男はつらいよ 旅と女と寅次郎

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
43%
33%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

寅さんが旅公演の途中失踪した演歌歌手と知り合い恋をするシリーズ第三十一作。マドンナに都はるみを迎え、脚本は「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」の山田洋次と朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

1983年製作/101分/日本
配給:松竹

ストーリー

久しぶりにとらやに戻った車寅次郎は、甥の満男の運動会のことでとらやの面々と言い争いをし、またふらりと旅に出た。寅次郎がやって来たのは新潟の田舎町で、佐渡ヶ島へ向う途中一人の女性と出会う。彼女は演歌の女王、京はるみであった。それとは気づかぬ寅次郎は、毎度御馴染みの一目惚れで気に入ってしまう。その頃、はるみのプロダクションでは彼女の失踪で大騒ぎとなっていた。当のはるみは、そんな騒動は知らず寅次郎と意気投合し、二人で旅をしている。一人旅の毎日であった寅次郎にとって、女性が道連れという事は夢の様な話であり、はるみにとっても、これ程、自由で楽しい旅が出来るのは素晴らしいことだった。ある日、寅次郎は、はるみがかの演歌の女王、京はるみであることを知る。そこにプロダクションの者たちがやって来、はるみは思い出にと寅次郎に指輪を渡し二人は別れた。寅次郎はとらやに帰って来たものの、放心状態でいつもの元気がまるで無い。そんな時、はるみがとらやに寅次郎を訪ねて来た。とらやは大騒ぎとなり周囲は黒山の人だかりとなる。はるみは寅次郎に今度行うリサイタルの招待券を渡し、失恋した相手ともう一度やり直すことになったと告げた。ガックリと肩を落とす寅次郎。集った人々の要望ではるみは歌い出した。その日の夜、寅次郎は妹のさくらに、はるみから貰ったリサイタルの切符を渡し旅に出る。そして、京はるみショーの行なわれている頃、寅次郎は北海道で夏を過ごしていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0女心と旅の空…スターもつらいよ。

syu32さん
2020年1月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
syu32

4.0都はるみってエエ女やん!

2020年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

僕あんまり
都はるみって好きやなかった。
しかし
この作品で、大好きになりました。
色ぽいんですよ。
佐渡ヶ島の宿屋で見せる、浴衣姿
思い出を語るしぐさ
とらやで
お礼に歌う粋なはからい。
寅さんは、そっと見つめてますね。
ラストは、方やコンサート会場
寅さんは、テキヤ仲間達とワイワイして
また
次の旅になるんだなあ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
大阪ぶたまん

3.5柴又の恋人

近大さん
2019年8月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

シリーズ31作目。

OPの夢は、
ある一揆の首謀者・柴又の寅吉が故郷の柴又村に帰って来る。妹の夫が岡っ引きと知り、両手を差し出す…。
舞台の時代劇で、客席から「大統領!」「日本一!」の掛け声。

序盤の騒動は、
明日は満男の学校の運動会。博が仕事で行けなくなり、ちょうど帰って来た寅さんが代わりに行って、パン食い競争で一等賞取ってやる!…と大張り切り。
嫌がる満男。それがきっかけで寅さんは不機嫌になり、いつもの大喧嘩。
結局、運動会当日は雨となり…。

旅先は、新潟。
ちょうどその頃新潟では、公演を行う予定だった人気演歌歌手の京はるみが急病。事務所の社長やマネージャーは対応に追われるが、実ははるみは失踪中…!
漁船で佐渡島に渡ろうとする寅さん。そこへ、サングラスを掛けた女が声を掛けてくる。
その女こそ、はるみであった…!

山田洋次が寅さんに置き換えた『ローマの休日』。
いや寧ろ、後の『ノッティングヒルの恋人』。
『ドラえもん』でもアイドルの星野すみれがドラえもんやのび太と出会う話があった。
誰でも、どんな作品でも一度は夢見た事ある、人気者との出会いや恋。その寅さん版。

人気演歌歌手・京はるみを演じるのは、実際に人気演歌歌手だった都はるみ。
この翌年に一旦の引退を発表。
都はるみのファンだった渥美清たっての願いでマドンナ役が実現したという。

人気者として華やかな世界で活躍していると思いきや、実生活は、仕事に追われ自分の人生に悩み、失恋もしたばかり。
そんな時出会った、面白くて可笑しい、懐深くて心優しい寅さん。
楽しいひと時を過ごす。
ついつい歌を口ずさむ。渥美清と都はるみのデュエットはよくよく考えたら、超貴重シーン!
相手が京はるみだと気付かない寅さんだったが、途中で気付くも知らぬフリをする。
社長やマネージャーが居場所を突き止め、別れの時…。

柴又に帰った寅さんは、京はるみと出会った事は秘密にするが、腑抜け状態。
家電屋から聞こえるはるみのカセットにフラフラとなり、遂にはウォークマンを持ち出してしまう始末…!

そんなある日、とらやを訪ねて来たのが、京はるみ!
いつものお馴染みの展開だが、相手が相手なので、今回ばかりはとらや…いや、柴又中大騒ぎ!
本当は寅さんに会いに来たのだが、詰め掛けたファンに応える気前の良さ。
急遽とらやの庭でリサイタル。
都はるみの歌唱シーンもたっぷり織り込み、歌謡映画としての醍醐味も充分。

人気者との出会いは、映画だから描ける憧れのシチュエーション。
でも実際は、人気者の方が寅さんと出会って癒される。
人気者の束の間の恋。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大

3.5佐渡が舞台

2019年6月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
古泉智浩
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品