パルプ・フィクション

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
パルプ・フィクション
35%
49%
13%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クエンティン・タランティーノが「レザボア・ドッグス」に続いて手がけた監督第2作で、1930~40年代のアメリカで流行した大衆向け雑誌の犯罪小説(=パルプ・フィクション)をモチーフに、3つのエピソードが交錯する斬新なスタイルで描いたクライムドラマ。ギャングのビンセントとジュールスは組織を裏切った青年の家を訪れ、盗まれたトランクを取り返す。また、ボスから愛妻ミアの世話を頼まれたビンセントは彼女と2人で夜の街へ繰り出すが、帰り際にミアが薬物を過剰摂取し昏睡状態に陥ってしまう。一方、落ち目のボクサーであるブッチは八百長試合を引き受けるが裏切って勝利を収め、恋人とともに街から逃亡を図る。出演はジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン。当時キャリアが低迷していたトラボルタは本作で一気にスターの座に返り咲いた。第47回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドール、第67回アカデミー賞で脚本賞を受賞。

1994年製作/154分/アメリカ
原題:Pulp Fiction
配給:松竹富士

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第18回 日本アカデミー賞(1995年)

ノミネート

外国作品賞  

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

受賞

最優秀脚本賞 クエンティン・タランティーノ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジョン・トラボルタ
最優秀助演男優賞 サミュエル・L・ジャクソン
最優秀助演女優賞 ユマ・サーマン
最優秀監督賞 クエンティン・タランティーノ

第47回 カンヌ国際映画祭(1994年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール クエンティン・タランティーノ

出品

コンペティション部門
出品作品 クエンティン・タランティーノ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.5【「エゼキエル書25章17節」”おバカな小悪党達”のテンポ良き、ループストーリー。】

NOBUさん
2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

笑える

怖い

幸せ

ータラちゃんの作品の中でも、”可笑しさ面白さ”で頭一つ抜けている作品。ー

ー破綻なき、ストーリーテリングも魅力である作品。-

 ◆冒頭、ファミリーレストランでパンプキン(ティム・ロス)とハニー・バニーがいきなり銃を振りかざし、”金を出せ”と叫ぶシーンから始まり、”おバカな話”を絶妙に挟みつつ物語は進む。

 ■映画の内容は多くの方がご存知だと思われるので、観る度に笑ってしまうシーンを幾つか、列挙する。

 ・ヴィンセント(ジョン・トラボルタ)がボス、マーセルスの妻ミア(ユマ・サーマン)と”ボスの指示で”食事に出かけるシーン
 二人は食事して、踊ったりする(このシーン、好きである。)がミアがオーヴァー・ドーズのため、死にかけ”慌てて”知り合いの売人の家に押しかけ、蘇生させるドタバタ感が可笑しい。(余程、怖いボスらしい・・)

 ・金時計に纏わるシーン
  冒頭、幼きブッチ(ブルース・ウィリス:現在、落ち目のボクサー)の前に、クーンツ大尉(名優 クリストファー・ウォーケン)が現れ、”これは君の父親の形見だ・・・”と真面目な顔で言って、二人の男の”ある場所”の中に長年隠していた金時計を渡すシーン。

ー ”ええっ、いらないよ・・。汚いよ・・”と思いつつ、かの名優が真面目な顔で話をする姿に、何度観ても笑うシーンである。ー

 そして、大人になったブッチはマーセラスを裏切り、ノミ行為で大金をせ占めるが、逃げる時わざわざ金時計を危険を冒して取りに行く・・・。
ー ”あんな金時計、どうでも良いじゃん!”と心中、突っ込みつつ、鑑賞。又、怖い筈のマーセラスがバックからヤラレちゃっている所も可笑しい。ー

 ・ザ・ウルフ(ハーヴェイ・カイテル)が華麗に登場するシーン
 ヴィンセントが車の中で銃を暴発させてしまい、”お掃除屋”として、”10分以内に到着する”と言って、”きっちり、9分と37秒で登場”

 伊達なスーツと蝶ネクタイをビシッと決める姿と、”お掃除させられた”ヴィンセントと”殺しの前には「エゼキエル書25章17節」をきっちり唱えるジュールス(サミュエル・ジャクソン)の間抜けなTシャツ姿の対比。
 ここも、笑える。(タラちゃんもちゃかり、登場している・・)

 ◆そして冒頭のファミリーレストランのシーンに戻り、ヴィンセントとパンプキンが対峙するシーン。ここでも、「エゼキエル書25章17節」が唱えられるが・・。

<”おバカで、どうでも良い話”を幾つも挿入しながらのあの、見事なエンディング。タラちゃん、何度観ても流石です・・。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU

4.0映画

PULPさん
2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿

映画の美しさ、カッコよさの表現や雰囲気をすべて詰め込んだ映画です。話はもちろんパルプフィクションなので面白くはないですが、クセになる映像なんですよね笑くだらない話という題名がまた本当に良い。
ただ世界一他人にオススメしにくい映画です。
映画好き界でも好き嫌い分かれる作品です。
脚本、ストーリー重視の人は絶対好まないと思います笑
映像好きには是非!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
PULP

5.0音楽と雰囲気好み。言うまでもなく。

さん
2020年4月13日
スマートフォンから投稿

音楽と雰囲気好み。言うまでもなく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鈴

4.0痛快でカッコいい。

2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この作品は見た事があったが、テレビでやってたのでつい最後まで見てしまった。レザボアみたいな時系列で進む映画だが、章仕立てになっている。ブルースウィリスが刀をぶん回すシーンとかめちゃくちゃなシーンが多い映画だが笑えるし、カッコいいオンリーワンな魅力が詰まった名作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Journeyman
すべての映画レビューを見る(全125件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「パルプ・フィクション」以外にこんな作品をCheck-inしています。