汚名

劇場公開日

11%
62%
25%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「断崖」「疑惑の影」のアルフレッド・ヒッチコックが「ガス燈」「ジキル博士とハイド氏(1941)」のイングリッド・バーグマンと「独身者と女学生」のケーリー・グラントを主役として監督した1946年作品。脚本は「運命の饗宴」やヒッチコック作品「呪縛」のベン・ヘクトが書き下ろしたもので、撮影は現在監督に転じて名を挙げている「春を手さぐる」等のテッド・テズラフで、音楽は「ママの思い出」のロイ・ウェッブが作曲した。助演はクロード・レインズ、「ゾラの生涯」のルイス・カルハーン、映画初出演の舞台女優レオポルディーン・コンスタンチン、「少年牧場」のモローニ・オルセン、かつてドイツ映画の監督だったラインホルト・シュンツェルその他である。

1946年製作/アメリカ
原題:Notorious

ストーリー

アリシア・ハバーマンは売国奴の父を持ったために心ならずも悪名高き女として全米に宣伝されていた。ある夜うさ晴らしに開いたパーティで、彼女はデブリンというアメリカの連邦警察官と知り合った。デブリンは南米に策動するナチ一味を探る重要な職務にあった。首謀者セバスチャンをよく知っているアリシアを利用する目的で近づいたのだったが、やがて彼女に強く引かれるようになった。一緒に南米に行き、リオ・デ・ジャネイロでの楽しいあけくれに、二人の愛情は日毎に深まり、アリシアはデブリンの愛によって、その昔の純情さを取り戻していった。が間もなく、彼女は命令で首領セバスチャンを探ることになったが、彼が以前父親の相棒だったことから、アリシアは容易にセバスチャン邸に入り込むことに成功し計画通りに彼は彼女を恋するようになった。一夜、彼の邸でナチスパイ連の晩餐会が催されたが、その時出された一本のぶどう酒に対するハブカの態度とそれに次いで起こった彼の変死にアリシアは強い疑念を持った。セバスチャンの花嫁となった彼女は、家中を見回ることが出来たが、地下室の酒蔵にだけは入れなかった。デブリンとの打ち合わせによって、一夜またパーティが催され、アリシアは酒蔵の鍵をセバスチャンから盗み取りデブリンに渡した。目的の酒瓶を辛うじて盗み出して彼は逃げ去ったが、嫉妬から絶えずデブリンを監視していたセバスチャンはかぎつけてしまった。ぶどう酒の瓶を見て取り乱したハブカの殺された前例からも、セバスチャンはアリシアが酒蔵を調べた事を仲間に疑われてはならなかった。母親と二人の共謀で、アリシアは毒入りコーヒーで徐々に死へ導かれていった。一方例の酒瓶の中には原子爆弾のウラニウム鉱が入れてあることが分かった。アリシアは病み衰えながらも、ウラニウムの出所を聞き出そうとたえず気を配ったが、アンダーソン博士の不用意に口から出た言葉でそれを悟った。使命を終えて逃れようとしたアリシアは力つきて倒れてしまった。だが敵中に唯一人とり残されたアリシアの許にデブリンはかけつけた。愛する者の敏感さで、デブリンは彼女の身の危険を感じたのだ。デブリンのアリシア救出によって、ナチ仲間はセバスチャンの失策を知った。セバスチャンには死の制裁が下された。アリシアがデブリンの愛によって全快する日は恐らく間もないだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5イングリッド・バーグマンの美しい横顔と唇

こころさん
2021年11月30日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
こころ

4.0良く出来た映画だが、イングリッド・バーグマンにスパイ役があまりハマらない

Kazu Annさん
2021年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

その美貌と国家への忠誠心が見込まれて南米のナチス残党への素人スパイを、バーグマンに任す。確かに、ジジ殺しされるのも無理からぬ美貌ではあるが、ケイリーグラント演ずるFBI連絡員に最初の方からくびったけで、甘さダダ漏れなので、スパイ役はあまり似合わないと思ってしまった。

とは言え、度胸の良さを示す酔っ払っての高速での運転シーン、二人で秘密部屋の鍵を受け渡すクローズアップ映像、夫に部屋探索を見つかりそうでのカモフラージュ目的のキスシーン、スパイ察知後の夫と老母での病人化計画、毒を盛られて動けないバーグマンを仲間内の疑心暗鬼利用しての正面突破で救出する展開等、見事なストーリー展開とは思った。

実はマザコンであった夫の年老いた母の冷徹な悪さも印象的。そして彼らの、スパイと結婚したことによる仲間による始末を暗示するラストも、イキな終わり方。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kazu Ann

4.0古典は感心ばかり

2021年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

3.5恋愛スパイもの

everglazeさん
2021年2月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1946年。戦後間もないアメリカ。
ドイツ人の父とアメリカ人の母を持つヒロインAliciaは、エージェントのDevlinからリオで活動するナチス残党の潜入捜査を頼まれる。

近年のスパイ映画ではどんでん返しを狙う複雑なやり取りが多くなったと思いますが、本作では純粋に、素直になれない男女のすれ違いが切なく、後半になるにつれ騙された側がいかに問題を対処しようと画策するかが面白かったです。

女性不信のイケメンと、運命の女性まっしぐらの富豪中年男。愛のために愛していない男を愛すふりをする女。素人にここまでさせる愛国心の証明も残酷…。

支配的なママの存在は、ヒッチコックのその後の作品でパワーアップしていますね。

Ingrid Bergman演じるAliciaが上品過ぎて、元アル中のあばずれ?にはとても見えません(^_^;)が、へそ出しファッションは今よりもっとはしたないと見なされたことでしょう。

“Waving the flag with one hand and picking pockets with the other. That's your patriotism.”

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る