男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

劇場公開日:

解説

死んだテキ屋仲間の娘を柴又に連れてきて夜間高校へ通わす寅と“とらや”の人々の暖かい人情を描くシリーズ第二十六作。今回のマドンナには元キャンディーズのランちゃんこと伊藤蘭が迎えられている。脚本は「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

1980年製作/100分/日本
原題:Foster Daddy,Tora
配給:松竹
劇場公開日:1980年12月27日

ストーリー

北海道は江差の町、寒風が吹きつける中で、寅は顔なじみのテキ屋仲間と威勢のいいバイをしている。その時、寅は仲間から常連の常が病死したことを知らされる。遊び人の末路にたとえようのない索漠さを感じた寅は、墓まいりに常の故郷、奥尻島へ渡った。そこで、イカ工場で働く常の一人娘すみれと会った。寂しそうなその娘は、東京へ出て働きながら勉強したいと言う。心配性でめんどう見のいい寅は放っておけない。数日後、若い娘を連れて現われた寅に“とらや”の一同はビックリ。そして、寅の熱心な説得で、さくらをはじめ、皆がすみれを手助けすることになった。社長の口ききで近所のスーパーに勤め口が決まった。そして、夜間高校の試験も見事に突破する。一方、寅も試験のときから、すみれと一緒に学校へ通い、忙しそうだ。充実した暮しに、すみれはだんだん明るくなっていく。ところがある日、すみれは夜になっても帰ってこなかった。寅はイライラ、とらやの連中はあっちこっちに電話をした。朝になってすみれは帰って来た。すみれには貞男という恋人がいたがある事情で行き違いになっていた。その貞男がすみれを迎えに北海道からやって来たのだ。二人は一緒に暮すと言う。すみれの告白に寅はムッとする。「世間知らずの若い娘がこれから先うまくやっていけるのか……」と旅仕度をする寅。そんな寅に「お兄ちゃん、あの娘をみんなで信じてあげましょう。間違いないわ」とさくらがやさしく言った。そして、店を出て行こうとする寅にすみれが大声で叫んだ「寅さん、怒らないで、お願い」すみれは寅の胸にしがみつくと大粒の涙をこぼしていた。「幸せにならなかったら承知しねえぞ」と寅はやさしくすみれに言うと、とらやを後にするのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

映画レビュー

4.0【寅さんが、ヒロインのオジサンの如く奮闘するシリーズの転換作品。それにしても、寅さんは悲しい顔をしている人を見るとみて見ぬ振りができなくて面倒を見て上げるんだよね。改めて良い男である。】

2024年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

■北海道の江差市でテキヤ仲間の死を知った寅次郎は、墓参りに訪れた奥尻島で一人娘のすみれ(伊藤蘭)と出会う。
 すみれが三歳の時に母が出奔した彼女は独りぼっちで水産加工場で寂し気に働いている。
 寅さんは東京に出て勉強したいという希望を叶えるため、すみれを連れて柴又へ戻り、とらやに下宿することになったすみれは、定時制高校に通い始める。

◆感想

・今作では、寅さんはヒロインに懸想する訳ではない。40歳の男と若い女性の結婚は、今では普通であるが、この作品が公開された頃は余り一般的ではなかったのかなあ。

・伊藤蘭さんが、自身の高校中退を恥じて、”頭が悪いから・・。”と定時制の入学試験の時に不安そうにしている姿に対し、寅さんは一緒に付き添って上げるし、博もさくらも彼女に勉強を教えてあげるのである。優しきとらや人達の姿は、矢張りこのシリーズの魅力である。

・定時制の生徒達に交じって寅さんが面白い話をしているシーンも、良い。役者さんで言えば、資料を見ると三石研さんや、田中美佐子さんもいる。良ーく見ると、凄い若いお二人が分かる。嬉しい。

<今作は、今後のシリーズの作品構成の転換を匂わせる作品であるが、定時制高校を舞台にしている点なども、山田洋次監督らしくて良いと思うなあ。>

コメントする 1件)
共感した! 2件)
NOBU

5.0伊藤蘭ちゃんは映画出演2作目ながら、なかなかの演技でした もっと映画にでて欲しかったものです

2023年8月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2023年の夏
メチャクチャ暑い!
酷暑日がいったい何日続いてるんだか、いつまでつづくんだか、もうわかりゃしない
暑すぎてどこも出掛けられやしない

「やめときな、熱中症でしんじまうよ!」って寅さんもいうはず

冷房で涼しいお家でも、なんだか集中力がでなくて映画もまるで観る気力なし
そうだ!こんな時はやっぱり寅さん!
それにお盆時期になると寅さん観たくなりますよね

26作目
1980年の年末公開

冒頭の江刺追分全国大会は毎年9月に開催されるようです
でも映像は何だか秋も深まった寒々しい冷気を感じます
大昔8月下旬に北海道に行ったら、雨も降ると長袖でないと寒くていられないほどだったことを思いだしました
なのでちょっとだけ涼しい気になる本作を見返すことにしました

でも今年はその北海道でも本州並みの猛暑が連続してるようです

伊藤蘭ちゃんは映画出演2作目ながら、なかなかの演技でした
もっと映画にでて欲しかったものです

すみれの母役の園佳也子は、あざといようでそれも計算の内のさすがの演技力でした

定時制高校のパートが結構長いです
もしかしたらこれが後の学校シリーズ全4作の原型になった作品なのかも知れません

あと物語が構造が1987年公開の第39作「男はつらいよ 寅次郎物語」に少し似ています
ヤクザなテキ屋の父親が死んで、母親はとっくに蒸発、子供だけが残されていて、寅さんがその子の為に奮闘するというお話です
その作品では母との再開がクライマックスに来てめでたしめでたしになります
本作での母親との再開をもう少し良い形にならなかったものかと監督がちょっと気にかかっておられたのかも知れません

セブンイレブンはこの年に1000店舗を達成したそうで、大きなニュースになったので本作に登場したんでしょう
劇中で紙袋に商品を詰めて渡していました
スーパーでは1970年代にはもうレジ袋が使われていたのでコンビニではまだ導入されてなかったんだと驚きました
こういうところの発見も寅さん映画のたのしみの一つですね

寅さんの生年月日が昭和15年11月29日と定時制高校の入学願書に書いてありましたね
1940年生まれなので生きていたら83歳です
50作目の「男はつらいよ お帰り 寅さん」で仏壇の中には寅さんの遺影はありませんでしたからまだ存命のはず
というか生きているんだか死んでいるのかも分からないままなのでしょう
少なくともリリーさんとは一緒に暮らしていないのはその作品で確定してます
でも歴代マドンナの誰かと一緒に暮らしているんだと思いたいものです

ラストシーンは鳴門スカイライン四方見展望台だそうです
大鳴門橋は1985年の完成なので、まだありません
瀬戸大橋は1988年、しまなみ海道は1999年の完成なので四国には船でしか渡れない時代だったんですね
いまは明石大橋と大鳴門橋で大阪や神戸から鳴門まで高速ですぐです
そこにまるで海外みたいな凄くいいリゾートホテルがあるんです

あ~海水浴に行きた~~い

コメントする (0件)
共感した! 3件)
あき240

3.0そりゃ、怒るだろう

2022年4月10日
PCから投稿

テキヤ仲間が死んだと聞かされ、北海道の奥尻島に墓参りに出かけた寅さん、可愛い娘さん(伊藤蘭)と柴又に行くことに。
パートをしながら定時制に通うのだが、元カレ(村田雄浩)が現れて・・・。
マドンナというよりも娘みたいな感じになった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
いやよセブン

4.0あったかい寅次郎

2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

伊藤蘭の魅力炸裂でした。それだけで観る価値あると思いました。
優しいあったかい寅次郎でした。
とても良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tuna
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品