーメン伸びてショボーン
とするシーン、対照的に熱い主人公、ちょっとコミカルな社会派ドラマを観てる
感じで私的には結構面白かったです。
子供の頃観てたゴジラも純粋に楽しめましたがいい大人になった今
これはこれで純粋に楽しめました。

因みにシン・ウルトラマンも初代ウルトラマンをオマージュするシーンがあるとの事で
非常に楽しみです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
和徳

3.5どんな危機でも経済を考える日本の姿

mrkc7さん
2022年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

いろいろな側面を持つ映画であると考える。主に危機を迎えた時の日本政府の姿を想像し描いたという事は言うまでもない。またしっかりと怪獣を描いた作品でもある。
昨年6月にグリーンランドという人類存亡の危機におけるアメリカ合衆国を描いた映画を観た。そこでは危機を脱した後に人類を再生するための人選が行われ避難の優先順位が決められていた。日本には出来ないであろう事が描かれていたのだがそれよりも前に危機に際して日本政府がどう機能するのか描かれていたのがこの作品と感じた。

怪獣映画の側面については、1代で次々進化するゴジラが描かれたのだが想定を超える存在どころか完璧な物として完全に振り切った描かれ方であった。更にその怪獣に打ち勝とうとする政府は薬を飲ませて無力化すると言う斬新な策を講じる。派手に打ち倒すよりもリアリティを感じたが、怪獣映画として最善手は違う描き方では?

とは言え、非常に面白い作品であった。エヴァンゲリオン をオマージュするシーンもたくさん散りばめられていたのは私としては非常に楽しめた。シン・ウルトラマンが間も無く公開される。どの辺にスポットを当てるのか楽しみである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mrkc7

4.0三権分立を無視した行政はあり得ない パチンコにシン・ゴジラが登場。なんか、がっかりさせられた。

マサシさん
2022年5月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マサシ

4.5ゴジラを越えたゴジラ

2022年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

東京湾に突如異変が起こり、当初、火山などの天変地異だと思われたが、その正体が巨大不明生物だと判明する。ゴジラと命名された巨大不明生物は驚異的な進化を続け、破壊の限りを尽くしていく。当初、ゴジラを軽視していた日本政府も徐々に対応を強化し、自衛隊出動にまで発展するが、それでもゴジラを撃退できない。そして、ついに多国籍軍による核兵器攻撃が決定される。日本での3回目の核兵器使用を阻止するため、日本政府は英知を結集してゴジラの弱点を解明し、予想外の方法でゴジラを撃退していく。

という粗筋だけで判断すると、従来のゴジラ映画路線を踏襲しているように感じられるが、実際には従来作とは一線を画す作品だった。

ただひたすらに、ゴジラ出現という未曽有の危機に立ち向かう日本政府、自衛隊に焦点を当て、時々刻々変化する状況と彼らの対応をドキュメンタリー仕立てでリアルに観せる。登場人物の家族とか生い立ちとか、大抵の作品で描いているものを一切排除しているので、作品としては、直線的であり、膨らみ、奥行きはないとも言えるが、その分、全編、ピーンと張り詰めた緊迫感が途切れることはなく、スピード感ある展開で、迫力満点の作品に仕上がっている。

また、壊滅的な被害を受けた街、放射能など、3.11東日本大震災が思い出され、怪獣映画というよりは、未曽有の危機に直面したら日本社会はどう対応するのかを描いた作品である。

豪華な俳優陣も話題になっていて、竹野内豊、長谷川博己の演技は光るが、個々の演技の競演というよりは、全員が日本社会を体現しているリアルな群像劇という感が強い。ゴジラは凄い迫力、貫禄であるが、本作の本当の主役はゴジラではなく、その出現により、緊急対応が必要なのに、それでもなお縦社会、法律に拘って右往左往する日本政府を代表とする日本社会だろう。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 22 件)
みかずき

5.0面白すぎて

YIYIさん
2022年4月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

好きな一シーンだけ見ようとして、月曜日の夜からイッキ見

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
YIYI
「シン・ゴジラ」の作品トップへ