劇場公開日 2016年7月29日

  • 予告編を見る

シン・ゴジラのレビュー・感想・評価

3.81484
39%
41%
12%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1484件中、1~20件目を表示

5.0日本人の精神性を見事に活写

ローチさん
2017年11月27日
PCから投稿

知的

高密度の情報量と、311後の日本社会への目配せも見事だが、個人的な本作の最大の注目点は、日本人の長所と短所が表裏一体である点を的確に捉えたところだ。

前半、一人の人間の避難遅れを発見したためにゴジラへの攻撃を決定できず、ズルズルと被害が拡大してしまう点は、普段から問題だと叫ばれる、大事なところで決められない日本人のメンタリティの弱点だ。だが、危機が拡大するにつれ、残った人間たちは何も言わずとも黙々と己の仕事をこなし続け、気がついたら一丸となっている。日本人は何も変わっていないが、未曾有の危機を前に突然目を覚ましたかのように結束し、高パフォーマンスを発揮し始める。
危機にも自分の仕事に没頭する様はサラリーマン根性のようでもあるが、最終的にゴジラを倒すのは、特別な平気ではなくその愚直な奉仕精神だった。
日本人以外には説明のしづらい魅力だが、ここまで的確に日本人の不思議な精神性を描いた作品は少ない。非常に貴重な傑作となった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
ローチ

4.5個人の感想を超える圧倒的な密度の塊。

2016年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

また現実の世界の綿密な取材などディテールが濃密な一方で、「在来線爆弾」のような面白い跳ねたアイデアがフィクションとしての強度を確保する。

目に見える圧倒的な情報量以上の氷山の本体の存在が感じられる本作は、娯楽映画の水準を押し上げるみごとな仕事ではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
バッハ。

0.5人選ミスと技術の衰退

movie46さん
2020年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

人選さえしっかりしていれば、もっとすごい映画が作れたのかと思います。映像は作れるけど映画は作れない制作陣の組み合わせ。適材適所の重要性を感じたのを覚えています。

個人的に唯一好きだったのは、最初の迎撃シーンです。手に汗握る空気感がとてもよかったと思います。

内容以前に、基本を疎かにした致命的な欠点がこの映画にはたくさんありました。

中でも、野村萬斎さんの起用は完全に俳優の無駄遣いです。日本の伝統芸能とお家芸の融合という表面的な言葉の羅列は、伝統芸能の動きをゴジラに取り入れる必然性が本当にあるのかという根拠や、それを最大限に生かすための新しい試みや工夫も、何も伝わらないのが非常に残念でした。浅はかな思い付きを売り文句に、中身の伴わない自己満足と子供騙しに力を入れてしまう制作スタイルはとても衝撃的です。

石原さとみさん演じるキャラクターが謎。
昔の怪獣映画にも外国人がよく出てきたのでそのオマージュでしょうか。ある意味では、より虚構感の強いキャラクターを登場させることで、ゴジラの存在に相対的なリアリティを持たせているのかもしれません。

遠くを歩くゴジラのモーション。映像の主役である怪獣が、のそーっと、動いているのか止まっているのかわからない残念な映像しか作ることができないのなら、特技監督は思い切って無名の新人が担当してもよかったのではないかと思います。

また、わざわざCGで着ぐるみらしさを再現した事が少し滑稽でした。昔の特撮映画に敬意を払いすぎて、ここまで本質を見失っていると、もはや先人へのご機嫌とりにしか見えません。

予算との兼ね合いの中、常に新しい表現を求め技術の進歩をかけ工夫して生み出された日本の怪獣映画。それに対し、この映画は演出も音楽も古いまま。オマージュや自己満足の塊です。

繰り返し見ないと理解できない部分が多いのに、見る度に映像や脚本の粗が強調されるのは致命的です。最初に、映像は作れる制作陣と言いましたが、レビューを書き進めるうちに、映像すら満足に作れていない事に気が付きました。

大半が作品に対する否定的な内容で不快な思いをした方にお詫びを申し上げます。質が低すぎて作品そのもののレビューに至らない、とても残念な映画でした。

もはやゴジラでも怪獣でも、果ては映画である必要すら感じません。

ゴジラはネットを駆使して映画を売るための名義貸しに成り果てたのかもしれませんが、東宝はもう少し自社の功労者を大切にしましょう。

ちらかった部屋を指摘したら、床に散乱した物はわざと置いているんだとか、この置き方が芸術なんだとか、物に囲まれていたほうが安心するんだと言い訳するのに近い雰囲気をこの映画は持っています。部屋に人を招く時は整理整頓をしっかりしましょう、ホコリまみれで料理を出されても苦痛なだけです。

制作陣の頑張りは伝わってきましたので、先述の戦闘シーンの感想を考慮して評価は0.5です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie46

5.0めちゃかっこええ

夢子さん
2020年1月3日
Androidアプリから投稿

普通に痛快

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
夢子

5.0最高

2019年12月1日
iPhoneアプリから投稿

友達に無理やり連れてかれたけど非常に面白かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
second order

3.0怪獣映画に能書きをつけてみたら

asicaさん
2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿

この映画が劇場公開された当時、ものすごい評判だったが
映画館に行く暇もなく
その後、レンタルDVD で見て その後 配信の有料コンテンツで見た。

言いたい事も やりたい事も たぶんわかったと思う。

ハリウッド物と違って、ほとんど個人に焦点を合わせる事なくただただ、国家機能VSゴジラ。

民衆は ひたすら逃げ惑う つぶつぶであり
その誰かに焦点を合わせたりという エコ贔屓 は、ない。

だから エンターテイメント性に欠けるし
警察や国家(内閣)の奮闘ぶりは 地味というか
 つまり
面白みに、欠ける。

役人 警察トップの描写に終始

興味深いと思う人もいれば
つまらーん と思う人もいるだろうなあというのは想像できる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
asica

失望

2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

類希なる陳腐な映画であると評価する。戦争や災害とは違う未経験の有事の時の政府の対応をたらたらと描写してるが、(もし、本当にゴジラが出現した時の政府の対応はこんなものだろう)今どきの頭でっかちで知識ひけらかし、専門用語連発、能書きたらたらのオタク的セリフの羅列。
1956年初代ゴジラの秀逸さからすると数段劣る。見るに耐えないほど劣る。
まるで怪獣博士のガキが図鑑片手にたらたら説明しているようで全編見る事すら耐えがたい。
わずか7人しか登場しない映画エイリアン、その姿を映画を通してほとんど見せない未知の恐怖感、立ち向かう人間の心理、などなど
シンゴジラは全てに劣る映画。
語るのも恥ずかしくなるほどの映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
LINEスタンプ_たれぽっち

4.0シン・ウルトラマン

2019年10月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

感想は、賛否含め全1483件のレビューの方々が、殆ど語って下さっており、その賛否含め殆ど、同意しますスミマセン(楽)🙇

庵野さん、続編捨てたか?…次は全く違う世界観で、ウルトラマンですって?…大昔、大学の映研にいた時、シネック学生自主映画上映会で、庵野さんの「帰ってきたウルトラマン」観て爆笑したなぁ~あの時、岡田さんもいたはず。まさにドラマ「アオイホノオ」の世界…知らぬ間に横を通ってました…懐かし過ぎて涙も出ません(忘)😅

どうせなら、「ウルトラマンVSゴジラ」とか、庵野版「ゴジラ対キングコング」とか、樋口&庵野の力で「ゴジラ対ガメラ」…ぐらいやらないと本作は越えられないんじゃない?…って勝手にほざいて、これまたスミマセン🙇

2016年8月28日/109シネマズHAT神戸にて鑑賞。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
地蔵菩薩

4.5実在したらどうする?過去シリーズにない新しい角度のゴジラ映画

2019年9月30日
スマートフォンから投稿

怖い

興奮

~ポケモントレーナーみゆきは、95点の経験値をもらった!~

2016年に公開されたゴジラ映画。

子供の頃に観たことのあるゴジラとは全くの別物でした。
まさに、シン・ゴジラというタイトルに相応しいです。

突如として謎の巨大生物が日本に現れたら一体どうするでしょうか。
次々と進撃してくる生物に対し、日本政府側が対抗策を練りますが中々防衛に出られない状況が事態をどんどん悪化させます。

その生物をゴジラと呼び、そのエネルギー源はどこなのか、どう倒せばいいのか謎を究明していきます。

今までのゴジラ映画はほとんどが対抗する生物が現れて沈静化するのですが、どういう結末になるのかは、ぜひ実際にご覧ください。

地球に未知の部分がある以上、何が起きても不思議ではありません。
そんなリアルな部分を描いてくれている映画です。

★大好きなポケモンに例えると★
バンギラス
 暴れ出したら誰がどう止めればいいのか?大迫力と緊張感のある映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ポケモントレーナーみゆき

4.5日本にゴジラが出現したらどうなるかがリアルだ

2019年9月29日
スマートフォンから投稿

2016年邦画で「君の名は。」に並び日本アカデミー賞のタイトルを総なめにした作品。

ゴジラのインパクトで海外でも話題になった。

内容としてはゴジラの特撮シーンとビジネスチックな会議シーンが描かれており、
リアルにゴジラが出現したらこうなるのかとつい感じさせられた作品。

個人的には最後のゴジラの尻尾が映るシーンは中々考えさせられたなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
神崎信也

5.0リアルと仮想の融合

2019年9月21日
Androidアプリから投稿

有事の時に政府が対応できないの様子が、リアルに描かれていて、面白い。シン・ゴジラが倒されるのが色々な思いが募って悲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マシェリ

4.0日本人の力

2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿

科学でゴジラと戦います。
すごいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ryotas1222

3.5ガッズィーラ

ぱてぃさん
2019年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

 今頃になって鑑賞。
 思ったよりも面白かったです。
 今度からゴジラのことをガッズィーラと呼んでしまいそうです。(時代遅れかな)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぱてぃ

3.0「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5偉そうなことはいえんけど、まずまずもう一回観たい

2019年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリー:4.0
演出:3.5
映像:3.5
音楽:4.5
キャスト:3.5
個人的好き度:3.5

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
akir crazy!

4.5大人なゴジラ

2019年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

萌える

庵野秀明監督という事で見たわけではないですが、期待値以上に面白かった。

無敵のゴジラをどーするか、これがメインではあるけれど、人間側のストーリーには色んなメッセージが込められていて、深刻な事態なのに風刺を挟み込む脚本の出来の良さに感動しました。序盤の内閣の指示云々、中盤2度目のゴジラ上陸での出来事、終盤国際社会を巻き込んだ政府の対応、そして終始根底にある、ゴジラのエネルギーの源や、ゴジラの破壊行動だけではない弊害など。ラストカットも意味深。

関東圏の方には、見知った街がドンドン破壊されていくので共感を得やすいと思います。関東圏外の人間にしたら、立川から都心の距離感とかさっぱりですからね。ゴジラの破壊行進や俯瞰でのゴジラは圧倒的で手に汗握る。

実写で演ってるのにアニメみたいなカット割りも、庵野秀明イズムなのか、エヴァイズムなのか。台詞と画面上の情報量の多さもアニメ的。すべて良い意味です。

しかし演者はビミョーかな。
皆台詞の多さ故の棒読み感はある。主演長谷川はこーゆーシリアス役より、「地獄で何故悪い」のちょっとコミカルな方が合ってる気がする。石原は某英会話教室の広告塔よろしく過剰な英語台詞だし。
その他豪華キャストがちょこっとずつ出て来て、「あ、諏訪太朗だ」「ここでモロ師岡か」とかマイナーキャスト(若干失礼)に気持ち奪われてると話追いかけるの忘れちゃうし。
流石だなと思ったのは、安定の余貴美子。

さっきは褒めとして書きましたが、
画面上の情報量に加え、台詞も情報過多で、何を言っているのかさっぱり分からん所が多く、字幕で見たいと思ったのは私だけかな。

とまあ色々書き連ねたのを見て分かる通り、今回のゴジラはズバリ、
「大人の為の怪獣映画」であり、未成年なんか分かりっこない。
作り手はそれで良いと思っていて、観る側は覚悟が必要。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クリストフ

3.0パニック映画でなく政治と人間によるドラマ

2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿

パニック映画と期待して観たけどまったく違った。
アクション映画でもなかった。
ゴジラに対し政府はどう動くのか?
ゴジラにどう対抗するのか?
というのをメインにした人間ドラマだった。

街の完成度は高く知ってる場所がゴジラに壊された。
こういうリアルを求めた映像は面白い。
なんだって知ってる場所がゴジラに壊されるのだから。

人間ドラマも結構濃くよかった。

でもゴジラとしての完成度は低いかなぁ

何がどうあれ娯楽映画として観てはいけない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
白鳥の歌

5.0フィクションだけど、日本人の底力を見た!

かつさん
2019年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
かつ

3.5※ロクでもない感想です※

2019年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Twitterから映画感想を移行中のでんでん

3.5面白いけど疲れる

2019年6月7日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

怖い

『シンゴジラ』

予想していた、ゴジラは可愛いとか、頭を空っぽにして観られるということは無く、ゴジラはかなり怖いし、結構集中して観ないといけない

ただ、ゴジラが街を破壊する様子は面白いし、一般人が団結してゴジラに挑む姿はカッコ良かった

面白いです

オススメ💪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイロ@映画ブログ🍿
「シン・ゴジラ」の作品トップへ