男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
10%
33%
47%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シリーズ二十一作目の今回は、マドンナ役に迎えられた木の実ナナが得意の歌と踊りを披露するほか武田鉄矢が寅さんと一緒に騒動をまきおこす。脚本は「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」の山田洋次と朝間義隆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれを担当。

1978年製作/103分/日本
配給:松竹

ストーリー

初夏の景色でいっぱいの柴又に、例によってプラッと寅が戻ってきた。風邪で寝込んでいたおいちゃん、その寅に「俺も年だ、店を継いでもらえたら……」と一言。「俺だってそれは考えている」と寅も無理して言うが、それからいつものように調子に乗って続けてしまう。みんなに馬鹿にされて、寅はまた柴又を後にする。九州は肥後の温泉にやってきた寅は、そこで後藤留吉という若者と知り合った。幼ななじみの芋娘にふられてガックリしていたところを寅に励まされた留吉、すっかり寅を気に入ってしまった。寅もつい長逗留してしまい、宿代もたまってしまい、さくらにSOSの手紙を書くのである。久しぶりに柴又に戻ってきた寅をみんなは大歓迎した。その時、紅奈々子がさくらを訪ねてきた。彼女はさくらの学生時代の高級生で、二人ともSKDに入るのが夢だった。今、SKDの花形スターになっった奈々子を知った寅は理由をつけては浅草国際劇場に通いはじめた。ツユに入る頃、留吉が上京してきた。国際劇場に案内された留吉は、踊り子の富士しのぶに一目惚れしてしまうのである。留吉は浅草に残り、トンカツ屋に就職して、国際劇場専門の出前持になってしまった。ツユが明ける頃、奈々子はまたさくらを訪ねた。彼女は照明係の男に恋をしており、結婚するか、舞台ひと筋に生きるかを、さくらに相談に来たのである。愛をえらんだ奈々子の最後の舞台「夏の踊り」の初日、満員の国際劇場の二階の最後列で、むなしく失恋した寅は彼女の晴れ姿を見た。奈々子の大きな眼にあふれる涙が輝いていた。しのぶにふられて、泣く泣く故郷に帰った留吉を励ましに、寅はまた旅に出るのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第2回 日本アカデミー賞(1979年)

ノミネート

監督賞 山田洋次
主演男優賞 渥美清
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0木の実ナナのレビューも楽しめる豪華版。脇を固める出演者達はもちろん...

2020年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

木の実ナナのレビューも楽しめる豪華版。脇を固める出演者達はもちろんだがゲストにも味があり、最後まで楽しかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

5.0わが道をゆく、男と女。

2019年12月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しゅうへい(syu32)

3.5寅さん流SKDレビューの開幕!

近大さん
2019年5月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

シリーズ21作目。

OPの夢は、寅さんは実は宇宙人! 迎えがやって来て、とらやの面々と別れを惜しみつつ、帽子型の宇宙船に乗って去って行く。
『未知との遭遇』『スター・ウォーズ』など空前のSFブームの年に公開されたパロディー。

序盤の騒動は、
おいちゃんが体調を崩す。
帰ってきた寅さんと真剣にとらやの将来について話し合うが…、
途方も無い夢みたいな事を語り出し、皆を呆れさせ、大喧嘩。
途中まではいい考えだったし、今のとらやをぶっ壊してビル工場にして全て機械化するというのは現代的ではあるんだけどね…。

旅は九州・阿蘇の温泉宿へ。
そこで女の子にフラれてばかりの青年・留吉と出会い、彼に人生や恋のアドバイス。
何故か寅さん、この町で“先生”と慕われるも、宿賃が無くてさくらに迎えに来て貰う。もはや何度目…?
『幸福の黄色いハンカチ』に続き山田作品参加の武田鉄矢が、方言丸出しのモテない田舎青年役で笑わせる。

反省し、とらやで真面目に働く寅さんだったが、当然長続きせず。
ある日とらやを訪ねてきた美女に一目惚れ。
さくらの幼馴染みで、SKD=松竹歌劇団の花形踊り子・奈々子。
今回は戦前戦後にかけて浅草の娯楽のシンボルであったSKDのレビューの世界が舞台。
華やかできらびやかにショーアップされたレビューの魅力がたんまりと。
自分はよく知らぬが、宝塚やアイドル公演みたいな…?
マドンナは、木の実ナナ。さすがの歌声や踊りを披露、ナイスバディで快活な女性役はハマり役。

奈々子とSKDのレビューにすっかり魅了された寅さんと、上京して来た留吉。毎日のようにレビューに通う。
まるで何とか48の公演にハマるヲタクそっくり…?
話の展開的には定番。
奈々子にのぼせ上がるが、彼女には結婚を考えている恋人が。
劇場の取り壊しが決定。私は、踊りたい、歌いたい!
自分の幸せか、自分が好きなこの世界か。
決意し、万感の思いと共に舞台の上で熱唱する奈々子の姿には胸熱くさせる。

ゴージャスなレビューの世界は寅さんの作風には珍しいが、そこはしっかり寅さんエッセンスとミックス。
ラストシーン、田舎に戻ってフラれ続ける留吉と訪ねてきた寅さんのオチに安心感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

3.5よかった

2019年4月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
古泉智浩
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品