マリッジ・ストーリー

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イカとクジラ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のノア・バームバック監督が、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーを主演に迎えて描いたNetflixオリジナル映画。女優のニコールと夫で舞台演出家のチャーリーが結婚生活に葛藤を抱え、離婚に向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ。結婚生活がうまくいかなくなり、円満な協議離婚を望んでいた2人だったが、それまで溜め込んでいた積年の怒りがあらわになり、弁護士をたてて争うことになってしまう。ニコール役をヨハンソン、チャーリー役をドライバーが演じるほか、ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタらベテラン実力派俳優が共演。2019年・第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。Netflixで2019年12月6日から配信。日本では配信に先立つ11月29日から、一部劇場にて公開。

2019年製作/136分/アメリカ
原題:Marriage Story
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 ノア・バームバック
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

Netflix映画「マリッジ・ストーリー」 12月6日(金)独占配信開始

映画レビュー

4.0一旦「違う」と感じたら、行き着くところまで行く結婚生活の末路

MPさん
2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

映画監督で脚本家のチャーリーは、ハリウッドでは人気女優だったニコールと恋に落ち、結婚してからはチャーリーの故郷ニューヨークで暮らしている。しかし、互いの価値観の違いから離婚を決意した2人は、当初は円満な協議離婚を目指していたが、別れるとなった途端、意識のすれ違いが俄然表面化して、各々が弁護士を立てて法廷闘争へ。これまでは、「クレイマー、クレイマー」がギリギリ扱っていた問題を、さらに、容赦なく掘り下げようとするのが本作。興味深いのは、離婚という個人の問題が、弁護士の手に委ねられた途端、全く異なる力学によって"劇場化"してしまう点。夫婦の諍いの原因が、ニューヨークvsロサンゼルスという、アメリカ映画が長らくテーマにしてきた土地柄と気性の違いにもあることを、露わにしていく点。何よりも、相手に対して感じた違和感を徹底的に追求した先にある、自分と他者の間にある溝の深さだ。一旦「違う」と思ったら最後、行き着くところまで行ってしまう結婚という行為のギャンブル性が、そして、人間という生き物の脆さが、深く身に沁みる映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
MP

2.5ロイヤー・ロイヤー

2019年12月14日
Androidアプリから投稿

アカデミー作品賞の有力候補として『ジョーカー』の対抗馬にもあげられている本作だが、離婚訴訟を扱った秀作『クレイマー、クレイマー』のリメイク的内容にとどまっており、前評判倒れといった感じの1本だ。ウェス・アンダーソン作品の脚本も何本か書いているバームバック、実は初監督作品となる『イカとクジラ』も観ているのだが、ウェス作品同様自分が苦手とする部類の作り手である。自身の離婚経験を反映させたという本作は、おそらくハリウッドでの映画化を断られやむなくNetflix配信となったのだろうが、そのプロデューサーの目に狂いはなかったという証拠だろう。

新鋭舞台監督として世間に注目され出したチャールズ(アダム・ドライバー)と元ハリウッド女優で現在はチャールズが主宰する前衛劇団の看板女優ニコール(スカーレット・ヨハンソン)の夫婦には、一人息子ヘンリーがいる。長期間にわたる家庭内別居に嫌気がさし、たった1度だけチャールズが浮気したことが原因で離婚を決意するニコール。当初は穏便な協議離婚を考えていた2人だが、やり手弁護士の口車にのせられて一人息子ヘンリーの養育権をめぐる泥沼の離婚訴訟へと発展してしまうのだが…

稼ぎがあり、家事もこなす子煩悩なイクメン夫チャールズのどこがそんなに不満なのか、男の自分にはよくわからんが、要するにハリウッド女優だった頃の栄光が忘れられず、結婚当初は自分より地位の低かった夫にいつの間にか夫婦のポジションを逆転されたニコールのジェラシーが、この映画に描かれている離婚の根底にあるのではないか。女優の奥様との離婚経験があるバウムバック監督ならではのリアリティは感じるのだが、男の私からしてみれば、スカヨハのわがままに付き合わされ全てを失いかけたアダムが不憫でならないのである。

しかもこの離婚で一番の被害を被るヘンリー少年の気持ちがほとんど描けていないという事実が映画としては致命的な気がするのだ。メリル・ストリープ演じる奥さんが突然の家出、仕事人間のダスティン・ホフマンが家事に育児に悪戦苦闘しながら子供との絆を深めていくシナリオになんとも言えないカタルシスを感じるクレイマー2に比べると、両親のエゴだけが大人目線でクローズアップされた本作の演出は、○○賞には輝いたのかもしれないがやはり一般受けは難しいのではないだろうか。

ミュージカルの代名詞ブロードウェイを抱えるNYと、映画の都ハリウッドがあるLAを対比させた演出は、『イヴの総て』と『サンセット大通』の対決を思い出させるが、両親の離婚にしらけっぱなしのヘンリー少年にしてみればどうでもいいこと。「母親は聖母マリアと同等の品格を求められる」とはいいながらボディコンスーツに身をかためるローラ・ダーンと「(離婚訴訟における弁護士の仕事は)善人を貶めること」と言いはなつレイ・リオッタによる弁護士同志のえげつない応酬が最も盛り上がっていただけに、クレイマー2を真似たラストの和解シーンなどこの映画にはそもそも不要だったのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かなり悪いオヤジ

3.5自己実現よりも優先する愛情

Zitaさん
2019年12月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

主演の二人の演技がすごく良かった。言葉で表現できない複雑な愛する感情がバシバシ伝わってきました。結婚っていいなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Zita

3.5男と女

2019年12月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

今や日本の離婚率は35%にも上ると言う。世界を見渡せば、それよりも離婚率が高いと言われるアメリカ。まぁ人口が多い分、当然そうなりますわな。
しかしながら結婚する時は永遠の愛を誓い合い、離婚なんぞ頭の片隅にもないであろう夫婦が如何にして離婚に及ぶのか。そういった内容の映画ではないですが、中々、映画としては興味深い内容である事は確かです。子供の有無の影響も相当なものでしょう。一般論として。
で、この映画は主演2人の演技力が冴えわたる佳作と言えるでしょう。実力派2人を揃えたキャスティングは映画をグッと締めてます。結婚ホヤホヤの夫婦には向かない映画ですが、ややマンネリ化した夫婦には、お薦めの映画となってます。これを見て愛を再確認してみてはいかがでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん
すべての映画レビューを見る(全31件)