汚名

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
汚名
9%
74%
17%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「断崖」「疑惑の影」のアルフレッド・ヒッチコックが「ガス燈」「ジキル博士とハイド氏(1941)」のイングリッド・バーグマンと「独身者と女学生」のケーリー・グラントを主役として監督した1946年作品。脚本は「運命の饗宴」やヒッチコック作品「呪縛」のベン・ヘクトが書き下ろしたもので、撮影は現在監督に転じて名を挙げている「春を手さぐる」等のテッド・テズラフで、音楽は「ママの思い出」のロイ・ウェッブが作曲した。助演はクロード・レインズ、「ゾラの生涯」のルイス・カルハーン、映画初出演の舞台女優レオポルディーン・コンスタンチン、「少年牧場」のモローニ・オルセン、かつてドイツ映画の監督だったラインホルト・シュンツェルその他である。

1946年製作/アメリカ
原題:Notorious

ストーリー

アリシア・ハバーマンは売国奴の父を持ったために心ならずも悪名高き女として全米に宣伝されていた。ある夜うさ晴らしに開いたパーティで、彼女はデブリンというアメリカの連邦警察官と知り合った。デブリンは南米に策動するナチ一味を探る重要な職務にあった。首謀者セバスチャンをよく知っているアリシアを利用する目的で近づいたのだったが、やがて彼女に強く引かれるようになった。一緒に南米に行き、リオ・デ・ジャネイロでの楽しいあけくれに、二人の愛情は日毎に深まり、アリシアはデブリンの愛によって、その昔の純情さを取り戻していった。が間もなく、彼女は命令で首領セバスチャンを探ることになったが、彼が以前父親の相棒だったことから、アリシアは容易にセバスチャン邸に入り込むことに成功し計画通りに彼は彼女を恋するようになった。一夜、彼の邸でナチスパイ連の晩餐会が催されたが、その時出された一本のぶどう酒に対するハブカの態度とそれに次いで起こった彼の変死にアリシアは強い疑念を持った。セバスチャンの花嫁となった彼女は、家中を見回ることが出来たが、地下室の酒蔵にだけは入れなかった。デブリンとの打ち合わせによって、一夜またパーティが催され、アリシアは酒蔵の鍵をセバスチャンから盗み取りデブリンに渡した。目的の酒瓶を辛うじて盗み出して彼は逃げ去ったが、嫉妬から絶えずデブリンを監視していたセバスチャンはかぎつけてしまった。ぶどう酒の瓶を見て取り乱したハブカの殺された前例からも、セバスチャンはアリシアが酒蔵を調べた事を仲間に疑われてはならなかった。母親と二人の共謀で、アリシアは毒入りコーヒーで徐々に死へ導かれていった。一方例の酒瓶の中には原子爆弾のウラニウム鉱が入れてあることが分かった。アリシアは病み衰えながらも、ウラニウムの出所を聞き出そうとたえず気を配ったが、アンダーソン博士の不用意に口から出た言葉でそれを悟った。使命を終えて逃れようとしたアリシアは力つきて倒れてしまった。だが敵中に唯一人とり残されたアリシアの許にデブリンはかけつけた。愛する者の敏感さで、デブリンは彼女の身の危険を感じたのだ。デブリンのアリシア救出によって、ナチ仲間はセバスチャンの失策を知った。セバスチャンには死の制裁が下された。アリシアがデブリンの愛によって全快する日は恐らく間もないだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5キスシーンだけじゃない!

JYARIさん
2020年5月12日
PCから投稿

ストーリーも凝りすぎるほどに凝っていて、読めない展開に脱帽しました。

まさかああなるとは思わないよね。
2大スターの共演も見応えもある。

ヒッチコックとは思えないくらいにロマンス多めの作品だったが、
名シーンも多い。

地下のワイン倉庫からのシーンも名場面。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

4.0ヒッチコック映画は映画の教科書

2019年5月18日
Androidアプリから投稿

映画はやはりmotion picturesというだけあってpictureで物語っていくものだというお手本のような映画。イングリッド・バーグマンの手にズームしていくカメラワークの素晴らしさ❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.5終盤の階段シーンの物凄い緊迫感は見もの

あき240さん
2019年2月18日
Androidアプリから投稿

白い恐怖に続いてイングリッド・バーグマンが主演
彼女をもう一回出してラブシーン強化でやれば大当たり間違いなしとの方針がでたのか、お相手に格好いい二枚目ケーリー・グラントを起用
長い長いキスシーンなど、二人のイチャイチャシーンがヒッチコック映画としては珍しくかなり多い

このため中盤まではテンポも緩くサスペンスも少な目
イングリッド・バーグマンの美しさを愛でるだけでなんとか持ちこたえないといけない
いささか忍耐力を必要とする

ところが終盤の階段シーンの緊迫感は物凄いものがある
ラストシーンのセバスチャンが黒い扉の中に戻る撮影構図は素晴らしい印象的なものであった
正に九回裏の逆転2ランであった

題名の汚名とは、もちろんアリシアの父親とその娘で有ることにかかっているのだが、アリシアに対するデブリン捜査員にもかかっているのがにくいところだ
恋愛をも捜査に利用する男という汚名は見事に晴らされるのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0ヒッチコック二本目

2017年1月2日
iPhoneアプリから投稿

物語的には結構簡単で、残念なところもあるが、もうやはり初めてのようにそのハラハラするシーンに堪能!
ケイリー・グランドめっちゃかっこいいし、プラスバーグマンきれいで、ラブストーリーを見る気分で最後のキスシーンも感動で印象深かった。

ヒッチコック二本目でこれで一作目の『裏窓』と一緒に考えると、ヒッチコック流が分かるようになったかも!
授業でマルビーのフェミニズム&フェティシズムの理論で同じくヒッチコックの『裏窓』が取り上げられたが、この作品にも適用ではと。-女性が男の前に暴露される時点で男性の主人公は初めて目を向ける。最後は男は女を救う。観客も男の主人公への主体を位置づけ、女性を覗くことで快楽を感じる。-----アリシアは病気になってデヴリン初めて彼女への感情を曝け出し、彼女を救い出す。

サスペンスの部分は音楽もカメラの動きも妙に組み合わせられ、実に興味深いところだった。

最後は確かに唐突だが、気持ちいいエンディングにはなっている。繊細に作り上げられた作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レインオ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る