レイジング・ブル

ALLTIME BEST

劇場公開日

レイジング・ブル
14%
52%
27%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1940~50年代に活躍しミドル級チャンピオンにも輝いた実在のボクサー、ジェイク・ラモッタの半生を、「タクシードライバー」のマーティン・スコセッシ監督&ロバート・デ・ニーロ主演コンビが映画化。後に「ブロンクスの猛牛」とも呼ばれるようになるジェイクが、八百長試合を強いてくる組織との関係などに悩まされながらも栄光をつかみとる。しかし、妻のビッキーやセコンドを務める弟ジョーイに対し猜疑心や嫉妬心を募らせていき、信頼できる人間が離れていくことで凋落していく。主演のデ・ニーロは引退後のラモッタの姿を再現するため27キロも増量して挑み、アカデミー主演男優賞を受賞。体型をも変化させる徹底した役作りを意味する「デ・ニーロ・アプローチ」という言葉を生むきっかけとなる。

1980年製作/129分/アメリカ
原題:Raging Bull

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 ゴールデングローブ賞(1981年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) ロバート・デ・ニーロ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 ジョー・ペシ
最優秀助演女優賞 キャシー・モリアーティ
最優秀監督賞 マーティン・スコセッシ
最優秀脚本賞 マーディク・マーティン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.5ボディーブローのように効いてくる映画史に残る名作

和田隆さん
2020年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
和田隆

4.0ウェイトコントロール

2020年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

3.0レイジングブル

alextmさん
2020年10月17日
iPhoneアプリから投稿

デニーロの演技で持ってるような作品?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alextm

4.0【1940年代の実在のボクサー”ブロンクスの野牛”ジェイク・ラモッタの絶頂期から醜く太り零落していく姿を、ロバート・デ・ニーロが”デ・ニーロスタイルで演じた作品。】

NOBUさん
2020年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

悲しい

怖い

ーこの作品は、何年かけて製作したのだろう・・と思わせるほどの、ロバート・デ・ニーロの1940年代にミドル級ボクサー(時にチャンピオン)を演じた時の、引き締まった体型と、僅か20数年後の腹が突き出た醜く太った姿のギャップに驚かされる・・。-

■印象的な事
 ・ミドル級ボクサーとして活躍していた時代の、最大のライバル、シュガーとの3戦を含めたボクシング戦の描き方。
ー迫力は十分だが、一線を描く時間の短き事。多数の試合を2時間強の尺の中で描いているからであるが・・、-

 ・ラモッタの病的な、2番目の妻になった最初に会った際には15歳だった少女ビッキーへの執着心と猜疑心。それは、弟の彼のマネージャーを務めていたジョーイ(ジョー・ペシ)にも及ぶ。
ー可なり、常軌を逸した人物であったらしいが、ロバート・デ・ニーロが見事にその狂気性を帯びた人物を演じている。

 ・宿敵のシュガーに敗れた後、彼は”ジェイク・ラモッタの店”というバーを開くが、その時点での彼の風貌が見事な太鼓腹であり、顔はパンパンで、”同一人物か?”と思ってしまうほどの変わりようである。

<”デ・ニーロ・アプローチ”と言う言葉を象徴する作品。彼は、いったい今作製作中に何キロ体重を増減させたのだろう・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「レイジング・ブル」以外にこんな作品をCheck-inしています。