めまい(1958)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
めまい(1958)
20%
60%
15%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アルフレッド・ヒッチコックのフィルモグラフィの中でも傑作と名高いミステリーサスペンス。刑事ジョン・ファーガソンは、逃走する犯人を追撃中に屋根から落ちそうになる。そんな自分を助けようとした同僚が誤って転落死してしまったことにショックを受けたジョンは、高いところに立つとめまいに襲われる高所恐怖症になってしまう。そのことが原因で警察を辞めたジョンの前に、ある日、旧友のエルスターが現れる。エルスターは自分の妻マデリンの素行を調査してほしいと依頼。マデリンは曾祖母の亡霊にとり憑かれ、不審な行動を繰り返しているという。ジョンはマデリンの尾行を開始するが、そんな彼の見ている前でマデリンは入水自殺を図り……。原作はフランスの作家ボワロー=ナルスジャック(ピエール・ボワロー&トーマス・ナルスジャック)のミステリー小説。ジョンが見る悪夢やヒロインによる真実の告白など練り上げられた演出が冴える。日本初公開は1958年。2014年、特集企画「スクリーン・ビューティーズ」の第3弾「ヒッチコックとブロンド・ビューティー」にて、デジタルリマスター版が公開。

1958年製作/128分/アメリカ
原題:Vertigo
配給:マーメイドフィルム
日本初公開:1958年10月26日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 アカデミー賞(1959年)

ノミネート

美術賞  
音響賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1958 Alfred J. Hitchcock Productions, Inc & Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. Restored Version (C)1996 Leland H. Faust, Patricia Hitchcock O'Connell & Kathleen O'Connell Fiala, Trustees under the Alfred J. Hitchcock Trust. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0高度な映画技法に“めまい”がする

和田隆さん
2020年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
和田隆

4.0なかなか面白い

2020年8月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ヒッチコックといえばこの作品が有名ってしっていたが、長年見ないでいた。見てみれば、なかなか引き込まれ、キムノヴァクとジェームズスチュアート見たさにあっという間に最後まで鑑賞、カメラワーク、風景、ファッション、サスペンス、ラブストーリーなどなど見るべきものたくさん、映画好きの大人におすすめかな、エロもグロもないから安心してワイン飲みながら見られます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画は大切な友

2.0残念、二つの点から名作なり損ね

2020年7月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

NHKのBS放送を録画して
十数年ぶりに再鑑賞。
この映画は「サイコ」や「裏窓」等と並んで
評価の高いヒッチコックの作品だが、
次の2点からどうしても名作に挙げられない。

一点目は、これはヒッチコックが
スタッフの反対を押し切って採用したとして
有名な話だが、中盤過ぎにカラクリを
明かしてしまった件だ。
もし謎が最後まで維持され、
ラストの二人が階段を駆け上がるシーンが、
現在と事件当日双方を
細かくカットバックして描かれていたら、
中盤の種明かしパターンの本作以上に
大変な驚きとサスペンスフルな盛り上がりで
どんなに高い評価になっていたかと思うと
残念で仕方が無い。
この点について私はサスペンスの巨匠が
男女の心理表現にこだわりすぎた“勇み足”
と考えている。

二点目は、ホテルのシーンだ。
真相が分かっていない段階では、
入っていったはずの妻を
女支配人が見ていないとの話に、
これはどんなカラクリなのかと不思議だった
場面だが、真相が判明されてからは、
なるほど本当の妻は
ホテルに入って来ていない訳だから
女支配人が「奥様は来ていない」と証言
したと思われる。
そして偽妻は非常口かどこかから
ホテルの外に出て車に乗り去った
と監督は言いたいのだろう。
しかし待って欲しい。
偽妻の容姿は本妻にかなり似ていたはずだ。
しかも女支配人が証言したのは
彼女がホテルに入った直後。
女支配人の口から
「そう言えば奥様に似た方が先程入られ
ましたね」との証言が出るのが自然だろう。
このような脚本の不徹底さは世界興行レベルの作品では許されない。
あえて言えば、このホテルエピソードは
カットすべきシーンだ。
あるいはこの女支配人も夫の手の者
と言うのだろうか。

以上の2点から、「めまい」は惜しい、残念
なヒッチコック作品と言わざるを得ない。
これらの点について、
どなたに御意見をいただけましたら。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KENZO一級建築士事務所

4.0美しいサスペンス映画

こころさん
2020年6月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

キム・ノヴァクが美しく、独特なカメラワークが
面白い。

揺れる女心が、巧みに描かれていた。

全く予想していなかった展開で、見応えが有りました。

NHK - BSを録画にて鑑賞

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
こころ
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「めまい(1958)」以外にこんな作品をCheck-inしています。