劇場公開日 2020年1月24日

「われわれの知らない生き物たちの生態と哲学を観察」キャッツ バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

3.0277
14%
31%
31%
15%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0われわれの知らない生き物たちの生態と哲学を観察

2020年1月30日
PCから投稿

海外の評がさんざんで、尻馬に乗るように日本公開前から冷笑ムードが広がってネタにされた感のある『キャッツ』だが、これまで誰も観たこともないような異様なビジュアルを貫きながら、王道のミュージカルを描ききっただけであり、珍奇ではあっても決して駄作などではないと思う。

ぶっちゃけ『トイ・ストーリー』の一作目だって「気持ち悪い」という声はあったが、今ではCGアニメに違和感を抱く人はほとんどいなくなった。この『キャッツ』の猫人間たちのビジュアルも、確かに観客を戸惑わせる部分はある。が、それは単に「知らない物を見た時の戸惑い」でしかなく、映画の世界観はちゃんと成立していると思う。

オリジナルの舞台版を踏襲しているからか、レビューショーのような構成で、筋の通ったストーリーはあまりない。それを退屈と捉えるか否かは、観客側の先入観次第。自分としては、ミュージカルらしさを充分に楽しんだし、ジェニファー・ハドソンの演技込みの歌声は『ドリームガールズ』の時をはるかに超えていたように思う。いや、総じていい映画だと思いますよ。ヘンだけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
バッハ。
「キャッツ」のレビューを書く 「キャッツ」のレビュー一覧へ(全277件)
「キャッツ」の作品トップへ