男はつらいよ 寅次郎恋歌

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
20%
45%
29%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和四十九年九月に登場して以来、松竹のドル箱的存在となった「男はつらいよ」シリーズ八作目。なお今回は二時間という大作となり、寅さんの八人目の恋人として池内淳子が出演する。脚本は朝間義隆と山田洋次。監督、撮影は前作「男はつらいよ 奮闘篇」同様、山田洋次と高羽哲夫がそれぞれ担当。

1971年製作/114分/日本
原題:Tora-san's Love Call
配給:松竹

ストーリー

例によって車寅次郎は半年ぶりで故郷柴又へ帰ってきた。一同は歓迎したつもりだったが、些細な言葉のゆき違いから竜造やつねと喧嘩となり、又もや旅にでることになった。寅が去って静かになったある日、博の母が危篤という電報が入り、光男を竜造夫婦に託した博とさくらは岡山へ急いだ。博の父の[風票]一郎は元大学教授で、研究一筋に生きてきた学者だった。葬式の日、驚ろいたことに寅がヒョッコリ現われた。柴又に電話したことから、葬式のことを知り、近くまできていたから寄ったという。しかし、旅先とはいえ、派手なチェックの背広姿である。さくらは近所の人から借りたダブダブのモーニングを寅に着せ、葬儀に参列させるが、トンチンカンなことばかりやってその場をしらけさせてしまう。岡山で生涯生活するという[風票]一郎を一人残して毅、修、博の兄弟は去っていくが、[風票]一郎の淋しい生活に同情した寅は一度は去った諏訪家に戻ってくる。[風票]一郎も、自分のこれまでの人生をふりかえって、人間らしい生活をするよう寅に語った。秋も深まった頃、柴又「とらや」で皆が集まって寅の噂をしているところに、題経寺山門の近くに最近開店したコーヒー店の女主人六波羅貴子が挨拶に来た。この美人を見て一同は身震いした。もしこの場に寅が居合わせたらどうなることか、と考えたからである。しかも、何たる不幸か、寅はその日帰ってきたのである。みんなの予感は摘中し、寅は貴子に身も心も奪われて、そのまま柴又に滞在する仕儀と相成った。貴子には、学という小学校四年になる男の子があった。学は自閉症的な性格のうえに、新しい学校にも馴染めず、貴子も心を痛めていた。しかし、学は寅にすっかりなつき、明るく元気になった。貴子は寅に感謝した。そして寅の、貴子に対する思慕はますます高まり、三人一緒に生活する夢まで見るようになった。その頃、さくらや竜造たちは、寅がいつ又失恋することかとハラハラ見守っていた。みんなが、そろそろ二枚目が現われて例によって失恋する時分だと話しているところに寅が帰ってきて、旅に出るために荷物をまとめだした。寅は、心配するさくらに「いくら馬鹿な俺だって潮時ってものを考えてるよ」といい残すとどこへともなく旅だっていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5さくらの健気さには脱帽

2021年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

これだけシリーズを見続けるとさくらのお兄ちゃん想いに感心させられる。(3作ぐらいで十分感じるが)😅
これだけ好き勝手して、叔父ちゃんと事あるごとに漫才のような口論になるが、さくらはどんな状況でもお兄ちゃんの味方。
こんな妹おるか???
羨ましいから映画のキャラとして際立ちます。
現代ならあっさり見捨てられるのが寅さんでしょう。

昭和は人と人の心が通い、人のためならと身上投げ打ってでも役に立ってあげたい、そんな生身の時代でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
零式五十二型

5.0屈指の名シーン。

2021年2月6日
iPhoneアプリから投稿

池内淳子名演。合掌。
女手一つで切り盛りする小さな喫茶店、元気無い息子が寅のおかげでたくさんの友達を連れて賑やかに帰ってくる。
皆にジュースを振舞う時の泣き笑い。
思い出すだけでグッとくる。
シリーズ全編通しても屈指の名シーン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.5おい、まくら、さくらの回(笑) ・オープニングとエンディングの劇団...

2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

おい、まくら、さくらの回(笑)
・オープニングとエンディングの劇団との関係、ちゃんと繋がっている。これ以降の作にも登場する模様、楽しみ。
・あんまり勉強しないと寅さんみたいになっちゃうよ
・おいちゃん大活躍。寅との喧嘩。今作が最後なんですね、感慨深い。
・博の母葬儀。困惑のさくら。博の母は幸福だったか、重い。
・名優志村喬、リンドウの花。定住、漂白、どちらが幸せ、深い。
・子どもに人気の寅。精神年齢(笑)
・振られない寅、新しい。
やっぱりさくらが一番眩しい。こんな妹欲しかった(毎回言ってる 笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

5.0山田洋次監督は劇場の客やお茶の間の視聴者がイライラ、ジリジリするのを何もしないで放ったらかしにする放置プレイの名手だと思う。

2020年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

BSテレ東で映画「男はつらいよ 寅次郎恋歌」(1971)を見た。

新型コロナウイルスのために自粛生活が続く中、日常の楽しみは少ない。
毎週土曜日にテレビ東京で見られる「男はつらいよ」シリーズは本当にありがたい。

どの作品でも思うことは倍賞千恵子がとても美女で、
前田吟がすごくイケメンであること。

毎回登場するマドンナは当代の人気美人女優なのはもちろんである。
今作のマドンナは池内淳子。
ゲストの志村喬の存在感を大きく感じる。

おんなひとりで小学生の息子を育てながら喫茶店を経営する池内淳子には借金問題がある。

寅さんはそれに気づきながら何もしないでそこから逃げだしてしまう。

「全く馬鹿だねえあいつは!」おいちゃんがそう言う前にTVの前にいるオレがいつも言ってしまう。

山田洋次は劇場の客やお茶の間の視聴者がイライラ、ジリジリするのを何もしないで放ったらかしにする放置プレイの名手だと思う。

その手法は現在でもまだ製作が続いている「家族はつらいよ」シリーズにも踏襲されている。

上映時間は114分。

満足度は5点満点で5点☆☆☆☆☆です。

来週の「男はつらいよ 柴又慕情」(1972)マドンナ 吉永小百合
が楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドン・チャック
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品