ハウス・オブ・グッチ

劇場公開日:

ハウス・オブ・グッチ

解説

巨匠リドリー・スコット監督が、ファッションブランド「GUCCI(グッチ)」の創業者一族の崩壊を描いたサスペンスドラマ。サラ・ゲイ・フォーデンのノンフィクション小説「ハウス・オブ・グッチ」を原作に、グッチ一族の確執と3代目社長マウリツィオ・グッチ暗殺事件を描き出す。1995年3月27日、GUCCI創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオが、ミラノの街で銃弾に倒れた。犯人の特定が難航する中、犯行を指示した驚きの黒幕が明かされる。マウリツィオの妻で、グッチ家の崩壊を招くパトリツィア・レッジャーニを「アリー スター誕生」のレディー・ガガ、夫マウリツィオ・グッチを「マリッジ・ストーリー」のアダム・ドライバーが演じ、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジャレッド・レトが共演。

2021年製作/159分/PG12/アメリカ
原題:House of Gucci
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第94回 アカデミー賞(2022年)

ノミネート

メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) レディー・ガガ
詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29
  • 画像30

(C)2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5面白いんだけど、オスカー案件になり損ねちゃったヤツ

2022年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

まず、何が面白かったかって、客層ですよ。六本木ヒルズで見たんですが、お客さんが見るからにお金持ち風で、グッチとか普通に持ってそうで、新宿や日比谷のTOHOシネマズとは全然違うというね。客席眺めて「へー」ってなりました。あと、映画も想像と違ってて面白かった。

しかしこれ、レディー・ガガとジャレッド・レトはオスカー獲りに行った案件だと思いますが、2人とも見事にノミネートから漏れましたよね。ノミネートされたのは、「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」1個だけというしょっぱい結果に。オスカー案件となり得なかった原因は、観客の共感が集めにくいストーリーだってことじゃないでしょうかね。感情移入できるキャラもなかなか不在でした。でも、この事件のことは知らなかったので、とても勉強になりましたね。公開からだいぶ経ってましたけど、見といてよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
駒井尚文|映画.com編集長

4.0怪物ぞろいの色彩をキャンバス上で大胆に使いこなす

2022年1月16日
PCから投稿

こちとらブランド物とは縁もゆかりもない人間だが、本作の筆運びにグイグイ引き込まれた。名門一家の物語といってもヴィスコンティ映画のように格調高くはならず、愛憎サスペンスと言っても目を覆うほどではない。全ては適度に品位を保ちながらグッチ家の内情へとテンポよく迫っていくが、何より刮目すべきは怪物ぞろいの俳優陣だろう。レディ・ガガの凄みもさすがではあるものの、彼女が一人で暴れるというよりは、むしろ一人一人と対峙し彼らの真価を十二分に引き立てていることを高く買いたい。そしてここで最も怪物性を発揮するのは、やはり出演者の個性を自在に配色するスコット自身だろう。自転車、車、ボート、バイクなど”乗り物”や、随所に現れる”水に浸る”イメージ(それは時として雪や泥になる)を用いた表現も実に効果的。かくなる語り口の鮮やかさゆえ、観賞後は愛憎劇のドロドロに増して、単純明快な「楽しかった」という感情の方が上回った。

コメントする
共感した! (共感した人 33 件)
牛津厚信

4.5レディー・ガガ、アダム・ドライバーらの演技が光る、リドリー・スコット監督による「GUCCI(グッチ)」創業者一族の30年間を描いたサスペンス映画。

2022年1月14日
PCから投稿

私は「GUCCI(グッチ)」というイタリアのファッションブランドは社会常識としては知っていましたが、正直そこまでの関心はなく今回の創業者一族の話も知りませんでした。そのため結末なども全く知らず、興味深い「巧みなドキュメンタリー映画」のように見ることができ純粋に面白かったです。
本作は2000年に発売されたノンフィクション小説「ハウス・オブ・グッチ」という原作がベースの実話で構成されていますが、1970年から30年間という期間が描かれているため、さすがに映像表現も含めディテールで誤差があるのは当然のことでしょう。
そのため、本作はGUCCI一族から非難されています。
とは言え、アメリカでは「バイス」のように実在の政治家らがノンフィクションで描かれている作品も多く、「さすがにここまで描いたら問題が起こるのでは?」という作品も少なくありません。ただ、意外と文句を言われずに済んでいるケースが多いのは興味深い点です。
「アリー スター誕生」で才能を開花させたレディー・ガガの演技は本作でも健在で、他の役者陣を含め演技でも見応えがありました。
個人的には、作中で「日本語」が出てきて、これらのシーンは単純に面白いのですが、「当時の日本とGUCCIの関係性」をよく表していて、日本向けの作品でもあると感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 50 件)
細野真宏

4.0レディー・ガガの愛情が憎しみへ変貌を遂げていく表情が秀逸 そしてジャレッド・レトが……

2022年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

実際に起こった暗殺事件と聞くと大昔の話かと思いきや、1995年3月27日の出来事。
筆者の記憶にも断片的にニュースを読んだ記憶があります。
純粋に恋をして、幸せな結婚生活をスタートしたはずだったグッチ創業者の孫にあたるマウリツィオとパトリツィア。今や世界的なメガブランドへと成長したグッチが、イタリアの老舗ブランドながら新新ブランドの後塵を拝していた頃の話だが、グッチの経営に口を挟もうとしては「君はグッチじゃない」と疎外され続けたパトリツィアの愛が憎しみへと変わっていくさまを体現したレディー・ガガの役作りには感服します。
そして、アダム・ドライバー、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズらが好演しているが、何よりもジャレッド・レトの怪演は必見。この役を本人はきっと、嬉々として演じたんだろうなということが誰の目にも明らかで、圧巻です。

コメントする
共感した! (共感した人 41 件)
大塚史貴
すべての映画レビューを見る(全339件)

他のユーザーは「ハウス・オブ・グッチ」以外にこんな作品をCheck-inしています。