男はつらいよ 寅次郎紅の花

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
30%
45%
22%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

松竹のお正月の顔“寅さん”の活躍を描くシリーズ第48作は、奄美大島を舞台にした物語。監督は「男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様」の山田洋次。脚本は山田と朝間義隆の共同。撮影は「時の輝き」の長沼六男で、先頃永眠した高羽哲夫の名も撮影監督としてクレジットされている。マドンナは、本シリーズには「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」以来15年ぶりに登場の浅丘ルリ子で、今回で4回目となる当たり役・リリーを演じている。出演は倍賞千恵子、吉岡秀隆らおなじみのメンバーのほかに、「キャンプで逢いましょう」の後藤久美子が泉役で3年ぶり5度目の登場を果たした。翌年49作目の撮影を前に渥美清が死去したことにより、今作がシリーズ最終作となった。

1995年製作/110分/日本
配給:松竹

ストーリー

柴又のくるまやの面々が、相変わらず連絡も無しで旅の空の寅のことを、今回ばかりは本気で心配していた。それもそのはずで、寅からの最後の連絡は大震災前の神戸からだったのだ。ところが、偶然見ていた『大震災その後-ボランティア元年』というテレビ番組に、寅が村山首相と写っていたからビックリ。さらに神戸で寅に世話になったという被災者まで現れて、一同はとりあえず寅の無事に胸を撫で下ろすのであった。ところが、寅の甥の満男に大事件が起こる。以前から想いを寄せていた泉が突然上京したかと思うと、医者の卵との縁談の相談を持ち掛けてきたのだ。動転した満男は、泉の縁談を祝福するような心にもないことを言ってしまう。泉が名古屋へ戻り、いよいよ岡山へ嫁ぐ日。花婿の兄と新郎新婦を乗せた乗用車の前に、満男の運転する車が立ちはだかり、式をメチャクチャにしてしまうのであった。土地の青年たちに殴られ、警察につきだされた満男は、後悔の念にさいなまれながら、ふらふらと奄美大島へ。そこで一人の美しい女性と出会ったカラッケツの満男は、その女性の世話になるのだが、なんと彼女の家には寅が居候をきめこんでいた。その女性がリリーであることを知った満男は、懐かしい話に花を咲かせるのであった。だが、満男のとった行動について話すうち、寅とリリーは意見が対立、次第に二人の仲はギクシャクしてしまう。そんなところへ、満男を追って泉がリリーの家へやって来た。泉に再会を果たした満男は、そこで泉に対する気持ちを告白する。それからしばらくして、寅はリリーを伴って柴又へ里帰り。くるまやをはじめ、町中がその話題に沸き返り、くるまやではその晩楽しい宴が催されるのだった。しかし、リリーが一晩女友達の家に泊まったことが原因で、寅とリリーは喧嘩。突然リリーが帰ると言い出したので、いよいよ兄が落ち着いてくれると思っていたさくらは大慌てで寅を説得する。しかし寅は言うことをききそうになかった。仕方なく諦めかけたさくらがリリーを送ろうとした時、寅が代わりに送って行くと言い出した。そしてタクシーの中、「どこまで送ってくれるの?」と訪ねるリリーに、寅は「男が女を送るって言った時はな、その女の家の玄関まで届けるんだよ」と答えるのであった。年が明けて新年正月、満男が泉とのデートでいない諏訪家では、博がリリーからの賀状を読んでいる。それによると、寅とリリーはしばらくの同棲の後、やはり喧嘩別れしてしまったらしい。同じ頃、震災後初めての正月を祝う神戸・長田区に姿を現した寅は、地元の人々との再会に顔を綻ばせていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0満男がたどり着いたのは奄美大島の加計呂麻島。 そこで偶然に浅丘ルリ子と出会う。 浅丘ルリ子の家にいたのは寅さんだった。 偶然過ぎる偶然が重なるのが山田洋次監督作品の常である。

2021年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

萌える

BSテレビ東京で映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」を見た。
1995年製作/日本
配給:松竹

山田洋次監督73才
渥美清67才
倍賞千恵子54才
吉岡秀隆25才
後藤久美子21才
浅丘ルリ子55才
夏木マリ43才

満男が後藤久美子の結婚式を台無しにした。
満男は傷心の旅に出る。

満男がたどり着いたのは奄美大島の加計呂麻島。
そこで偶然に浅丘ルリ子と出会う。
浅丘ルリ子の家にいたのは寅さんだった。

偶然過ぎる偶然が重なるのが山田洋次監督作品の常である。

結局、満男は後藤久美子と交際することになり、
寅さんは浅丘ルリ子とよりを戻すことになる。

満足度は5点満点で4点☆☆☆☆です。

オリジナル作品としては「男はつらいよ 寅次郎紅の花」は
「男はつらいよ」シリーズの最終話である。

出演者の皆さん、スタッフの皆さん、
楽しいシリーズをありがとうございましたと言いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドン・チャック

5.0愛は一本の紅の花の如く。

2021年1月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波、VOD

渥美清氏死去により、本作が「寅さん編」最終作となりますが、
やはり、寅さんの人生の旅路には、リリーさんが必要だったんだ。
たくさんの人々に愛情を注いできた寅さんも最終的にたったひとり、
愛を永遠に向けられる人は誰か。
その人こそがリリーさんだったんだと染々感じました。
その寅さんの魂は、正に、ひとりの人に一心に向けられた、一本の紅の花のようなものだと、想いました。
その寅さんの魂を引き継ぐように、甥の満男も泉に一心に紅の花を向けて、いよいよ、最終作に結実します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さかもっち

4.5啖呵に勢いは無くても台詞のひとつひとつ、その表情に深い味わいがある...

2020年12月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

5.0見事な構成で惚れ惚れします

あき240さん
2020年5月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寅さんシリーズの実質的最終回
本当は後2作つくる予定だったそうです

それでも本作のラストでの寅さんのご苦労様の台詞、そして復興しつつある神戸の被災地の光景をクレーンが高く上がって俯瞰しつつエンドマークがでるのはシリーズ最終回でも全くおかしく無いものです
むしろこの回で終わって良かったのかもしれません

寅さんはそれからもフーテンを続けていく
リリーさんともまたどこかでより戻したりケンカ別れしてるんだろうなあ・・・と遠い空の下から思える素晴らしいラストシーンだと思います

今回観ていろいろ気付きがありました

何故美作滝尾駅から始まり、津山が騒動舞台となるのでしょうか?

タイトルバックのお祭りのある城下町は中国勝山のお祭りです
でも寅さんが買った切符は勝田まででした
その勝田と津山と中国勝山は、実は出雲街道沿いの町だったのです
出雲とはつまり縁結び、結婚への道だったのです

美作滝尾駅はその出雲街道へのイントロダクションとなっていたわけです

そして津山から北北西に30キロ弱の山間部に奥津温泉と言うところがあります
映画「秋津温泉」の舞台です

その映画の終盤には津山城の公園が登場します
津山城の石垣のセリフでその映画を思いだしました
何十年も一人の男を愛し続けてひたすら待つ女の映画です

つまり監督は本作はそういう映画ですよと言っているのだと思いました
本作では泉ちゃん、そしてリリーさんです
二人とも煮え切らない、愛する男を待っているのです

泉ちゃんを柴又駅のホームで見送るさくら
ハイビスカスの花でリリーさんがさくらと寅さんに見送られるシーンと瓜二つです
15年の時間差で同じことが再現されているのです

紅花の花言葉は 包容力、 特別な人、愛する力、だそうです

リリーさんは何故、沖縄でなく奄美大島の加計呂麻島に住んでいたのでしょうか?

この島の金持ちの年寄りと再婚して、死別後もこの島に残っているとの話をリリーさんがしますが何故そのような設定なのでしょうか?

奄美大島の西隣の島が加計呂麻島、その先には与論島
沖縄返還までは日本の最西端で有名でした

つまり限り無く寅さんと暮らした沖縄に近づきたい
しかし思い出には浸りたくない
そんなリリーさんの心情を表現しての設定なのだと思います

寅さんがたまたまリリーさんを見かけて彼女の家に転がり込んだという説明が台詞であります

本当でしょうか?
きっと前から互いに連絡を取り合っていたのだと思います

ラストシーン
また寅さんはリリーさんの家を飛び出していって神戸長田の被災地にいました

本作公開は1995年12月
このシーンはお正月ですから実は1996年の新年のこと
公開日では未来の話なのでした

本作は三階建ての構造です
阪神大震災からの復興の話
満男と泉ちゃんの話
寅さんとリリーさんの話
1段づつ上がって、また降りて最後は阪神大震災からの復興で終わらせています

見事な構成で惚れ惚れします

最後はリリーさんからの年賀状で籍入れましたと書いてあったら良かったのにとは思いますが、これで良かったのかも知れません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品