男はつらいよ お帰り 寅さん

劇場公開日

  • 予告編を見る
男はつらいよ お帰り 寅さん

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。1969年に第1作が劇場公開されてから50周年を迎え、97年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりに製作された。倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らに加え、シリーズの看板俳優であり、96年に亡くなった渥美清も出演。さらに、歴代マドンナからは後藤久美子、浅丘ルリ子と「男はつらいよ」でおなじみのキャストが顔をそろえる。柴又の帝釈天の参道にかつてあった団子屋「くるまや」は、現在はカフェに生まれ変わっていた。その裏手にある住居では車寅次郎の甥である満男の妻の7回忌の法事で集まった人たちが昔話に花を咲かせていた。サラリーマンから小説家に転進した満男の最新作のサイン会の行列の中に、満男の初恋の人で結婚の約束までしたイズミの姿があった。イズミに再会した満男は「会わせたい人がいる」とイズミを小さなジャズ喫茶に連れて行く。その店はかつて寅次郎の恋人だったリリーが経営する喫茶店だった。

2019年製作/116分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019 松竹株式会社

映画レビュー

5.0ビギナーでも大丈夫!50周年のプレゼントは心の中の寅さんでした。

shironさん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

「もう一度寅さんに会える!」本当に楽しみにしていましたが、寅さんの不在を突きつけられるOPにショック。(゚д゚lll)
寅さんにまた会える映画ではなく、とらやの人達の心の中にも、私の心の中にも既に寅さんがいた事に気づかせてくれる映画でした。
50周年のプレゼントに、永遠の寅さんを貰えたようで、山田洋次監督には感謝しかありません。(T ^ T)

『男はつらいよ』の新作が作られると聞いた時には、てっきり現代の映像技術で渥美清さんを蘇らせたストーリーなのかと興奮しましたが
少しずつ全貌がわかってくると、どうやら小説家になった満男が過去を思い出すストーリーのようで…
「これまでのダイジェスト版? 49作目みたいに満男のナレーションが入った特別編?」
金曜寅さんや土曜寅さんが終わって、寅さんロスが長くなっていた事もあり、とにかくどんな形にせよ、寅さんに会えるのを心待ちにしていました。
結果的には、どちらにも属さない「新作」で
現代の満男のストーリーが進むなかで、事あるごとに寅さんを思い出して、当時のシーンが挿入される作りでした。

…たとえばメロン。
もう、寅さんファンの皆さんならメロンが出てきただけでお分かりでしょうがww
網目メロンを手にしたときに「そう言えば、メロンでこんな事があったわねぇ。」と、あの名シーンが流れる…たまりません!!!(≧∀≦)
でも、それはメロンだけではなく、二階にあがる階段にも、帝釈天の境内にも、柴又駅にも家族の思い出が溢れていて
満男にとっては「おじさんならこんな時、どう言っただろう…」と心の指針にもなっている。
ただ過去の名シーンをパラパラと入れ込んだだけの映画ではなく、過去のシーンを入れることで、寅さんが今でもみんなの心の中に息づいている事を感じさせる映画でした。

寅さんは見る度に発見があるシリーズです。
子供の頃は面白い寅さんが大好きでしたが、大人になってからは男としての寅さんの魅力にハマり、
家族を持つようになってからは、さくらの優しさが泌みるようになりました。
長れるような名調子に酔って、つい言い過ぎる寅さん。憎めない愛くるしい笑顔。
今回の映画では、過去の懐かしいシーンで寅さんの魅力を再確認すると共に、寅さんが寅さんらしくいられた…心配しながらも寅さんの生き方を受け入れて、帰れる場所になっていた、とらやファミリーの暖かさと懐の深さを感じました。

そして、リリーに会えたのが嬉しかった〜〜(ToT)
歌うようなセリフ回しは、寅さんの名調子を聞いているようで、胸が熱くなりました。
イズミちゃんママも良かった。
歴代マドンナの名ショットは、当時の輝きに満ちていて、涙が止まりませんでした。
そのまま戦後の女優名鑑になる価値がある。

50周年で50作目となる『お帰り寅さん』は、寅さんファンとしても、映画ファンとしても満足のいく作品でした。

ちなみに、一緒に行った友達は親がテレビで観ている横でチラ見したぐらいの寅さんビギナーで、満男の父親が寅さんだと思っていたレベルだったのですが、
序盤でさくらと博のエピソードがあったので、すごくわかりやすかったそうです。
なるほど!それで選ばれたエピソードだったのか(^◇^;)
そして何より嬉しかったのは、寅さんのカッコ良さもわかってくれたところ!!
「あの優しさには、寄り添いたくなる。」と言ってくれて感激でした。
自然に人の心を開いて、人の心を癒して許してくれる。そんな寅さんの魅力が伝わったんだなぁ(*´꒳`*)

追記:満男のストーリーとしては、ナレーションが暗すぎて、こじらせたまま大人になってしまった満男が正直しんどい(^-^;
必要以上に介入してしまうところは寅さん譲りだけど、ウエット感がどうにも…。
自分の心は、そうそう思うようにコントロールできるものではないけど、あまりにも不器用な満男の生き方に心配が残る(←もはや身内感覚なので余計に)
あと、満男の娘が今どきの女の子とは思えないww
どこで純粋培養したらこんな言葉遣いになるのか?
我儘を言う事もなく、しっかり者で優しさと気遣いもパーフェクト!
さくらの遺伝子強すぎ。
頼りない男親を気遣って、イイ娘にならざるを得なかった?そう思うと不憫でならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shiron

4.0寅さん復活 最新技術を駆使して蘇った寅さん 監督、脚本の山田洋次氏...

2019年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

寅さん復活
最新技術を駆使して蘇った寅さん
監督、脚本の山田洋次氏の寅さんに賭ける情熱が伝わってくる映画。上手くエピソードをつなげていて、寅さんがしっかりと主役を演じあげている
久々スクリーンに戻ってきた後藤久美子の演技は、学芸会を観ているようで残念だったけれど、スクリーンに映し出された、今も現役で活躍されているマドンナ達の若かりし頃を観れただけでも、この映画を観る価値があったと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アップル

5.0こんな寅さん見たくなかった90% やっぱり見に来てよかった200%

manegerさん
2019年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
maneger

3.0試写会にて。年齢層高め。

2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

渥美清に捧げる作品かな。
懐かしい方々にも会えますね。

年齢層高めのご夫婦や、親子連れなどで8割ぐらいの観客でした。
笑い声も起こり、マナーは良かったです。
ただ、エンドロールの時に一人の方のスマホが光っていました。(残念)

渥美清の声、哀愁が感じられて、私には心地良かったです。
最後のエンドロール、グッと来ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
晴れ晴れ
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品