街の灯(1931)

ALLTIME BEST

劇場公開日

51%
41%
8%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「サーカス」に次ぐチャールズ・チャップリン作品で、例によって自ら原作脚色監督主演したもの。カメラはチャップリン映画専属のローランド・トセローがゴードン・ポロック及びマーク・マークラットを助手としてクランクしている。助演者はこの映画でデビューしたヴァージニア・チェリル、ハリー・マイヤース、「進めオリンピック」のハンク・マン、アラン・ガルシア等である。チャップリンは発声映画反対主義であるから、台白は用いず擬音と伴奏楽のみを付してある。なお本邦上映の分には日本字幕が挿入されている。

1931年製作/87分/アメリカ
原題:City Lights

ストーリー

ある都で盛大な銅像除幕式があった。紳士貴女こもごも立って祝辞を述べた後に、いざ像を覆っていた幕が引き下されると、驚くベし、この像の上には一人のみすぼらしい小男が眠っていた。で、人々の驚駭と叱声の中に、この小男は狼狽して逃げ出したのであるが、こうして宿をも失われたこの浮浪者にとっては身投げでもするより外にすることがない様に思われた。ところが、この浮浪者が、計らずも、街角で花を売る娘を見て胸を踊らせたのである。しかも、この盲目の娘は彼女に大金を恵んだ紳士が彼であると思い込んで彼の手を握っては感謝の言葉を述べるのであった。そうなっては、彼も男であった。彼は初恋に胸をときめかせ、そして働いて金を儲け彼女と交際しようと考えた。そして、まず街の清掃作業員になった。で、金が入ると、彼女の家へ堂々として紳士らしく訪問していき、いじらしい盲目の娘が、つつましく彼と話をしたり、やさしく微笑んだりするのを眺めては、思慕の情をやっていた。が、恋というものは、仲々成らぬものである。彼は職を失った。その上に娘は病気になった。大切な恋人の病を癒す大金がいる。そこで彼は賞金目当てにボクシングに飛入りした。が、所詮は素人の小男の彼だった。リング上を修羅の如くに荒れ廻りはしたが、遂には彼は手痛く叩きのめされてしまった。絶望だった。暗い夜だった。彼はトボトボと街を歩いた。すると、その彼の目の前に現われたのは、酔っ払いの百万長者だった。この金持ちは酔うと、やア親友と、叫んでは浮浪者たる彼の首っ玉にも跳びつく癖のある男で、彼も幾度かその邸宅に引っ張られて夜を明かしたことがある、が、ただ残念なことには、酔いがさめると、もう全然酔中のことは忘れているということであった。で、金の探索に困り抜いていた彼は金持ちのこの由を相談すると、そこは大金持ちでその上に酔っていたので、金持ちは大いに気前よく彼を我家に招じたうえに金1千ドル也をポンと投げ与えた。が、間の悪い時には悪いもので、ここへ強盗が押し込んで来て、そこに活劇となり金持ちは叩きのめされた。で、正気に返ると金持ちはもう先刻の親友を認識してはいない。こいつは強盗の仲間だ、というので彼は弁解も聞き入れられず、罪もないのに捕まえられてしまった。が、でも、彼は、一寸した隙に1000ドル娘に届けることだけはできた。それから年は過ぎて、無実の刑に服した彼が、また町に出て来たとき、裟婆の風は冷たく彼を吹いた。むごく、わびしい人生だった。が、その彼はふと、ある花屋の前に立と、その店内に、いそいそと立ち働くかつての盲目の恋人を見つけた。あの1000ドルで彼女は目も見えるようになったらしい。だが、それとは知らぬ娘は、いつまでも店の前に立っている彼を見て、これはお乞食さんだと思った。だが、気立てのいい彼女は、なにがしかの金を彼に恵んでやろうと、店から出てきた。そして金を彼の手中に押し入れた。が、そうして手に触ったとき、かつての記憶が呼びかえった。あなたでしたか.....。この言葉が娘の口から漏れたときは彼も娘も、もう千万無量の思い出、じっと顔と顔とを見合わせて突っ立っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0私の生涯の一本

2020年5月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館、TV地上波

泣ける

笑える

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ねこ太ん。

4.5【無償の献身】

NOBUさん
2020年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

幸せ

萌える

 名作中の名作であるので、久しぶりに鑑賞した感想のみを記す。

 ・自分自身が貧しいのに、目の不自由な花売りの娘を助けようと奮闘するペーソス感も漂う貧しいが心優しき男の姿。

 ・富豪の男が自死を止めて貰ったお礼に”酔っぱらっているときだけ”男を”親友”と思う設定の絶妙さ。
 (だって、素面になると忘れて、酔うと思い出すって有りえないでしょう?だが、この設定が今作の可笑しみを高めているのだから、チャップリンの脚本というか、人物設定が素晴らしい)

 ・お金を稼ぐためにいかさまボクシングに出るシーン。
 ー個人的に”白眉”のシーンー
 レフリーの後ろに隠れながら、ちょいちょいジャブを繰り出し、そのうち、レフリーと男と相手の3人の変なダンスに見えるシーンは何度観ても、笑う。

 ・娘の毛絲を巻くお手伝いのシーン。
 いつの間にやら、自分の衣服の毛絲が巻き取られていくのに、(娘は見えない・・)困ったなあという顔をしながらも最後まで巻き取られてあげる男の表情。

 ・富豪の男から貰った大金を娘に渡すシーン。
 家賃が払えず、困窮する娘に、最初は一枚だけ自分のポケットに残し、他は全て与えるが、最後にはその一枚も渡す場面。
 このシーンの前に映し出されていた壁新聞の”目を直す医者がいる”というシーンが活きて来る・・。

 ・男が”泥棒に間違われて”警察に捕まり、刑務所から出て来て、(身なりは一層貧しくなっている)街角で花売りの娘と再会するシーン。目が見えるようになって立派な花屋を営んでいる娘は、最初男が誰だか分からないが、男の手、身体を触って気付き、”自分と母親を助けてくれた男”をその治った目で見つめるシーン。
 何度観ても良い・・。

<心底疲れる毎日を送っているが、朝刊でNHKが今作を放映することを目にし、ビデオ録画し、帰宅後、夜中に鑑賞。
 現在、身を呈しての活動を日々行って頂いている医療関係者の多くの方々の姿が脳裏に過った・・。
 本当に有難うございます。
 ”一刻も早い終息を願いつつ。”>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.5世界一の紳士。人生は喜劇だ!

2020年3月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

チャップリンの最高傑作であり真骨頂な作品。
普遍の「愛」を笑いあり涙ありで表していて、チャップリン度100%!
ボクシングのシーンは爆笑!
作品を思い出すだけで何かが込み上げてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白鳥の歌

5.0脚本が素晴らしい

2020年1月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

☆久し振りに鑑賞☆

映画を好きになるきっかけになったチャップリン。
久し振りに観た「街の灯」…。笑いと感動で胸が一杯になりました。

大体、チャップリンの役柄は、貧しいけれど心は豊かで紳士なんですよね。
盲目の花売の女性に恋心を抱き、彼女の目を治療する為に奮闘する。

そこに絡んでくる、金持ちの男のなんたるや(笑)!
結局、彼のお陰?で、花売の女性の借金や何やらを返済出来たんだけど(笑)。

とにかく、最後は涙なくしては観られません(泣)。

彼女は、治療費等を出してくれたのは ミリオネアだと思っていたけれど、みすぼらしい格好で佇む男性が その人だと気付いた時の感動は、未だに涙涙…です(泣)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@yu-chan-nel
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る