男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
30%
57%
9%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

1997年製作/106分/日本
配給:松竹

ストーリー

セールスマンとして日本各地を飛び回っている満男は、最近、同じ旅の空の下にいる伯父の寅次郎のことをよく思い出していた。満男は特に印象深かったリリーの夢を見る。かつて寅が想いを寄せたキャバレー歌手のリリーが沖縄で倒れた。それを手紙で知った寅は、大嫌いな飛行機に乗って、リリーのいる沖縄の病院へと急ぐ。寅の献身的な看病でリリーの体はみるみる回復し、彼女が退院した後、寅はリリーの療養のために間借りをして同棲生活を始めた。だが、カタギの生活に慣れないふたりは、お互いを好きでいながら、些細なことが原因で喧嘩別れをしてしまう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0内容はハイビスカスの花でも、本当は紅の花のエピローグです 紅の花でシリーズが終了して良かったのです それを監督と私達はもう一度確認して納得するための映画なのです

あき240さん
2020年5月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

実質的最終回の寅次郎紅の花から2年後の1997年公開です

劇中でも2年経過しているようです
満男は前作の終盤では泉ちゃんと結婚秒読みみたいなラブラブだったのに、すっかり元気なく気力を無くして投げやりです

ラストシーンで分かるのは、どうやら未だに両親と実家暮らしのようです
今でいう子供部屋おじさんですね
くるまやは三平と加代の店番で変わりないようです

寅さんも満男の独白でいまだにどこかをフーテンしているようだと分かります
リリーさんとはどうなっていることやら

男はつらいよシリーズ恒例の冒頭の夢が本作では復活しています
それは国府津から東京駅までの約1時間電車に揺られてみた夢です

それは寅さんとリリーさんの物語です

満男は寅さんの現代版です
会社勤めは、紅の花事件も専務さんの温情で会社も首にならず続いているようです
でもカバンを下げて日本各地に出張して営業するのは、台詞のように寅さんのテキ屋稼業と何の違いがあるのでしょう

結局、紅の花での満男の物語は、ハイビスカスの花での寅さんと同じです
女性の愛を受け止めれない勇気のない男の恋愛の顛末です

だから結局、ハイビスカスの花の寅さんと同じく、満男もまた泉ちゃんの愛を受け止めれられず、紅の花のラストのラブラブ状態から逃げ出してしまったようです
きっと自分から壊してしまったに違いありません

寅さんがまた現れたら、きっと紅の花の時みたいに力付けてくれのになあ
もしかしたら泉ちゃんとよりを戻すのを手伝ってくれたり、知恵をだしてくれるのになあ
いつまた寅さん帰って来るんだろう?
今度の旅はちょっとばかり長いなあ

劇中では寅さんは死んではいないのです
ひっこり柴又に帰ってくるはずなのです

私達の心の中にも寅さんは今も生きています
死んでなんかいないんです

どこかの居酒屋で隣合わせるかも知れません

忘れな草、相合い傘、相合い傘ハイビスカスの花、紅の花が寅さん本線です
紅の花でシリーズが終了して結局良かったのです
それを監督と私達はもう一度確認して納得するための映画なのです

主題歌が八代亜紀にバトンタッチされました
何故彼女なのでしょうか?
主人公なら吉岡秀隆が歌うべきです
八代亜紀はマドンナでもありません
でも目を閉じて聴いていると、自分にはリリーが歌っているかのように聞こえてくるんです
声質が似ています
彼女の独得の歌唱も控え目にしています
だからリリーさんのつもりで聴いて下さいという監督のメッセージだったのだと思います
本作にはリリーさんは回想シーンだけで再登場はしません
彼女を歌で思いだす方がよい
それも大歌手の名歌唱で
相合い傘での寅のアリアを思い出して、リリーさんのリサイタルでの歌唱と受け止めて
そういうことなのだと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0寅さんはきっと、今日もどこかの旅の空に…。

2020年1月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しゅうへい

4.0よかった

2019年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
古泉智浩

3.5Vol.49 新撮は冒頭、ラストのほんの僅か。後はほぼ「ハイビスカ...

2019年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

Vol.49
新撮は冒頭、ラストのほんの僅か。後はほぼ「ハイビスカスの花」
シリーズ屈指の名作ゆえとても面白い。が、やはり既視感は否めない。寅さんへの鎮魂歌として。

・八代亜紀の主題歌、ジーンときます
・鰻を貪り食う寅、大爆笑。この頃の寅さん、一挙手一投足に勢いがあります。
・ニセ満男(失礼)に強烈な違和感。
・エンディングの2人の店員さんになぜかほっこり。シリーズ終盤に馴染んでたゆえか(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品