ナッシュビル
ホーム > 作品情報 > 映画「ナッシュビル」
メニュー

ナッシュビル

劇場公開日

解説

テネシー州ナッシュビルで開催されるフェスティバルにたくさんの参加者たちが集まってくる。イギリスからやってきたテレビのレポーター、様々な事情を抱えた歌手たちとその取り巻き、そしてファン、夫のもとから逃げてきた女性や旅の果てに流れ着いた者、さらに大統領候補とキャンペーンのスタッフ。聴衆が見守る中、コンサートが始まるが……。多彩な登場人物たちのエピソードが最後にはひとつに収束。その展開も見事な集団劇。2011年8月、特集上映「ZIGGY FILMS '70s '70年代アメリカ映画伝説 第2弾」でリバイバル。

キャスト

作品データ

原題 Nashville
製作年 1975年
製作国 アメリカ
配給 日本スカイウェイ、アダンソニア
日本初公開 1976年4月
上映時間 159分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第48回 アカデミー賞(1976年)

受賞
主題歌賞 “I'm Easy”
ノミネート
作品賞  
監督賞 ロバート・アルトマン
助演女優賞 ロニー・ブレイクリー
助演女優賞 リリー・トムリン

第33回 ゴールデングローブ賞(1976年)

受賞
最優秀主題歌賞 “I'm Easy”
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 ヘンリー・ギブソン
最優秀助演女優賞 ロニー・ブレイクリー
最優秀助演女優賞 ジェラルディン・チャップリン
最優秀助演女優賞 バーバラ・ハリス
最優秀助演女優賞 リリー・トムリン
最優秀監督賞 ロバート・アルトマン
最優秀脚本賞 ジョーン・テュークスベリー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

24人以上の人物を描きながら、アメリカの見取図を浮上させる監督の力技
ナッシュビルの映画評論・批評

「M★A★S★H」「バード★シット」「ギャンブラー」に「ロング・グッドバイ」と続く監督ロバート・アルトマン1970年代の快作群。中でも75年、50歳の監督が放った「ナッシュビル」は、お気に入りのマルチプロットによる話術のスリルを見せつ...ナッシュビルの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全5件)
  • 自分には何がやりたいのか全然分からなかった。すごく長く感じた。 追... 自分には何がやりたいのか全然分からなかった。すごく長く感じた。 追記 町山さんの解説を聞いて少しわかった気がする。でも24人も登場人物出す必要あったのか ...続きを読む

    コーヒー コーヒーさん  2018年9月30日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 知らない人だらけ 日本人にとって三谷幸喜作品なら登場する役者はほとんど知ってる状態でその前提で演技・演出を楽しむけど、この作品はそうではないのでキツい。そして長い。最後の15分くらいだけでも良かったかも。 ...続きを読む

    霧霧 霧霧さん  2017年6月3日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • みんなまじめでみんなクズ! アメリカのカントリー音楽が盛んな田舎町で起こる群像劇。 ようやく見れた。 糸がからまってからまって最後はハサミでぶったぎる。 淡い願いと愚かな人の歌が残る。 あれ、最高じゃん? ...続きを読む

    あした あしたさん  2017年1月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi