キャッツ

劇場公開日

キャッツ
12%
30%
33%
16%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1981年にロンドンで初演されて以来、観客動員数は世界累計8100万人に達し、日本公演も通算1万回を記録するなど、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」を映画化。「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパーが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードのほか、ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソン、テイラー・スウィフト、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランら豪華キャストが共演した。人間に飼いならされることを拒み、逆境の中でもしたたかに生きる個性豊かな「ジェリクルキャッツ」と呼ばれる猫たち。満月が輝くある夜、年に一度開かれる「ジェリクル舞踏会」に参加するため、街の片隅のゴミ捨て場にジェリクルキャッツたちが集まってくる。その日は、新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜であり、猫たちは夜を徹して歌い踊るが……。

2019年製作/109分/G/イギリス・アメリカ合作
原題:Cats
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0われわれの知らない生き物たちの生態と哲学を観察

村山章さん
2020年1月30日
PCから投稿

海外の評がさんざんで、尻馬に乗るように日本公開前から冷笑ムードが広がってネタにされた感のある『キャッツ』だが、これまで誰も観たこともないような異様なビジュアルを貫きながら、王道のミュージカルを描ききっただけであり、珍奇ではあっても決して駄作などではないと思う。

ぶっちゃけ『トイ・ストーリー』の一作目だって「気持ち悪い」という声はあったが、今ではCGアニメに違和感を抱く人はほとんどいなくなった。この『キャッツ』の猫人間たちのビジュアルも、確かに観客を戸惑わせる部分はある。が、それは単に「知らない物を見た時の戸惑い」でしかなく、映画の世界観はちゃんと成立していると思う。

オリジナルの舞台版を踏襲しているからか、レビューショーのような構成で、筋の通ったストーリーはあまりない。それを退屈と捉えるか否かは、観客側の先入観次第。自分としては、ミュージカルらしさを充分に楽しんだし、ジェニファー・ハドソンの演技込みの歌声は『ドリームガールズ』の時をはるかに超えていたように思う。いや、総じていい映画だと思いますよ。ヘンだけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 45 件)
村山章

3.0舞台から映画へ、アレンジできたこととできなかったこと。

2020年1月30日
iPhoneアプリから投稿

1980年代後半、初めて訪れたニューヨークで、初めて「キャッツ」を鑑賞した時の衝撃が今も忘れられない。最前列の席に座った筆者は、目の前すれすれで歌い踊るダンサーたちの猫メイクとタイツ姿に恐れおののき、圧倒されたのだ。外国人独特の彫りの深い顔に施された猫を模した濃いアイラインや、美しい下半身に張り付いたレオタードすらが、妙に艶かしく、且つ、ホラーだったからだ。そして、緞帳のない舞台に設えられた街のゴミ捨て場のセットや、やがて歌われる名曲"メモリー"に目と耳をそば立てながら、猫の世界にも人間同様のドラマがあることを知り、満足して劇場を後にしたのだった。世紀を跨ぎ、今、ようやく映画になった「キャッツ」は、単なるメイクやタイツでは許されない最新鋭の猫ビジュアルを必然的に義務付けられ、そもそも、話はあってないような猫それぞれの物語に映画らしさをギリギリで纏わせ、T.S.エリオットの原作が持つ難解さはそのままに、舞台では叶わなかった、演じる人気役者の見慣れた素顔を毛だらけの顔から想像する楽しさを、観客に与えている。つまり、当時のステージミュージカルに革新をもたらした作品を、アレンジできるものは可能な限りアレンジし、できないものは削ることなく据え置いた野心作、なのだと思う。世に吹き荒れる悪評が逆に高収益に繋がったことは結果オーライの最たるもの。映画は水物、否、化け物なのだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 29 件)
清藤秀人

4.0個性豊か

キノさん
2021年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

単純

ミュージカル舞台の代表作品を、映画として鑑賞できとても贅沢なことのように感じた。
映像ならではのカメラアングルで美麗な街並み、主人公の表情が事細かに映し出され、
深く感情移入させられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キノ

4.01ヶ月しか上映されなかったのが何となく分かる。

zoumyaoさん
2021年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「かわい~キャッツ!キャッツ!」っていう小学生がいるとは思えない…。
子供にも大人にもそもそもビジュアルがハードル高いよね。

まぁキャッツですからストーリーはあれとして私としてはとても好きなタイプだった。
歌もダンスも堪能できたしと言いたいところだけど見せ方には不満あり。
アップ多すぎ~。ここはもっと引きでダンスが見たい。カメラぐるぐる回さなくてよし。と思うところ多数。

でも猫にしか見えない演技はすばらしかった。
どの猫もとても個性的で可愛らしくしなやかでステキだった。

エンドロールのテイラー・スウィフトのオリジナル曲「Beautiful Ghosts」は必聴。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zoumyao
すべての映画レビューを見る(全319件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る