男はつらいよ 純情篇

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
18%
51%
28%
0%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

一昨年九月の第一作「男はつらいよ」から第六作目。渥美清、倍賞千恵子をはじめとするレギュラー・メンバーに、今回は寅さんに慕われる六人目の女性に若尾文子、その他森繁久彌、宮本信子らが出演する。原作・脚本・監督は「家族」の山田洋次。同じく「家族」の宮崎晃も脚本に参加し、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

1971年製作/89分/日本
原題:Tora-san's Shattered Romance
配給:松竹

ストーリー

木枯しの吹く初冬の長崎港。相も変らずテキヤ渡世に身をやつしている車寅次郎は、五島列島の福江島に出かけていった。そこには長崎港で知り合った赤ん坊連れの出戻り女絹代の家があった。そこで絹代と父親千造の愛情あるやりとりを聞いているうちに、たまらなく故郷柴又が恋しくなって、一目散に柴又へ向った。その頃柴又の「とら屋」ではおいちゃん、おばちゃん、さくら、博たちが集まって寅さんの噂ばなしに花を咲かせていた。というのは数日前、「とら屋」におばちゃんの遠い親せきで和服の似合う美しい女性夕子が、事情あって寅さんの部屋に寝泊りしながら店を手伝っていたからだ。「寅がいたらまた熱を上げてしまう」というみんなの心配をよそに、寅さんがひょっこり帰って来た。寅さんは自分の部屋が誰かに貸してあるのを知るとカンカンに怒って外へ出ようとするが、現われた夕子を一目見るなり、たちまちのぼせ上り、旅に出るのはやめてしまった。「とら屋」に腰を落着けた寅さんのところにある日のこと、さくらの夫博が独立問題を相談に来た。それは、いい印刷工場の出ものがあるから、将来のために独立したいが、永年世話になって来た社長梅太郎にいいだしにくいから寅さんからうまく話してくれということだった。事情を聞いて寅さんは、「お前に向いている」とこの話に大賛成、翌日梅太郎のところに出かけた。そんな寅さんは梅太郎に、「博が会社をやめないように話して下さい」と泣きつかれ、義理と人情の板ばさみになった寅さんは、きのうの博との約束はどこへやら、胸をたたきこれまた二ツ返事で引受けたから話はこんがらがって来た。一方、博と梅太郎は話がまとまったと思い込み、その夜、寅さんを呼んで料亭でドンチャン騒ぎとなったが、酔うほどに博と梅太郎の話は喰い違い、結局、寅さんは二人に何も話していないことがバレてしまった。大もめの最中、博があてにしていた資金の調達ができないことが判明して、一応この話は一段落した。やがてみんなの心配通り、寅さんが、夕子に一層熱を上げ始めた。しかし、数日後、別居していた夕子の夫が「とら屋」を訪ねて来たことで寅さんの恋にも終止符が打たれた。夕子は売れない小説家の夫と逃げるように柴又を去り、寅さんもさくらに見送られて旅へ出た。明けて一九七一年。とある地方で、晴れ姿の娘たちを相手に、立て板に水を流すような名調子で売をしている寅さんの姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5宮本信子が妙に色っぽい

マッチさん
2020年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

長崎、五島でロケしてますが、シーン的にはロケ地を感じないです。(ちょい残念)しかし、さくらは、可愛いし綺麗ですねー。子供の時、映画見た時は、おばさんにしか見えなかったのに自分が年齢を重ねるとこうも変わるのかなぁー。それにさくらの兄を思う心にはウルっときます。この映画あたりから、山田監督は長期シリーズ化をみこしたストーリーの構築に入った感を受けた。宮本信子がなぜか、色っぽかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッチ

4.0出番は少なくても森繁久弥の存在感はさすが。相変わらずの寅さんにを見...

2019年12月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

出番は少なくても森繁久弥の存在感はさすが。相変わらずの寅さんにを見ていると心休まる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

5.0帰るところがあると思うから…。

syu32さん
2019年11月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
syu32

4.0サブのエピソードや豪華ゲストキャストに注目!

近大さん
2019年2月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

シリーズ6作目。
マドンナは、若尾文子。

メインの話は4作目と同じ。
柴又に帰ってくると自分の部屋が他人に貸し出されショックも束の間、おばちゃんの遠縁の美人マドンナと知り、いつもながらの恋の病と騒動。
マドンナは夫と別居中の訳あり。
やがて夫が迎えに来て、また失恋の旅へ。
でも、単なる二番煎じにならないサブの話や豪華なゲストキャストが充実。

序盤、子持ちの若い女と出会う。演じるは、若かりし頃の宮本信子。
長崎の五島列島の父の元へ帰る途中らしいが、船賃が無く、寅さんにお金を借りる。
寅は一緒の宿に泊まらせ、女はせめてものお金の足しにと服を脱ごうとする。
同情する寅。
俺にはあんたと同じくらいの妹が居て、もし今のあんたと同じだったら、俺は相手の男を殺すよ。
この時ばかりの寅さんは、本当に人情の世界に生きるいい漢である。
(なのに、いつもの恋の病が始まると何故あんなにおバカになっちゃうんでしょう…??)

女を父親の元へ送り届ける寅。
父親は亭主の元へ帰れと言う。
ダメ亭主でもお前が惚れて反対を押し切ってまで一緒になった男なんだから、お前が相手のいい所を伸ばしてやれ。
安易に帰ってくる家があると思うからいけない。
この父親の言葉に感銘を受ける寅。
目に涙を潤ませながら故郷・柴又と家族への思いを語る。
そしたら居ても立っても居られなくなり、柴又へ飛んで帰る寅。
序盤のこのエピソードはなかなかしみじみなのに対し、メインのエピソードはいつもながらの騒動劇という構成もユニーク。
尚、この序盤とラストにだけ登場する老いた父親は、森繁久彌!
森繁に憧れ、喜劇役者を目指したという渥美清。
この名優二人の共演シーンだけでも貴重で、見る価値あり!

柴又に帰ってきて、恋の騒動と共にもう一つ騒動が。
今の工場を辞めて独立しようと考えているひろし。
辞められたら工場は潰れる!…と大慌てのタコ社長。
寅が二人の間に立つが、ひろしには独立しろと言い、タコ社長には辞めさせないよう説得すると双方?真逆の期待を持たせたもんだから、拗れに拗れ、揉めに揉め…。
この時、タコ社長の子沢山の家族が登場。後に美保純が成長した長女役としてレギュラー出演する事に。

また、中盤でマドンナが体調を崩し、診察した医者役に、9作目から2代目おいちゃんとなる松村達雄。
このいい加減な医者役はおいちゃんよりハマってたかも。

メイン以外の話やゲストキャストが目立ち、ちと散漫した感じも受けるが、一貫して描かれるのは故郷・柴又への思い。
全く繋がりは無いが、序盤の若い女とメインのマドンナが元サヤに戻るなど、足並みを揃えている。

人情と柴又への思いを胸に、今日も旅先で、寅さんの商売文句は絶口調!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品