犬童一心

犬童一心
ふりがな
いぬどういっしん
出身
日本/東京
Twitter

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

高校時代から自主映画を制作し、「気分を変えて?」(79)がぴあフィルムフェスティバルのPFFアワードに入選。大島弓子原作「赤すいか黄すいか」(82)は劇場で公開された。朝日プロモーション(現・ADKアーツ)勤務を経て、長編1作目「二人が喋ってる。」(94)で日本映画監督協会新人賞を受賞し、その後「大阪物語」「ドリームメーカー」(ともに99)、「黄泉がえり」(02)の脚本を担当する。「ジョゼと虎と魚たち」(03)、「メゾン・ド・ヒミコ」(05)などで広く知られるようになり、あだち充の人気漫画を映画化した「タッチ」(05)のメガホンをとった。その後の作品に「眉山」(07)、「ゼロの焦点」(09)など。大島の漫画では、「金髪の草原」(99)、「グーグーだって猫である」(08)も映画化した。「のぼうの城」(12)では樋口真嗣監督と共同でメガホンをとり、日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した。

関連作品(映画)

犬童一心の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

犬童一心の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

犬童一心の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

犬童一心の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

犬童一心の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「犬童一心」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「犬童一心」さん以外にこんな人をCheck-inしています。