ネバーセイ・ネバーアゲイン

劇場公開日

11%
16%
58%
13%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スペクターによって奪われた核ミサイルを、英国情報部員ジェームズ・ボンドが取りもどすまでを描くアクション映画。イアン・フレミング著「サンダーボール」(早川ポケットミ・ステリ)の映画化権を持つケヴィン・マクローリーが、その権利をジャック・シュワーツマンに売り、シュワーツマンが製作に当った。マクローリーはエグゼクティヴ・プロデューサーとクレジットされているが、名前だけで製作にはタッチしていない。監督は「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)のアーヴィン・カーシュナー。脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はダグラス・スローカム、音楽はミシェル・ルグランが担当した。主題歌をラニ・ホールが歌っている。第2班監督はミッキー・ムーア、水中場面監督はリコウ・ブラウニングがつとめている。出演は「007/ダイヤモンドは永遠に」(71)以来12年振りにボンド役を演じるショーン・コネリーの他に、クラウス・マリア・ブランダウアー、バーバラ・カレラ、マックス・フィン・シドー、キム・べイシンガー、バーニー・ケーシーなど。パナビジョンで撮影。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、シネスコサイズ。1983年作品。

1983年製作/130分/アメリカ
原題:Never Say Never Again
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

ジャングルにある要塞に侵入するジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)。彼は敏捷な行動で敵を倒し、捕らわれの身となっている若い女性のところへ行く。彼女をたすけ起こそうとした時、彼女は隠し持っていたナイフで彼を刺す。以上は訓練の一つで、それを記録したビデオ・テープを見ながら、新しいMは言う。「私は前任者ほど君を買っていない。スパイ学校で講師をしている間に君の身体はなまったらしいな。シュラブランド療養所に行き、鍛え直したまえ」。一方、対謀報・テロ・復讐・強要機関スペクターは部下を集め、首領のブロフェルド(マックス・フィン・シドー)が、新たなる謀略行動アラーの涙作戦2を発表する。実行にあたる部下 No.1のラルゴ(クラウス・マリア・ブラウンダウアー)が、TVスクリーンを通じ、「我々は在英米軍のジャック・ペタチ大尉を手なづけた。彼の右目の眼球反応は大統領と一致するように手術して、最終訓練をシュラブランドで行なうことにしている」と説明する。シュラブランドにやって来たボンドは厳しいトレーニングを受けつつ、持ち前の性的魅力を発揮して美人の療法士とベッドイン。ある夜彼は1人の患者のあやしげな行動を見て、部屋を覗き込む。その患者こそペタチで、看護しているのはスペクターの女殺し屋ファティマ(バーバラ・カレラ)だった。見られたことを知ったファティマは、巨漢の殺し屋をさしむけた。激しい乱闘の末にボンドは敵をやっつける。ペタチは基地にもどると、大統領でなければ出せない核ミサイル発射命令を眼球反応が同じことを利用してコンピューターに命じた。ミサイルは基地を発射し、途中で海中に降下し、スペクターのフロッグマンが回収した。そして、スペクターはNAT0諸国に、年間石油購入予算の25%相当の金を渡せ、さもなければ、7日後にミサイル2機を爆破すると脅迫。ペタチはファティマの手で始末された。Mはボンドにミサイル回収を命じる。ボンドはペタチの部屋で見たヤマ型マークを手掛りに、そのマークが東欧出身の大富豪ラルゴのトレード・マークであることをつきとめた。新兵器開発担当のアルジーの作った特製万年筆銃を持って、ボンドはバハマに飛ぶ。ここにラルゴの豪華ヨット空飛ぶ円盤号が停泊しているのだ。ラルゴは愛人のドミノ・ペタチ(キム・ベイシンガー)にアラーの涙というペンダントを与え、「裏切ったら喉を裂く」という。ボンドの姿を見たファティマは彼を誘って海へ出る。2人はヨットのなかでメイク・ラヴ。やがて海へ潜り、ファティマはボンドのウェット.スーツに鮫を呼びよせる発信器をくっつける。鮫に襲われたボンドは危ういところで難をさけ、セックスポットのボートに救出された。ホテルで生きているボンドを見たファティマは、彼の部屋に爆弾を仕掛けたが、彼はセックスポットの部屋で抱き合っていたので無事。ニースに向かったラルゴを追ってボンドも南仏へ。そこで友人のCIA局員フェリックス・レイターと英情報部員ニコールに出会う。豪華なカジノで、ボンドとラルゴは初めて対面した・ドミノとタンゴを踊り、彼女に「君の兄はラルゴに殺された」と告げるボンド。ファティマによってニコールが殺された。彼女を特製オートバイでボンドが追いかけ、激しいカー・チェースの末に万年筆銃で倒した。空飛ぶ円盤号に忍び込んだボンドをラルゴが歓待する。コンピューター室で見たアラーの涙という文句がボンドの脳裏に焼きつく。ヨットはアフリカのパルマイラにあるラルゴの別宅につく。ここは中世以来の砦になっていた。ラルゴは2人を鎖でしばり、ミサイルの1つはワシントンにあるといって去る。ボンドは特製レーザー時計で鎖を切り、ドミノを救出すると馬に乗ったまま砦の城壁から海中へ。ただちにレイターが2人を救出。ワシントンのミサイルは発見された。残る1つはどこに? パルマイラ湾が、ドミノのペンダントの模様に似ている。よくみると、その模様は地図になっており、海底の洞窟には古代の神殿があった。ここには油田が埋蔵している。もし爆破されれば、被害は甚大だ。ボンドはレイターやCIA局員らと中に潜入して、スペクター一味と闘う。逃げ出したラルゴとボンドは海中で争い、ボンド危うしという時、ドミノの放った水中銛がラルゴに命中。ミサイルの爆破装置も解除されて、世界に平和がもどった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5嗚呼!愛すべき悪徳(笑) (或いは酒と薔薇の日々Days of vodka and Roses )

pipiさん
2021年5月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

萌える

ステーキ、ウォッカ・マティーニ、キャビア、白パン。
健康の為にどれかを減らさねばならぬなら「白パン」を減らす!(笑)
この愛すべき悪徳よ。
うむ。流石は我らのコネリー・ボンドだと快哉を叫びたいw

「映画サンダーボール作戦」のリメイクとは考えない方が適切だと強く感じた。
実際、最初にあったのは映画用オリジナル脚本の「James Bond, the secret service」本作は、これをベースにしている。
この「James Bond, the secret service」をノベライズ化したものが「小説サンダーボール作戦」であり、更にそれを映画化したのが007第3作目というわけだ。
だから、本作と第3作目は直系の親・子・孫の関係ではなく「叔父と甥」に当たる。相似点はほぼ感じなかった。まったくの別作品である。

やっぱりね、これですよ、これ。
ジェームス・ボンド007と言えばこれ。
美酒、美食にこだわり、美女をこよなく愛し、任務においてもあくまでダンディー&ジェントル。女性においてはセクシー&ワイルド。
「それがジェームス・ボンドなのだ」と圧倒的に強烈なキャラクターを印象づけたショーン・コネリー。
本作では、紆余曲折を経て、ようやく旧い友人に出会えた気分になった。

巷間では興行収入のみを比較して、オクトパシーの勝利と見る向きもあるが、それはあまりに一方向からの見方というものだ。現に、当時の評論家・専門家評は軒並みコネリーを称賛するものであった。
興行収入は、オクトが米1億8千万$、日19億円、ネバー米1億6千万$、日12億円、ムーアファンは大差と看做し、コネリーファンは僅差と看做すが(笑)オクトが夏休み期間を含む事は考慮すべきだろう。ネバーは秋公開。映画好き以外はあまり劇場に行かないシーズンだ。
中心ファン層も、コネリー世代は当時40代以上、会社では管理職などで忙しく映画館に足を運ぶのは難しい。
ムーア世代はフットワークの軽い40代以下から学生を含む若い層すべて。
夏休みに友達と映画を観に行くとなれば、それまで007を観た事のない浮動票も流れる。

これだけタイプの違う俳優が同じキャラクターを演じる事が不幸の始まり。
ジェームス・ボンドは初代のみにして「コードネーム00」を継承する別人達って事にすれば良かったのに。
仮面ライダーならば、コネリーが1号、ムーアが2号、ダルトンがV3(消されたライセンスは怪傑ズバットって事でw)ブロスナンがイケメンX、クレイグが、、、おおっと!これを書いている間に「AmazonがMGM買収!」の報が飛び込んできた!
これは、クレイグをストロンガーにして、お次の7代目をコードネーム00Amazonにしようか。
え?レーゼンビー?当然、ライダーマンであるw

ライダーと言えば、今回バイクアクションも良かったなぁ〜!188cmあれば、どんなバイクでも取り回せるよね、羨ましい・・・。(当方、SUZUKI KATANAに乗っていた時期があるが足がまともに着かなくて。160cmしかない女性が選ぶべきマシンではなかった。若気の至りw)

イオン・プロとの絡みで優秀な製作陣で臨む事が出来なかった不遇の本作だが、バーバラ・カレラのゴージャスな壊れっぷりは喝采したい。高いヒールで颯爽と階段を駆け降りる姿も美しく、実に見事な悪女像でありました。
クラウス・ブランダウアーの偏執狂ぶりもお見事!
まだアーケード用コンピューターゲーム筐体の黎明期。ポストインベーダーとなったギャラクシアンの続編ギャラガやパックマンが世界各国でヒット。英米でも初のコンピュータゲーム専門雑誌が創刊された年だ。
紳士淑女の集う豪華客船に設置された大量のコンピュータゲーム筐体は富と知性と最新鋭の技術を見せつけるものだっただろうか。
最近は珍しくもなくなったITマニアのサイコパス。その先駆けがネバーVer.のラルゴであったのだろう。

ともあれ、私にとって「ジェームス・ボンド007」とは、やはりコネリーを置いて他には無い。と、再認識出来た本作でありました。
(ムーア世代だけどねw
星?うん、ちょっと贔屓してるw
コネリー最終作だから御祝儀ね)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
pipi

3.0【番外編】ボンドの色気は衰えない。が、、、

アルさん
2021年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

スパイ映画としてはありがちな展開。
1983年のショーン・コネリーが、
精一杯ボンドを演じるギリギリのレベル。
今後のシリーズや他スパイ映画の手本、
になった様なチェイス、銃撃戦はあるが、
今の時代だと物足りなさは否めない。

良くも悪くも女たらしが過ぎてしまい、
無理矢理シーンを作る感が、まとまりに欠ける。
ボンドを殺せるシーンは何度もありながら、
余計なセリフで緊張感を削いでしまったりで、
観ながらつい現実に引き戻されてしまった。

No.12 ファティマの壊れっぷりは良かった。
敵があれくらいだと、観ていて気持ち良い。
Qの秘密兵器も後半一気に登場するのも楽しい。
ボンドカーと比べると装備は物足りな過ぎるが、
バイクチェイスでの一瞬の盛り上がりは○。

アトキンソンの登場は、予想外だったが、
良い味が出ていて存在感は抜群だった。
突っ込み所は多く、全体的に内容も薄い。
当時にしては先端技術を盛り込み、努力は感じる。
世界征服ゲームは当時かなり最先端かも笑
番外編の形で折角007に復活させたのだから、
ショーン・コネリーらしいボンドの"格好良さ"を、
もっと魅せた作りにして欲しかった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
アル

3.0アトキンソン

kossyさん
2021年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ハリウッドによる『007サンダーボール作戦』のリメイクだ。この映画ではスペクターは政府軍と反乱軍双方と武器の取引をしようとするが、まさしくアメリカがやってることと同じ。

 まず療養所に入れられるボンドだったが、命を狙われ、その男を殺してしまう。最後に化学薬品をぶっかけたかと思ったが、ボンドの尿だった・・・ドミノに接触し、世界制覇ゲームをするボンド。負けず嫌いの面がよく出ている。

 全体的にモタモタしたような緩やかな演出で、敵のラルゴもコミカル。セクシーなキム・ベイシンガーもよかった。大国主義的ないやらしさがない代りに、ショーン・コネリーのスケベさが光っている。ラストショットではローワン・アトキンソンが登場するなんて・・・笑わすなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

3.5Never say, never again. 番外編‼️

アキ爺さん
2020年12月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品