アイズ ワイド シャット

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アイズ ワイド シャット

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。脚本は19世紀末の文豪アーサー・シュニッツラーの『Tarumnovelle』を原典にキューブリックとフレデリック・ラフェエルが執筆。製作総指揮はキューブリック作品の常連であるジャン・ハーラン。撮影(クレジットはライティング・キャメラマン)はラリー・スミス。音楽は英国で活動するジョスリン・プーク。美術はレスリー・トムキンズとロイ・ウォーカー。編集はナイジェル・ゴルト。衣裳はマリット・アレン。出演は実生活でも夫婦であるトム・クルーズ(「ザ・エージェント」)とニコール・キッドマン(「プラクティカル・マジック」)、監督でもある「夫たち、妻たち」のシドニー・ポラック、「ツイスター」のトッド・フィールド、「日曜日のピュ」のマリー・リチャードソン、「ディープ・インパクト」のリーリー・ソビエスキー、「恋のレディ&レディ?・」のヴィネッサ・ショーほか。、

1999年製作/159分/アメリカ
原題:Eyes Wide Shut
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

クリスマス前後のニューヨーク。ウィリアム(トム・クルーズ)とアリス(ニコール・キッドマン)は結婚して9年目。7歳になる娘ヘレナをもうけ、瀟洒なアパートメントに暮らしている。その晩、ウィリアムの知人であるヴィクター(シドニー・ポラック)のパーティに出かけ、ウィリアムはふたりのモデルから誘惑されるが、ヴィクターから呼び出され、マンディというへロイン中毒になった娼婦の治療を頼まれる。その間、アリスはハンガリー人を名乗る中年紳士の誘惑を受けながらダンスを続けていた。帰宅後、寝室でマリファナでラリったアリスはウィリアムに思いがけない告白をする。以前、家族で出かけたヴァカンス先のホテルで、視線が合った魅惑的な海軍士官に浮気心を抱いだというのだ。妻を信用していたウィリアムはこの言葉に衝撃を受ける。老人の患者が急死して呼び出されたウィリアムは、妻が他の男に抱かれている妄想が頭から離れないまま、深夜の街をさまよう。娼婦ドミノ(ヴィネッサ・ショー)の誘いで彼女のアパートまでついていったが、アリスの電話でことは果たさぬまま立ち去る。次に彼はヴィクターのパーティで再会した大学の同級生でいまはピアニストをしているナイチンゲール(トッド・フィールド)を訪ね、彼から秘密の乱交パーティがあると知らされる。黒装束に仮面をつけ、仮装して郊外の館に乗り込んだウィリアム。なぜかひとりの女がすぐに立ち去るようにと忠告する。いぶかしく思う間に、彼は屈強な男に連行されるままに、居並ぶ人々の前でひとりだけ仮面を外し、裸になれと強制される。その場は例の女のとりなしでおさまったが、翌日、彼がナイチンゲールを訪ねると、彼は何者かに強制的にホテルを追い立てられていた。さらに彼には不審な尾行者がつきまとう。新聞には元ミスコンの女王がドラッグの過剰摂取で急死したという事件が出ており、彼が死体を確認してみると、それは昨晩の館の女だった。館に赴くと、「これ以上詮索するな」と脅迫の手紙が渡される。直後、今度はヴィクターに呼び出されたウィリアムは、思いがけず彼から事件の真相を聞かされた。館の女はパーティで彼が診たマンディだった。彼女はあの館に出入りする娼婦で、ヴィクターもその秘密の会員のひとりだったのだ。帰宅した彼は、眠るアリスの傍らに彼が館で使った仮面があるのを見つけ、ついに彼女に全てを告白した。娘のヘレナのプレゼントの買い物に出たふたり。アリスは夫婦の絆をもう一度確かめあおうと語るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

0.5ただの変態話

2019年10月29日
PCから投稿

これだけのキャストで、よくこんなもの作れたな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0漂う不穏な気配に終始ドキドキ。

かやはさん
2019年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

ニコール・キッドマンの肢体が美しすぎる。特にお腹。トムクルーズもハンサム過ぎて、まあ、そうなるようなあと思う展開になっていく。明らかに主役二人が美しくて、美しさは人を魅了する絶対的な力なんだとよくわかる。しかし当人にとっては面倒臭いことこの上ない力だわ。現実の職業は医者さんじゃなくて俳優をでよかった。感情という熱は、些細な冷や水ですぐに冷めてしまうということがよくわかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かやは

5.0これ程愛せるのか、それとも、独り相撲

2019年1月24日
PCから投稿

秘密クラブは大したこと無いが、トムが行き着く心の漂流加減が素晴らしい。
妻一筋、妻の空想だけで人生を踏み外そうとする激情。
ストリートガールとの心の触れ合い、と再会と、エイズと別れ。
レンタル服屋の娘の乱行。
ヤケクソ気味のトムの行動にハラハラする二時間余り。
せめて、トムが酷い目に遭わないように観ながら。
エロい場面がないか目を皿のようにして、最初だけでしたが。
ニコールキッドマンは不倫してると思いましたよ。
見た目がそうだから、そうなら平凡すぎるか。

医者がこれ程神通力があるとは思いませんでした。
刑事みたいに話は聞けるし、何処でも入れるし。

兎も角、トムが全力でやれば、こんなストーリーでも名作になるのです。
ボケたキューブリックであるとしても。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0聞かぬが華、言わぬが華 それも男女の信頼の証なのだ

あき240さん
2018年12月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原題はEyes wide openの反対の意味でつけられている
見たくないことなら初めから見るな
つまり、知りたくないことは無理に知ろうとするな
そのような意味だろう

共に30代半ばの夫婦、まだまだ若い
美男美女の人も羨む取り合わせ
しかも主人公の仕事は医者で若くとも周囲に信頼され尊敬されている
住まいはNYの都心の一等地の広いマンションだ
つまり完璧な夫婦をモデルとしている訳だ

しかし結婚9年目、子供は7歳で手はまだまだかかるが幼児の頃程ではない
つまり倦怠期だ
夫婦の間には最早恥じらいなどもない
結婚歴の長い人なら冒頭のシーンなどは洋の東西問わずどんな夫婦でもこうなるのかと苦笑いだろう

突然妻のアリスが不機嫌になる
ゴダールの軽蔑を思わせるようなシーン
本作では何故不機嫌になったかを説明してくれるのだが、やっぱり意味不明
恐らく言っている本人もよく分かっていない
真の原因は別のところにある
女性との暮らしが長い男ならこんなことは、たまには起こることで、こうなったらもうどうしようもないことは知っている
言葉を尽くしても無駄だ、理屈は通じない
男にできるのは抱きしめることだけだ

なのに知らなくても良いこと、聞かなくても良いことを聞いてしまう
そんなことはろくでもない結果しか生まないことはある程度年を重ねたら分かることだろうが、この夫婦は見せ合ってしまう
その顛末が本作の物語だ

夫婦なら、売れないピアニストの様に目隠しをさせて見て欲しくないものは見せないようにするべきだ
夫婦の役割を果たせばよいのだ
弛んだ目隠しから見えた光景を口走っては駄目だ
知らないふりをしなければならない
それが大人だ

男女の間には、愛し合っていればいるほど知らないでいることの方が良いことがある
言うべきことでは無いことが男にも女にもあるのだ
あなたにも独身時代のことや、結婚してからの事もそれこそ山ほどあるはずだ

モヤモヤしたトム・クルーズが街をふらつくようなことは、秘密パーティーは流石に映画だけのことかも知れないけれど、どれもこれも男なら大なり小なり心当たりはあるはずだ
日本なら手っ取り早く風俗に行ってるだろう

その間合いを知って、見えない部分を残しつつそれでも相手を信頼できるかどうか
男女が共に暮らして行くにはそれしかない
そしてたまにギクシャクしたなら、それを修復するのは言葉ではない、それはファックだ、今すぐしろ
つまりこれが本作のテーマなのだと思う

トム・クルーズ、ニコール・キッドマン夫妻をキューブリック監督が主役に起用したのは、どちらも性的アイコンとして確立しているからであろう
セックスを正面から扱うという宣言だ
そして本当の夫婦だからこそ起こる演技を超えた何かを求めていたのだと思う

ニコール・キッドマンは監督の期待に見事に応えた名演技だ
パーフェクトだと思う

しかし、問題はトム・クルーズだ
若くて真面目でハンサムな良くモテる医師という役柄にとらわれ過ぎだ
感情の動きが平面的で、人間の多面的な側面をあのような驚くべき展開のなかで平板な演技しか出来てない
監督が「本作は彼が滅茶苦茶にした完全な失敗作だ」と発言するのもむべない
しかしそれはキューブリック監督が細かく厳密に指示したものだろう
監督は自分のそれを超えてくる演技以上のものが欲しかったのだろう
彼なら自分の思いもつかない演技をしてくれるかもしれない
なのに予想を超えてくれなかった失望
それがその発言の真意だと思う
さすがのトム・クルーズもキューブリックに萎縮していたのかも知れない

郊外の屋敷での秘密パーティーのシーン
そして妻の夢との不思議なリンクと仮面の忘れ物発見シーンに続く玩具店でのニコール・キッドマンの決めセリフのシーン
これらは本当に見事でキューブリック監督も改心の出来と思ったろう
それだけに監督は配役あるいは演技指導の失敗を悔み自分を責めたのだろう
そのせいかも知れないが、監督は試写会5日後に監督は原因不明の心臓発作で急死してしまうのだ
もっとトム・クルーズに自由にやらせるべきだったのかも知れない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全28件)

他のユーザーは「アイズ ワイド シャット」以外にこんな作品をCheck-inしています。