ボヘミアン・ラプソディ
ホーム > 作品情報 > 映画「ボヘミアン・ラプソディ」
メニュー

ボヘミアン・ラプソディ

劇場公開日

解説

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

作品データ

原題 Bohemian Rhapsody
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 135分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート
作品賞  

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

受賞
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ラミ・マレック

特集

ラスト21分、映画のプロたちの涙腺崩壊 永遠に魂に響く──感動・興奮・胸アツな5つの理由とは?

この秋、見るものの心に永遠に刻まれるであろう“特別な1本”が公開される。世界中のだれもが知るスーパーバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を映画化した「ボヘミアン・ラブソディ」(11月9日公開)だ。天性の歌声を持つ青年が、どのようにしてスターへと上り詰めて行ったのか。栄光に隠された“苦悩”と“挫折”、その果てに到達した“救い”を限りなくエモーショナルに描いた本作に、名だたる映画のプロたちも号泣&絶賛の嵐!特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

伝記ドラマという枠を超える「王道エンターテインメント」
ボヘミアン・ラプソディの映画評論・批評

木村拓哉主演ドラマの主題歌となった「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」、数々のCMで使われている「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」などなど、もはや、クイーンの楽曲をまったく聴いたことがないという日本人はいないのではないか? ...ボヘミアン・ラプソディの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全1101件)
  • “人の心をつかむ”という不思議現象 これだけ人気を得ている作品なので、マイノリティの遠吠えとして聞いていただきたいのだが、伝記映画としても音楽映画としても、足りてない部分や踏み込みの甘い部分が多い映画だと思っている。それでもこれだ... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2018年12月31日  評価:3.5
    このレビューに共感した/47
  • 今も耳の奥でフレディのハイトーンボイスが鳴り響いている 伝説のロック・グループの知られざる物語と、大音響で奏でられる実物の音源を使ったヒットナンバーがもたらす高揚感が、終始絶妙にシンクロして、恐らく劇場に詰めかけた観客の想像を大きく超えて魂を揺さぶり... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年11月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/234
  • メンバー2人が音楽総指揮、感激の高音質! ブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮で、まず演奏の音質が素晴らしい。フレディのボーカルをはじめ基本クイーンの音源を使っているが、ライブシーンですら各パートの分離が明確でタイト。試写室... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年11月10日  評価:4.5
    このレビューに共感した/169
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi