悪童日記
ホーム > 作品情報 > 映画「悪童日記」
メニュー

悪童日記

劇場公開日

解説

第2次世界大戦下、小さな町へ疎開した双子の兄弟が、時に残酷な手段をもってしても生き抜いていく姿を描き、世界に衝撃を与えたアゴタ・クリストフの同名ベストセラーを、クリストフの母国ハンガリーで映画化。第2次世界大戦末期。双子の兄弟が、祖母が暮らす農園へ疎開してくる。彼らは村人たちから魔女と呼ばれる意地悪な祖母に重労働を強いられながらも、あらゆる方法で肉体的・精神的鍛錬を積み重ねる。大人たちの残虐性を目の当たりにした2人は、独自の信念に従って過酷な毎日をたくましく生きぬいていくが……。これがデビュー作となるアンドラーシュ&ラースロー・ジェーマントが主人公の双子を鮮烈に演じ、「タクシデルミア ある剥製師の遺言」のピロシュカ・モルナール、「ある愛の風景」のウルリッヒ・トムセンらベテラン勢が脇を固めた。

作品データ

原題 A nagy fuzet
製作年 2013年
製作国 ドイツ・ハンガリー合作
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 111分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

インタビュー

ヤーノシュ・サース監督「原作の簡潔さをいかに映画的に表現するか」
インタビュー

ハンガリー出身の亡命作家アゴタ・クリストフの「悪童日記」。映像化不可能と言われたベストセラーをハンガリーのヤーノシュ・サース監督が映画化した。戦時下をたくましく生きる双子の、ときに残酷な生き様をシンプルかつ美しい映像で表現し、見事カル...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

双子の美少年を通して戦争のむごさを描く人気小説の、正しい映画化
悪童日記の映画評論・批評

「映画化は不可能だと言われてきた」というのは使い古された宣伝文句で、ほとんどの場合、信用ならない。しかし、アゴタ・クリストフの「悪童日記」はもしかしたら、本気でそう思われてきた小説かもしれない。なぜならこの小説は、あまりにも特異な文体...悪童日記の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全28件)
  • 暗い雰囲気だが、婆ちゃんや隣の少女ほか周りの人々のキャラが立ってた... 暗い雰囲気だが、婆ちゃんや隣の少女ほか周りの人々のキャラが立ってた。グロイ表現もあったが、テンポがよいせいかスッキリと見られた。 ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 魔女とメス犬の子供たち 第二次大戦下のハンガリー。戦火から逃れる為、双子の兄弟は田舎の祖母の家に預けられ…。 戦時下の子供を主役にした映画は珍しくないが、感動やハートフルな要素は一切微塵もナシ。 過酷さ、悲惨さ、不条理... ...続きを読む

    近大 近大さん  2018年5月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 逞しい双子の生きる執念。 重苦しい暗い感じかと思いきや意外にサラァーと楽しく観れた。 双子の成長に冷静さ残酷さなどの感情が芽生え増しアッサリ行動する事柄に逞しさまで感じるが末恐ろしい双子で大人になったらと思うと怖い。 意... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年8月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

リザとキツネと恋する死者たち
リザとキツネと恋する死者たち (字幕版)
  • Powered by Amazon
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi