男はつらいよ 寅次郎忘れな草

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
25%
51%
18%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“男はつらいよ”シリーズ第十一作目。今回の寅さんが恋する相手は、北海道で偶然知りあった薄幸の三流歌手、リリー。このリリーをめぐっての寅さんの奮闘努力を描く。脚本は「故郷」の宮崎晃、「男はつらいよ 寅次郎夢枕」の朝間義隆、監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影は「愛ってなんだろ」の高羽哲夫がそれぞれ担当。

1973年製作/99分/日本
配給:松竹

ストーリー

柴又。今日は、寅、さくらの父の二十七回忌である。“とらや”に、おいちゃん、おばちゃん、さくら、博が集って御前様にお経をあげてもらっている。その時、寅が久し振りに戻って来た。だが、寅のおかげで法事はメチャクチャになってなってしまう。ある日、さくらが、満男にピアノを買ってやりたいと言うのを聞いた寅は、早速、玩具のピアノを買って来て、得意満面。一同、欲しいのは本物のピアノだ、とも言えず寅の機嫌をとるが、やがてその場の雰囲気で気がついた寅、皆に悪態をついて、プイッと家を出てしまった。北海道。夜行列車の中で、派手で何処となく安手の服を着ている女が、走り去る外の暗闇を見ながら涙を流している。じっと彼女を瞶める寅。網走。ヒョンなことから寅は列車の時の女と知り合った。名はリリーといって、地方のキャバレーを廻って歌っている、三流歌手である。互いに共通する身の上話をしながら、いつしか二人の心は溶け合うのだった。柴又のさくらに、北海道の玉木という農家から手紙が届いた。寅が心機一転して、玉木の家で働いたものの日射病と馴れない労働で倒れてしまった、というのである。早速さくらは、北海道へ行き、寅を連れて柴又に帰って来た。寅が柴又に戻って来て数日後、リリーが尋ねて来た。抱き合って再会を喜ぶ寅とリリー。そして、皆に心のこもったもてなしを受けたリリーは、自分が知らない家庭の味に触れ、胸が熱くなるのだった……。数日後の深夜。安飲み屋をしている母親と喧嘩したリリーは、深酔いしたままで寅に会いに来た。だが、寅がリリーの非礼を諭すと、リリーは涙を流しながら突び出て行った。翌日、寅がリリーのアパートを捜し出して尋ねるが、既に彼女は越した後だった。その日、寅はさくらに、自分の留守中にリリーが来たら、二階に下宿させるように、と言い置いて旅に出た。数日後、さくらは、リリーが寿司屋の板前と結婚して、小さな店を出したことを知った。その店を尋ねたさくらは、以前とは想像もつかぬ程血色がよく、生き生きと働いているリリーを見るのだった。その頃寅は、ふたたび北海道の玉木の家を尋ねていた。晴れわたった青空、北海道にも夏が来た……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0リリー初登場作、インパクトあるな~

マッチさん
2021年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「男はつらいよシリーズ」を改めて第1作から見直しています。寅さんファンなら周知のとおりだと思いますが、全作品が5つ星ではないし、正直、空振り作品もあります。が、今作品は、上出来です。何回見ても若いころのサクラは可愛いし奇麗だなぁ~。子供の時は、おばさんにしか見えなかったのに年を取って見ると何で変わるのかなぁ?ラストの寅さんの財布にお金を入れるシーンは泣けた。。それと、後に欠かせないキャラになるリリーはやっぱりいいね!美しいし、インパクトが強い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッチ

3.0一億総中流を目指した真っ只中

2021年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

昭和40年代後半の世相を茶の間でぶちまける!
たこ社長は気分転換に寅さんをゴルフに誘う。
何が中流で何が上流なのか。
そんな事はどうでもよく、40歳を過ぎようかと言う寅さんの自由さは羨ましい限りだろう。
しかしそれでは立ち行かない事も事実。

金もなく仕事も適当に、衝動的に旅に出てしまう寅さん。
上野駅に追いかけてきたさくらが健気で、寅さんの頭をはたきたくなる!
「もう少しお金持ってくればよかったね😞」
なんて事を妹に言わせるんだ!
ええ加減しっかりせんかい!
と怒りを少し覚えても、他で見せる寅さんの人柄を考えると振り上げた拳を下ろしてしまう。
でないとこの映画は永遠に成立しない😅

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
零式五十二型

4.0・とらやで法要。死んだのは誰?からの騒動。 ・ピアノ事件。こりゃ寅...

2020年6月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

・とらやで法要。死んだのは誰?からの騒動。
・ピアノ事件。こりゃ寅が悪いわな。
・さくら、北海道へ。なぜ?大爆笑。

今回はなんといってもリリー初見参。その存在がなんとも哀愁漂う。ラスト、そうなるんだ、びっくり。今後の展開を先に知ってるだけに本当驚いた。毒蝮!(笑)

旅立つ寅を見送るさくらの愛情。「男はつらいよ」の私のレビューはたいてい最後はこれで締めとなる。
こんな妹、欲しかった!(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

5.0ドサ回りの三流歌手だったリリーが終劇15分前に意外な姿で登場する。この『男はつらいよ』シリーズの第11作目は笑えるシーンが多くあった。

2020年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

BSテレビ東京で映画「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」を見た。
1973年製作。
倍賞千恵子がやっぱりキレイ。

マドンナは浅丘ルリ子。出身地は中国の長春らしい。

長春市は、中華人民共和国吉林省に位置する副省級市で同省の省都。市区人口約438万人・総戸籍人口約749万人。吉林省政府が所在し、省内の政治、経済、文化の中心地となっている。1932年から1945年までは満洲国の首都とされ、新京と呼ばれた。 ウィキペディア

北海道で偶然リリー(浅丘ルリ子)と出会った寅さん。
また寅さんと会いたいと思ったリリーと柴又で再会。

浅丘ルリ子が寅屋を訪ねてきた時に、おいちゃん(松村達雄)の
「いい女だなあ」というセリフがある。
確かにキレイだ。

寅さんと寅屋の人びとに温かくもてなされたリリーは、そうした家庭環境に恵まれている寅さんをうらやましく感じるとともに、「あたしの初恋の人、寅さんじゃないかしらね」と発言する。

ドサ回りの三流歌手だったリリーが終劇15分前に意外な姿で登場する。

上映時間は99分
この『男はつらいよ』シリーズの第11作目は笑えるシーンが多くあった。
満足度は5点満点で5点☆☆☆☆☆です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドン・チャック
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男はつらいよ」シリーズ関連作品