仮面ライダーW(ダブル) FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ

劇場公開日:

解説

架空の街・風都を舞台に、“ドーパント”と呼ばれる異形の超人たちと戦いながら難事件を解決していく「仮面ライダーW」の3D版。AからZまである26個の次世代ガイアメモリが、突然町にばらまかれる。そのころ、凶悪なテロリスト集団「NEVER」の大道克己は“E”のメモリを手に入れ、町を支配しようとしていた。 “2人で1人の探偵”こと左翔太郎とフィリップが変身する仮面ライダーWは、国際特務調査機関員・マリアの協力を得て、町の危機を救うべく出動する。

2010年製作/G/日本
配給:東映
劇場公開日:2010年8月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

劇場版「W・ゴセイジャー」製作委員会 (C)2009石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (C)2010テレビ朝日・東映AG・東映

映画レビュー

4.5上映時間だけが唯一の欠点

2022年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

前提として
・多分3回目
・ディレクターズカット版も視聴済
・仮面ライダーW本編は44話まで視聴済

めちゃくちゃ面白い作品。
NEVERなど新規キャラクターの濃さ。
本編に繋がるストーリーなのに、余計なものを残さない綺麗なシナリオ。
ガイアメモリや世界観をワクワクさせる新たな設定、怪人、ライダー。

殺陣もカッコいい。本編より予算を大幅に使えることがよく分かる。特にワイヤーアクション。使い方が贅沢。
身体能力の高さを見事に表現している。

ただ、上映時間の短さが非常に勿体ない。ディレクターズカット版を観た後だと尚更そう思う。
余分とされるシーンが作品をとことん面白くするのだ。

面白いだけに非常に惜しい映画だった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
NandS

4.0アクションてんこ盛り

2022年8月6日
Androidアプリから投稿

興奮

とにかくびっくりするほどライダーが宙を舞うしスピード感やキレが凄い。目が離せなかった。ストーリーの方もWのテーマに深く関わる部分があり、とても楽しめる内容であったと思う。見せ場たっぷりで見応えあった。
YouTube公式配信、ディレクターズカット版

コメントする (0件)
共感した! 0件)
棒人間

4.0普通に面白い

2021年8月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
禍つヴァールハイト

4.5映画単体で楽しめる作品

2021年7月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

某映画批評家レビューをシャッフルしていたら、この作品の高評価レビューに納得しながら…久しぶりに鑑賞。平成仮面ライダーファンですが、未だにTVドラマ版を鑑賞してません🤣基本部分は押さえているぐらいですが、映画単体で楽しめる作品ですね。多くのファンが、仮面ライダー映画史上最高傑作と言ってますが、異論ないかな。アクションの見せ方、曲、ラストシーンの演出なんて、ヒーロー映画の醍醐味、いや〜泣いちゃったよ😂

コメントする (0件)
共感した! 0件)
シムウナ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「仮面ライダー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「仮面ライダーW(ダブル) FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ」以外にこんな作品をCheck-inしています。