庵野秀明

庵野秀明
ふりがな
あんのひであき
誕生日
1960年5月22日
出身
日本/山口

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

子どもの頃から絵を描くことが好きで、高校時代に映画の自主制作を始める。大学生時代の80年代には、アニメ制作会社ガイナックスの母体となる自主制作集団「DAICON FILM」を結成し、日本SF大会大阪コンベンションでオープニングアニメーションや作品の制作に携わる。これがきっかけで、TVアニメ「超時空要塞マクロス」(82~83)に参加。その後上京し、「風の谷のナウシカ」(84)や「火垂るの墓」(88)といったスタジオジブリ作品や、ガイナックス制作の「オネアミスの翼 王立宇宙軍」(87)に携わる。OVA「トップをねらえ!」で監督デビューし、TVアニメ「ふしぎの海のナディア」(90~91)を経て手がけた「新世紀エヴァンゲリオン」(95~96)は、社会現象を巻き起こした。2006年に製作会社カラーを立ち上げ、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズに着手。「序」(07)、「破」(09)、「Q」(12)といずれも大ヒットを記録し、20年には完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が公開される。「ラブ&ポップ」(98)、「Cutie Honey キューティーハニー」(04)など実写映画の監督も手がけ、12年ぶりに国内で製作されたゴジラ映画「シン・ゴジラ」(16)で総監督を務め、同作も興行収入82.5億円の大ヒットを記録したほか、第40回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞する。映像作品に出演することもあり、13年には宮崎駿監督作「風立ちぬ」の主人公・堀越二郎役で声優デビュー、岩井俊二監督作「ラストレター」(20)では松たか子演じる主人公の夫役としてメインキャストを務めた。私生活では02年、漫画家の安野モヨコと結婚した。

関連作品(映画)

庵野秀明の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

庵野秀明の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

庵野秀明の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

庵野秀明の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

庵野秀明の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「庵野秀明」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る