男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
19%
43%
30%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

今までふられ続けて来た寅さんが、なんと美人にほれぬかれるシリーズ第二十九作。寅次郎を戸惑わせるマドンナにいしだあゆみを迎え、脚本は「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」の山田洋次、朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

1982年製作/110分/日本
配給:松竹

ストーリー

葵祭でにぎわう京都、加茂川べりで休んでいた寅次郎は、ひとりの老人と知り合った。孤独な感じの老人に寅次郎は声をかけ慰め、それがうれしかったらしく先斗町の茶屋に寅次郎を誘った。老人は加納という有名な陶芸家だった。酒に酔い、翌朝、寅次郎は加納の家で目がさめ、その立派さにびっくりしてしまう。そして加納家のお手伝い・かがりと会う。かがりは丹後の生まれで、夫は五年前に病死、故郷に娘を置いてきていることを知った。加納は弟子の蒲原とかがりが夫婦になることを望んだが、蒲原は他の女性と結婚するといい、それを聞いたかがりは丹後へ帰ってしまった。旅に出た寅次郎、足がむいたのは丹後。かがりは思いのほか元気だった。その夜、偶然二人きりになってしまい、まんじりともしない一夜を過ごした。そのことを気にしつつ、東京に帰った寅次郎。再び旅に出ようとした矢先、かがりがとらやを訪ねて来た。帰りぎわに鎌倉の紫陽花で有名な寺で待っているという手紙をにぎらされた。当日になると一人では心細いと、甥の満男を一緒に連れて出かけた。満男を同行した寅次郎をみて、かがりの表情には落胆の色が浮かんだ。鎌倉から江の島への間、かがりは胸のうちを寅次郎にぶちまけるチャンスもなく、そのまま丹後に帰ってしまった。かがりの心を知りながらそれに応えられない哀しさを酒でまぎらわそうとした。かがりは本当は寅次郎が好きだったのでは、と言うさくらに、あんな美人で賢い人が俺のようなヤクザを思うわけがないといってとらやを後に旅立っていった。数日後、さくらのもとにかがりから故郷で元気に働いているとの便りが来た。そのころ信州の古い宿場で寅次郎は瀬戸物を売っていた。加納の名をかたっている寅次郎の前にひょっこり姿をあらわしたのが寅次郎のさすらいの生活にひかれて旅に出た加納だった。フーテンの寅さんと人間国宝・加納の屈託のない声が信州の山々にこだましていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

ノミネート

主演女優賞 いしだあゆみ
助演男優賞 柄本明
音楽賞 山本直純
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0相手の気持ちを受け取るのも不器用な寅さん。ほろ苦さの残った作品だった。

2020年2月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

相手の気持ちを受け取るのも不器用な寅さん。ほろ苦さの残った作品だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

5.0珠玉級のロマンスの予感が…。

syu32さん
2019年12月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32

4.5辛抱強い大人の儚い恋

近大さん
2019年7月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

幸せ

シリーズ29作目。

昔々。貧しくも不平不満を言わず暮らす家族。
ある時旅の老人を泊め、その老人はお礼にと、襖に雀の画を描く。すると翌朝、画の雀が生きて動き…。
それから後、この家は“雀のお宿”と有名に。

いつもなら序盤、柴又に帰って騒動起こす寅さんだが、今回は帰らず絵ハガキを送り、旅の空。
信州から京都へ。
下駄の鼻緒が切れた老人を助ける。こういう時の寅さんはさらりと粋な優しさ。
以前も何度かあったパターン。寅さんは孤独な爺さんと勝手に思い込むが、実は…。今回も然り。
人間国宝の陶芸家の大先生。
すっかり寅さんの事が気に入り、屋敷に招く。ご馳走に。
翌朝起きて出会ったのが…、

先生の屋敷で女中として働くかがり。
今回のマドンナ。演じるは、いしだあゆみ。
控え目で、何処か幸薄そうな雰囲気滲ませる美人。

夫に先立たれ、丹後の実家の母に娘を預けているというかがり。
有名になった先生の弟子と恋仲だったが、別の女性と結婚する事に。
身を引くかがり。
いつも相手の顔色を窺い、自分の気持ちを正直に表さないかがりをを叱る先生。
失恋と傷心を抱え、かがりは実家に帰る。
それを知った寅さんも風に吹かれるかのように、丹後へ。

再会。
ひとまず元気なかがりに安心するが、わざわざ心配して訪ねて来てくれた事に心満たされたのは、かがりの方。
貞淑なかがりの中で、何かが燃え始める。内に秘めた恋の情熱が。
寅さんもかがりにホの字だが、それ以上にかがりが寅さんに惚れて惚れて惚れ抜いて惚れ込む。
マドンナの方から激しく惚れられる、シリーズ異例の展開。
それを思わせるシーンが幾つか。
かがりの実家に一泊する事になった寅さん。かがりの母は外出、娘は就寝。静かな夜、男と女二人きり…。
寅さんにお酌し、自分も呑み、足を崩すように座るかがり。
早々と寝床に入った寅さん。そこへ入って来るかがり。
何事も無かったが、シリーズでは珍しいドキリとさせるシーン。
翌朝。お互いの不甲斐無さか、抱いた感情の気まずさか、何処か余所余所しい二人。
そのまま、寅さんは丹後を去る…。

柴又に帰って来て、恋煩いで寝込む寅さん。(この時寅さんが満男に恋の苦しみを訴え、満男はそれを気味悪がり、「恋なんて絶対しない」と言うが、満男も寅さんの血を引いている事はシリーズ晩年の本筋に)
そこへ、かがりが友人と訪ねて来る。
友人と柴又観光らしいが、本当の目的は…。こっそり寅さんに手紙を渡す。
今度の日曜、鎌倉でデートの誘い。
狼狽しまくる寅さん。鎌倉の方角へふらふら歩いて行ったり、まだ2時間しか経ってないのにもう(日)になったか?…などなどなど。
そしてデートの日。鎌倉のあじさい寺で待ち合わせ。
しかし寅さんは一人ではなかった。甥の満男を連れて。
不甲斐無い、ぎこちない、儚い恋の行方は…。

ゲスト出演者では、
陶芸の大先生の役で、歌舞伎役者の十三代目片岡仁左衛門の佇まいと存在感が素晴らしい。山田監督も感嘆したとか。
修行中の弟子役で、若き柄本明がコメディ・リリーフ。
序盤帰って来なかったり、その序盤の騒動が中盤以降だったり、寅さんがマドンナに惚れ抜かれたりと、いつもとは違う展開が何だかちと新鮮。
これも定番だから出来る面白味。

お互い、惚れ合っている。
でも、内に秘めた激しい想いとは裏腹に、一歩踏み出せない。
甲斐性ナシと言うなら言えばいい。日本人ならではの奥ゆかしさ。
ほんのひと時、切なく散った。あじさいの花のように。
シリーズでも屈指の、しっとりとした大人の恋の名篇。

見終わってから調べたあじさいの花言葉。
種類や色によって異なり、中にはヒヤリとさせるものもあるが、
青色あじさいの花言葉が最もしっくり来る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

3.0清廉な未亡人との恋 🌸💕

2017年12月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

笑える

ようやく寅次郎にも童貞を捨てる絶好のチャンスが訪れた。
今度の恋のお相手は大人女子の色香がほんのり漂う薄幸の未亡人だが、かなりの積極派。
ある晩、未亡人の自宅にて。
我慢の限界を超えてしまった彼女は、意を決したかのように寅次郎の寝室へとやって来る。
ははーん、さては逆夜這いって言うやつですね。うわ➰何だかこっちまでドキドキして来たぞ!
嗚呼、それなのに寅次郎は肝心の時に怖じ気付いて狸寝入りとは情けなや。
足首で女の情念まで表現してしまうマドンナ役のいしだあゆみは、もうアッパレとしか言いようがありません。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品