男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

劇場公開日

25%
44%
27%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

今までふられ続けて来た寅さんが、なんと美人にほれぬかれるシリーズ第二十九作。寅次郎を戸惑わせるマドンナにいしだあゆみを迎え、脚本は「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」の山田洋次、朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

1982年製作/110分/日本
配給:松竹

ストーリー

葵祭でにぎわう京都、加茂川べりで休んでいた寅次郎は、ひとりの老人と知り合った。孤独な感じの老人に寅次郎は声をかけ慰め、それがうれしかったらしく先斗町の茶屋に寅次郎を誘った。老人は加納という有名な陶芸家だった。酒に酔い、翌朝、寅次郎は加納の家で目がさめ、その立派さにびっくりしてしまう。そして加納家のお手伝い・かがりと会う。かがりは丹後の生まれで、夫は五年前に病死、故郷に娘を置いてきていることを知った。加納は弟子の蒲原とかがりが夫婦になることを望んだが、蒲原は他の女性と結婚するといい、それを聞いたかがりは丹後へ帰ってしまった。旅に出た寅次郎、足がむいたのは丹後。かがりは思いのほか元気だった。その夜、偶然二人きりになってしまい、まんじりともしない一夜を過ごした。そのことを気にしつつ、東京に帰った寅次郎。再び旅に出ようとした矢先、かがりがとらやを訪ねて来た。帰りぎわに鎌倉の紫陽花で有名な寺で待っているという手紙をにぎらされた。当日になると一人では心細いと、甥の満男を一緒に連れて出かけた。満男を同行した寅次郎をみて、かがりの表情には落胆の色が浮かんだ。鎌倉から江の島への間、かがりは胸のうちを寅次郎にぶちまけるチャンスもなく、そのまま丹後に帰ってしまった。かがりの心を知りながらそれに応えられない哀しさを酒でまぎらわそうとした。かがりは本当は寅次郎が好きだったのでは、と言うさくらに、あんな美人で賢い人が俺のようなヤクザを思うわけがないといってとらやを後に旅立っていった。数日後、さくらのもとにかがりから故郷で元気に働いているとの便りが来た。そのころ信州の古い宿場で寅次郎は瀬戸物を売っていた。加納の名をかたっている寅次郎の前にひょっこり姿をあらわしたのが寅次郎のさすらいの生活にひかれて旅に出た加納だった。フーテンの寅さんと人間国宝・加納の屈託のない声が信州の山々にこだましていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

ノミネート

主演女優賞 いしだあゆみ
助演男優賞 柄本明
音楽賞 山本直純
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

4.0満男の良さよ

2022年5月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふーてんふーてん

5.0石田あゆみに★5つ

tunaさん
2022年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

マドンナ石田あゆみが堪りませんでした。
加納先生とバッタリ再会して、あっさり店じまいするラストシーンがとても心地良かったです。
傑作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

3.0一見の寅さん

2022年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

京都でひょんなことから焼き物の巨匠(片岡仁左衛門)と知り合った寅さん、気楽に出入りしてると奉公人の女性(いしだあゆみ)が気になる。
今回はこの二人の恋物語が描かれ、惚れるけど踏み出せない寅さんがせつない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0とてもいい!

buckarooさん
2021年8月9日
PCから投稿

個人的、男はつらいよベスト3の1本。

伊根の舟屋での一晩もいいけど、
鎌倉でいしだあゆみが「私の会いたかった寅さんは旅先での寅さんだった…」
っていうシーンがすごくいい。
いしだあゆみの薄幸さが作品全体に漂っていてとても良い。
それと片岡仁左衛門!
出会いのシーン。じいさんの鼻緒を直してあげる寅さん。とても良い。
ラスト。再会。
2人とも心底、出会えてうれしそう。
ここはいつみても泣ける。とても良い。

ちなみに個人的ベスト3の他2本は
寅次郎と殿様
夕焼け小焼け
3本ともおじいちゃんが出てくるのが偶然の共通点(笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
buckaroo
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品