シン・ゴジラのレビュー・感想・評価

メニュー

シン・ゴジラ

劇場公開日 2016年7月29日
1452件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本人の精神性を見事に活写

高密度の情報量と、311後の日本社会への目配せも見事だが、個人的な本作の最大の注目点は、日本人の長所と短所が表裏一体である点を的確に捉えたところだ。

前半、一人の人間の避難遅れを発見したためにゴジラへの攻撃を決定できず、ズルズルと被害が拡大してしまう点は、普段から問題だと叫ばれる、大事なところで決められない日本人のメンタリティの弱点だ。だが、危機が拡大するにつれ、残った人間たちは何も言わずとも黙々と己の仕事をこなし続け、気がついたら一丸となっている。日本人は何も変わっていないが、未曾有の危機を前に突然目を覚ましたかのように結束し、高パフォーマンスを発揮し始める。
危機にも自分の仕事に没頭する様はサラリーマン根性のようでもあるが、最終的にゴジラを倒すのは、特別な平気ではなくその愚直な奉仕精神だった。
日本人以外には説明のしづらい魅力だが、ここまで的確に日本人の不思議な精神性を描いた作品は少ない。非常に貴重な傑作となった。

ローチ
ローチさん / 2017年11月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

個人の感想を超える圧倒的な密度の塊。

『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

また現実の世界の綿密な取材などディテールが濃密な一方で、「在来線爆弾」のような面白い跳ねたアイデアがフィクションとしての強度を確保する。

目に見える圧倒的な情報量以上の氷山の本体の存在が感じられる本作は、娯楽映画の水準を押し上げるみごとな仕事ではないだろうか。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 9 件)

観るたびおもしろい

地上波であると必ず見てしまうけど、やっぱり劇場で観て良かったと、その度に実感する映画。迫力を楽しむ映画です。

J.maxi
J.maxiさん / 2018年12月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シンゴジラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 日本の代表的なキャラクターを取り扱いするときにこんなにもゴジラを解かっていない人が監督になることが恐ろしくあります。いろいろ言いたいですが、今までにそのDNAを受け継ぐだけのゴジラ映画が無かったのが、残念でした。要点を言うと怪獣映画は子供の頃に見ないとだめなのです。その人が大人になって作る。それが新しいゴジラです。。キングコングはひきつがれています。子供の時に見た監督が制作しその連鎖が続いてきたのだとわかります。ゴジラの監督は日本人とは限らず60代、70代、80代でないと新しいゴジラは作れません。もう手遅れですね。

sanoppi
sanoppiさん / 2018年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めてゴジラ映画を観ました

、、、。
ごめんなさい、全然面白くなかった。
テレビでやってたので観ましたが、映画館に行かなくてよかった〜って感じ。
映画館に行けばゴジラの迫力はすごいのでしょうが、内容が全然ダメヽ( ̄д ̄;)ノ
難しい言葉やみんな早口だし、堅苦しいおじさんばっかりだしw内容が頭に全然入ってきませんでした〜。
だから最後まで集中して観れない。
テレビで見たので、もう完全にながら観。

こういう映画は自分の好みではないと分かっていたのですが、知人にすごく良かった!と勧められたので観てみるかと思ったのと、昔ホームステイしたときにステイ先のパパがゴジラの大ファンで、日本人の私にゴジラの魅力をすごい熱で語ってくれたので、ちょうどテレビでやるしいい機会だと思い鑑賞。
ゴジラっていい奴だと思っていた自分の無知さに笑えるww
最初の奇妙な怪物に荒らされた街をゴジラが助けに来るのかと思ったらww
あんたがゴジラだったんかいwww

迫力は凄かった!!日本の映画でこのスケールはすごい!なので星1つ。

じゃなけりゃ、内容面は星ゼロでもいいほど(^_^;)

たくさん苦労して作った映画だと思うけれど
好みが分かれる、そんな映画だと思います。。。
私はダメでした。

しままる
しままるさん / 2018年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

庵野作品、ゴジラ作品の集大成であり、現代の最新、最高。 3.11を...

庵野作品、ゴジラ作品の集大成であり、現代の最新、最高。
3.11をモチーフとして現代人の抱える様々なしがらみを抽出し、描いているが、政治的主張は非常に中庸で、厭らしくなく、審議を問うている。
圧倒的テンポで何度見ても飽きさせない、気がつけば物語の主張が現代人に非常に近い距離からアプローチされていくのは正に庵野らしい手つきであるが、それが非常にポジティブであり、攻撃的で無い。優しい。僕は泣いた。
僕たち日本人(特撮もアニメも政治だって、世の中だって)まだまだやっていけるし、やっていきたい…と強く思える大傑作。
庵野の背景を追う上でも、号泣不可避な一作。
もう一度映画を作ってくれてありがとう。大好きな庵野が帰ってきた。

neco16g
neco16gさん / 2018年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

え?どこが政治劇なの?これwwwナウシカ x エヴァ x ゴジラ = 庵野秀明、な作品。

Amazoneで観た。映画館と2回目の鑑賞。
初めて観たとき、かつてのゴジラっぽくないなぁ、と思った。全く新しいゴジラ映画だ。改めて観ると、その理由がわかった気がする。

この映画、政治的、日本政府批判、地震を反映した映画、、、のように見える。

がしかし、そうではない。
てゆーか、政治劇に見える?これ。3.11のドキュメンタリーに見える?笑
そういうイベントが「出てくるだけ」であって、製作者の力点は、全然そこにない笑。悪く言えば、庵野監督、人間を描く気が全くないwww。多分日本の未来にも興味ないと思うぞwww。
「出てくるだけ」で政治劇だ!とか言うなよwww
バーカ。
お前ら小学生並みの読解力しかないの?www
ほんっとに馬鹿だよな。
ムカつくぐらい。

なんだかんだ言って、本作は庵野監督のアニメなんだよね。

ということはやはり一番の見所は、エヴァンゲリオンのような、戦車と戦闘機からの爆撃シーン、ナウシカの巨神兵のような、ゴジラが光線を吐くシーンだ。特に、ゴジラが「それこそ核爆発」のような放射能火炎を吐き、東京を火の海にし、そこに立っているシーンは圧巻。ナウシカで出てきたシーンだよね。庵野監督やりたかったんだろうなぁ。アニメ魂を感じる。
総理大臣一同があっけなくゴジラに殺されるところは爆笑ポイントだ。

一番の射精ポイント(いや・・・見所です。すみませんw)は、中盤の放射能火炎を吐くシーン。一吐きで東京23区が火の海になる(ゴジラは巨大な火炎放射器だったのか!)。あれはすごい。東京を火の海にした後で、ゴジラがその中を立っているシーン。この辺のシーンだけ感動的なまでに力を入れて作られている。

これさ。ナウシカの回想シーンに出てきたじゃん。もうわかるじゃん。「Hayao愛」の映画なんだよ!
この映画は中二病アニメヲタク向け、てゆーか基本的には子供向けであって、大人向け映画じゃないと思うけどなぁ。だからアメリカでこけたんだよ。客層間違えたんでしょ?どうせ。
いい意味でも悪い意味でも庵野監督にしか作れないゴジラ映画だった。

t
tさん / 2018年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

日本ならではのゴジラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ゴジラ作品は好きで、昭和の一部を除いて全て観てます。好きな作品は
ゴジラ(1954)、
ゴジラvsビオランテ、
ゴジラvsデストロイア、
ゴジラ2000、
ゴジラ(2014)、
アニゴジ3部作、

そして人生ではじめて劇場で2回以上観た、本作です。初代に次いで2番目に好きなゴジラ作品となりました。父は「モスラ対ゴジラ」が一番らしく、ときどき議論するのが好きだったりします。けっきょく好きな特撮作品は「サンダ対ガイラ」でいつも決着を迎える他愛もない議論なんですが。

余談はさておき、本作をレビューしますが、難しい小言は他の方がいいレビューをされてるので、ここは無視して、そっちを参考にしてみてください。僕が熱中した部分と、日本人らしく他の方の否定的意見に対して少しだけ小さな異議を唱えようと思います。

まずは演技っぽい演技をする邦画自体が大嫌いで、なおかつ映画館は料金高いから映画館視聴が嫌いな自分を3回も劇場に駆り立て、1万超えの設定資料を買わせた罪深い邦画、本作の個人的な魅力を頭悪そうに書きます。

・演技を廃したスピード感ある描写
冒頭で述べた通り、邦画は演技っぽい演技をまじめにこなしてるのが滑稽で、どんな作品もコメディに見えてきます。余談挟みますが好きな日本の俳優は山田孝之です。何やっても面白いので大好きです。だから邦画と相性良くて好きなんでしょうね。
しかし、本作では異常ともいえるセリフ量で、役者の無駄な演技をそぎ落としました。そこがホントに良かった。棒読みと捉えてる人は普段、ミュージカルな日常を送ってるんでしょう。それか知人が全員カヨコ・アン・パタースンのどっちかです。言い過ぎました。忘れてください。
とにかく邦画らしい演技っぽい演技がほぼないことがリアリティに繋がってます。

・頭良さそうに見える字幕
マジで気に食わなくも斬新な字幕でした。画面埋めたのは笑いました。最高にクールな評価点です。

・不定形なゴジラ
今作のゴジラは進化します。こんなに形を変えてそれぞれの形態で役割を変えて楽しませてくれる作品、過去にあったでしょうか?
第1形態は、未知、という恐怖を与えてくれました。ゴジラと思わせないようなデザインと演出でよく表現してます。
第2形態は、初見の時第1形態から進化してないと思ってたので、第1形態の姿が見えた事で未知という恐怖から解かれた安堵と、その異常な形相からくる意味のわからない恐怖に襲われ鳥肌でした。女友達がかわいいと言ってたのには驚きましたが、それ聞いた後の2度目の視聴の時かわいいと思っちゃいました。蒲田くん。先入観の大切さを知りました。
余談なんで忘れてください。
第3形態は、初めて未知のそいつをゴジラだ、と認識させました。そこからくる高揚感と、これからどんな絶望を感じさせてくれるんだろうという不安が織りなすカオスが心拍数を上げて、僕の脳はそれを恐怖と捉えました。
第4形態。最初の感想は、ゴジラだ、です。ポスターとPVで見たあいつが、官邸内の景色から一転、スクリーンに突然映されました。第2形態も総理の会見会場から突然だったので、その時と似た恐怖を感じました。そのワンカットからとにかくゴジラの情報を得ようと、スクリーン上の鎌倉に上陸せんとするゴジラに目を走らせたことを記憶してます。見れば見るほどおぞましい見た目。見下したうつろな目、ケロイド状に爛れた皮膚、タバ作戦のときの顔のアップでさらに不揃いの歯が認識でき、より恐怖が強まりました。ただ歩くだけのゴジラにまた、未知、という恐怖が加わり、徐々に感情が高まります。
そして自分が本作で2番目に大好きなシーン。内閣総辞職ビーム。だんだん総理含む内閣のキャラが好きになってきたタイミングでのあのシーン。あそこのながれは完璧です。ゴジラが地殻貫通爆弾?を受けて苦しみ、大量の煙を吐き出し、え、なになになに、と不安になりました。煙は徐々に炎となり、収束して熱線となるあの流れ。音響と映像が最高でした。化学反応とはこういうことを言うんだと実感しました。さらに劇伴の悲しげな雰囲気。Who will know…、と歌われる壮大で悲しくも美しい一連のカットは本当に胸に来ました。初見のときは開いた口が閉まらなかったことを覚えてます。

・死の表現
すごい、と思った新しい死の表現が本作にはありました。コピー機とパソコンに張り紙を貼る。ただそれだけで、初見の時はもったいない、と思いましたが2回目の視聴でそれは使用者の死を表してると理解して、やられた、と思いました。使用者しか知らないパスワードが使用者とともに消えれば、もうそれは張り紙貼って処分するしか無いんでしょう。

・ドタバタ人間ドラマ「ヤシオリ作戦」
シリアスパートから一転してコメディパートです。ゴジラ対ニッポンの消耗戦。皮肉の効いた描写が詰まってて、自分が本作で一番好きなシーンです。
ヤシオリ作戦前の矢口の演説、噛み砕けば国のために死んでこい、という内容です。ここだけ日本らしくないと感じました。皮肉です。
そしてゴジラが熱線を枯渇させるという今までにない弱さを見せ、今まで初代から続くゴジラ作品で壊されるだけの対象だった、ビルや電車の猛攻撃が滑稽にも激アツな描写で描かれます。数多の通勤電車と職場がここで殉職。まだ学生なんでサラリーマンの気持ちはわかりませんが、なんかスカッとしました。

そしてクライマックス。
https://dic.nicovideo.jp/t/a/薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん%21

評価の分かれる第5形態以降ですが、個人的にはゴジラ絡みの悲劇で終わらせて欲しくなかったです。あれは凍結後に始まった進化だと思いますし。あそこから悲劇は続くんでしょう。
第5への進化は凍結前に止められて、スクラップアンドビルドでのし上がる日本の明るい未来で終わって欲しかった。だから☆4.5。
でもこの映画の製作陣によくこんな映画を日本で作りきってくれたなということで、賛辞の意を込めて最終評価は☆5です。

最後に小さく、酷評に異議あり。あと余談。
酷評してる方、映画は楽しんで観てほしいです。アラを探して罵詈雑言とともに書き連ねるのはスカッとして楽しいかもしれません。周りは高評価だけど俺つまんねえと思った、マイノリティな自分は素敵。などなど。
そういった価値観やレビューを否定することはできません。レビューとは作品を観た後の率直な感想のことですし。自分も中立的なレビューを心がけてるので。
しかし酷評してる人のレビューに共通するのは数字が書かれていること。寝ている人がどうこう。売り上げがどうこう。字幕の文字数やセリフ数がどうこう。他の客や売れ行きの観察って楽しいですか?レビューって周りの人や結果の数字がどうだったって伝えるものじゃ無いと思います。大好きなアーティストの詩を借りれば、
「無意識にまたネイビーブルーを手に取り無難を求めちまうぜ、世間の目ばかり気にしちまうぜ」です。
作品じゃなくその作品にくっついてくるもので評価をしているみたいで、はっきり言って悪意を感じました。
でも、悪意を笑い話にしてみましょうよ。友達と笑い話ができれば、それは間違いなくいい映画だと自分は思います。できない映画はダメな映画と評価すればいい。
本作における長ったらしい字幕だって、読み終えてなんか意味ありました?憲法の内容なんて既知の内容でしょう?あれは個人的にはジョークだと思いました。笑ってください。あれこそ政府から国民を守る日本国憲法です。長ったらしい役職の字幕も、こんな役職あんのかよと草生やしてください。
ヤシオリ作戦にリアリティが無い、という人。ヤシオリ作戦絡みのコメディパート全体が現代日本が再現できそうで実現できない"虚構"である、と理解してください。
知識でガッチガチの作品と、嘘で紐解いた作品、どっちがとっつきやすいですか?どっちが楽しいでしょうか?僕は後者の方が楽しいです。今作における嘘は「ヤシオリ作戦」です。ゴジラだろ、と言いたいかもしれませんが、"ゴジラ=災害"を"倒す=避ける"ために展開する、最適な"ヤシオリ作戦=災害対策法案"こそ本作の嘘です。

価値観の押し付けはしませんが、その映画が何を事実と語って、どんな嘘で柔らかくしたかを理解して観てほしいなと個人的に思います。映画を楽しみましょう。

以下余談です。
同時期に上映してた「君の名は。」と本作は災害映画という共通点があり、前者は災害自体を無かったことにして希望のある未来を得た。後者は災害を受け止め危機と隣り合わせでも希望のある未来を得た。僕はこの点で本作の方が優れてると判断し、「君の名は。」ではなくこちらに熱中しました。
あのゴジラに熱中して実家の父と過去作見返した数ヶ月が幸せでした。映画を語れる知人の存在って大事ですよね。家族や友人、映画を観るたびに大切にしたいと痛感します。ゴジラ作品のような長期シリーズには、年齢の垣根を超えた関係を築いてくれるという魅力がありますしね。本作は劇場BDアマゾンプライム合わせて1人で3回、知人と何回か、覚えてないです、それくらい観ました。ホントにいい映画です。

長文で拙い文章、すみません。やるせなくて感情論を混ぜてしまいました。

お酒
お酒さん / 2018年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD、VOD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

庵野ワールド

庵野監督(エヴァンゲリオン要素)と『ゴジラ』という名作を巧みに融合させた映画。
非現実でありながら、それを感じさせないリアリティがあり、非常に面白かった。

spica
spicaさん / 2018年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ニッポン対ゴジラのキャッチコピーに偽りなし!

少数のスタープレイヤーが活躍するものではない。
名もなきひとたちが、自分の役目に徹して困難に立ち向かう姿は非常に日本的だと感じる。

ここの感想を眺めていると、好き嫌い別れてるね。嫌いな人の内容としては
「俺の知ってるゴジラじゃない!でも世間的に受けてるなんて、そんな現実は認められない!これはダメな映画なんだということをレビューで証明してやる!」
的な感じだね。

かつて、同じような流れになった映画がある。「タイタニック」がそれである。
昔のAmazonレビューの中には「タイタニックを、世紀の大駄作と認定する」という一文が堂々と掲載してるユーザーもいた。今も残ってるかな?。

しんかいぎょ
しんかいぎょさん / 2018年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっぱりゴジラVS怪獣が見たい…

電車に爆弾を搭載してゴジラにツッコませる攻撃は面白いなーと思った。

でも、ゴジラには怪獣と戦ってほしかった。

宮西瀬名
宮西瀬名さん / 2018年9月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラは関係ないな

長谷川博己とかの名演技はあるが、ゴジラの演出はダメだな。あれだけのものが動いていて、なんで風ひとつ起きないの。その他の風景もお粗末だよ。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

涙が止まらない

日本人とは何か、それを見つめ直した映画
特撮映画を超えた傑作
東京が火の海となるシーン
演説のシーンは心を揺さぶられる
シンゴジラこそ凍結された日本人の姿かも知れない

あき240
あき240さん / 2018年9月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

設定が甘すぎて萎える。

アメリカとかの設定が特にひどい。
日系アメリカ人の発音、ネイティブの英語じゃない。
ハリウッド映画で変な日本人が出てきた気分になった。

ako
akoさん / 2018年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初はよかった

途中から強烈な中だるみ。石原さとみの無駄な英語。でも本人が可愛いから許す。
あのあと復興までを描いて欲しかったなあ。

Yuji TANI
Yuji TANIさん / 2018年9月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

はっきり言って、ゴジラじゃない! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これは、ゴジラを語る歩く大量破壊兵器、核兵器の話です。
昔のゴジラは、言ってしまえば歩く原子炉だったけど、シンゴジラは歩く核兵器です。
行動する度に放射能撒き散らすとか、火炎吐くのに頭割れるとか生物じゃないじゃん!
昔のゴジラは親しみやすい姿で強いのに攻撃手段が火炎以外肉弾戦でどこか地味だけどコミカルで、憎めない感じが魅力だったのに、これじゃ怖いばっかりで、子供からも人気でないよ。
また、無駄に政府の描写細かすぎ、外交官役変!あれは盛りすぎやり過ぎあんな外交官居ないから!
SFと現代が上手く調和してたのが子供心をくすぐってたのに、ただの現代兵器博覧会?みたいな感じが面白くなかった。あれをやるなら、もっとやりようあったように思う。例えば、上陸前に叩くとか、イージス艦からのミサイル攻撃とか、派手にしてたらまだ、面白かった。
変にリアルさ追求しすぎて単調で起伏に乏しく終始残念感が漂う内容だった。

やっさん
やっさんさん / 2018年9月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

好きです、ほんと

正直エヴァ知りません。
セリフも早口で難しい事ばかり言っててほとんどわかりません。
でもなんか雰囲気で理解できちゃう不思議。
感覚でみましょう!笑
とりあえず展開が面白くて、予想外の連続でずっとドキドキ!
ゴジラがリアルに現れたらこうなのかなって思わされたり、いやそんなこと無理でしょうwって思わされたり。
リアルとファンタジーのバランスが最高でした!

アポロン
アポロンさん / 2018年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

まあまあ

ゴジラが強い!

昔のゴジラを見てた人向けの映画

今の子供らはこういったのみるのかな?

大人向けの映画な気がした。

石原さとみの役柄が結構好きでした。

ワッキッキ
ワッキッキさん / 2018年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラ難しい。。

ゴジラ世代じゃない私には戦うところとか響かなかった。。
私の中で一番のピークは2足歩行のゴジラに進化した時で終わってた( ̄∀ ̄;)

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2018年8月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

リアルな描写

省庁の縦割り感がリアル。ゴジラの成り立ち、代理総理の対応等考えさせられる事も多い

とうまこ
とうまこさん / 2018年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1452件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi