英BBC選出「史上最高のアメリカ映画100本」 第1位は?

2015年8月10日 06:00

「市民ケーン」のオーソン・ウェルズ
「市民ケーン」のオーソン・ウェルズ

[映画.com ニュース] 英BBCが、世界各国の62人の映画評論家を対象にアンケートを実施し、「史上最高のアメリカ映画100本(The 100 Greatest American Films)」を発表した。

ここでいう「アメリカ映画」とは、アメリカ合衆国が製作国として名を連ねている作品を指している。したがって、監督やキャストがアメリカ人であるか否かは関係なく、実際に100本中32本はアメリカ人以外の監督によるものだという。それぞれの評論家にベスト10を挙げてもらい、1位に10ポイント、10位に1ポイントを加算するかたちで集計した。

第1位に選ばれたのは、鬼才オーソン・ウェルズが弱冠25歳で発表した「市民ケーン」(1941)。アメリカ映画協会(AFI)や、英BFI発行の「サイト&サウンド」誌が10年に1度、世界中の映画評論家を対象に実施する「史上最高の映画(Greatest Films of All Time)」アンケートでも長年第1位に君臨してきた金字塔的作品だ。

なお、100位までに最多5作品をランクインさせた監督は4人。アルフレッド・ヒッチコック監督(「めまい(1958)」「サイコ(1960)」「北北西に進路を取れ」「マーニー」「汚名」)、ビリー・ワイルダー監督(「アパートの鍵貸します」「お熱いのがお好き」「深夜の告白」「サンセット大通り」「地獄の英雄」)、スタンリー・キューブリック監督(「2001年宇宙の旅」「バリー・リンドン」「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」「アイズ ワイド シャット」「シャイニング」)、スティーブン・スピルバーグ監督(「ジョーズ」「未知との遭遇」「シンドラーのリスト」「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」「E.T.」)だった。

トップ30までは以下の通り。

1.「市民ケーン」(1941)
2.「ゴッドファーザー」(1972)
3.「めまい(1958)
4.「2001年宇宙の旅」(1968)
5.「捜索者」(1956)
6.「サンライズ」(1927)
7.「雨に唄えば」(1952)
8.「サイコ(1960)
9.「カサブランカ」(1942)
10.「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
11.「偉大なるアンバーソン家の人々」(1942)
12.「チャイナタウン」(1974)
13.「北北西に進路を取れ」(1959)
14.「ナッシュビル」(1975)
15.「我等の生涯の最良の年」(1946)
16.「ギャンブラー」(1971)
17.「黄金狂時代」(1925)
18.「街の灯(1931)
19.「タクシードライバー」(1976)
20.「グッドフェローズ」(1990)
21.「マルホランド・ドライブ」(2001)
22.「グリード」(1925)
23.「アニー・ホール」(1977)
24.「アパートの鍵貸します」(1960)
25.「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989)
26.「Killer of Sheep」(1977/日本未公開)
27.「バリー・リンドン」(1975)
28.「パルプ・フィクション」(1994)
29.「レイジング・ブル」(1980)
30.「お熱いのがお好き」(1959)

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com