007/消されたライセンス

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007/消されたライセンス
14%
47%
34%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

中南米を舞台に、ライセンスを剥奪されたジェームズ・ボンドが友情のために戦う姿を描く。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン。監督は「007/リビング・デイライツ」のジョン・グレン、脚本はウィルソンとリチャード・メイバウムの共同、撮影はアレック・ミルズ、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はティモシー・ダルトン、キャリー・ロウエルほか。

1989年製作/イギリス
原題:Licence To Kill
配給:ユナイト=UIP

ストーリー

友人フェリックス・ライダー(デイヴィッド・ヘディソン)とデラ・チャーチル(プリシラ・バーンズ)の結婚式に出席するためフロリダを訪ねたジェームズ・ボンド(ティモシー・ダルトン)は、沿岸警備隊の連絡をうけ麻薬王サンチェス(ロバート・ダヴィ)を逮捕するが、彼は仲間の助けもあり難なく逃亡に成功する。仲間の首謀者ミルトン・クレスト(アンソニー・ザービ)とともにサンチェスは、デラを殺し、フェリックスに重傷を負わせる復讐をする。友のために立ちあがるボンドであったが、彼は上司の“M”(ロバート・ブラウン)から、事件に手を出すな、と命令されてしまう。そしてボンドは殺しの許可証を奪われ、一人で戦いを挑むことを決意する。友人シャーキー(フランク・マクレー)の協力でサンチェスとクレストの隠れ家をつきとめたボンドは、そこで麻薬捜査官キリファー(エヴェレット・マックギル)の姿を見つけ、裏切り者の彼を殺し、次いで訪れたウェーヴクレストでサンチェスの愛人ルペ(タリサ・ソト)と出会った。同時に彼に接触していたパイロットのパム(キャリー・ロウエル)とも知りあい、彼女と共にサンチェスの居所でもある大カジノ、イストマス・シティへと向い、パムを秘書としてカジノに乗り込んでゆく。そして元英国情報部員の肩書きを利用してサンチェスに近づいてゆくボンドは、クレストを仲間の裏切り者に仕立てあげることで麻薬組織の壊滅を計画する。やがてそれを信じたサンチェスはクレストを殺し、ボンドを右腕として組織に組み入れるのだった。しかしボンドのその策略も、サンチェスが内密に麻薬を精錬している国際瞑想センターで殺し屋のダリオ(ベニキオ・デル・トロ)に見破られ、一面の炎の中にパムと共に取り残されたボンドは出口を見つけ脱出、麻薬倉庫が爆発し逃走するサンチェスのトレーラーを撃破し、巨大麻薬組織を壊滅させると同時に自らの復讐を遂げるのに成功するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ボンドガールとQを帰らそうとするボンド(007⑯)

n.yamadaさん
2020年10月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

萌える

ティモシー・ダルトンの2作目にして最終作となるシリーズ16作目。
(本人はやってないだろうけど)見事なアクションの連続で、見応えあり(^^)b

ボンドは『足でまとい』だと、キャリー・ローウェル演じるボンドガールとQを帰らそうとするけど、結局めっちゃ助けられるという…
シリーズで1番ボンドガールが活躍した作品じゃないかな?
ナイスボディだし、可愛らしいし、キャリー・ローウェル良いです(^^)b

ベニチオ・デル・トロも出演。若い!

それにしても、なにかとサメの登場するこのシリーズだけど、久々にサメが出てきた気がする…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

3.5殺しがエグイ

2020年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

公開時「007」を外したため、全く気付かずビデオ発売で知ったような気がする。
悪役の若造にベニチオ・デル・トロがデビュー、ボンドガールは健康的なお色気の二人、キャリー・ローウェルとタリサ・ソト。
音楽はマイケル・ケイメン、主題歌はグラディス・ナイト。
CIAのフェリックス・ライターが鮫に足を食われたり、その他残酷描写が多め。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0友情のライセンス

近大さん
2020年9月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

シリーズ16作目。1989年の作品。

これまで何度も登場した友人であるCIAのフィリックス・ライターの結婚式直前、DEAからの連絡を受け、フィリックスと共に麻薬王サンチェスの逮捕に協力する事になったボンド。逮捕に成功し、フィリックスも結婚式に間に合った…のだが、
内部の裏切り者により、サンチェスは逃走。フィリックスはサンチェスに捕まり瀕死、彼の新婚の妻は殺されてしまう。
怒りと復讐に燃えるボンドは、独断でサンチェスを追う…。

ボンドの妻が殺される『女王陛下の007』を除けば(尚フィリックスがそれに触れる台詞が一言あり)、衝撃的な一作。
Mから殺しのライセンスを剥奪され、自ら辞職。
任務ではなく、復讐という私的感情で動く。しかしそれは、友情というライセンスの為でもある。
サンチェスの部下を一人一人共倒れさせ(ヒントは黒澤明『用心棒』)、そしてサンチェスに近付いていく。
敵が非情なら、こちらも。手段は厭わない。
それを表すかのように、サメに食いちぎられた足、圧縮室で頭部破裂、粉砕機で粉々、火だるま…シリーズ初の過激描写。
ボンド自身も冷徹でハードボイルド。これまでにないほど危険なボンド。
目の肥えた今見ればそうでもないかもしれないが、当時としては昨今のハード・アクションだった事だろう。

とは言え、全部が全部そうではない。いつもながらのお楽しみも。
プレ・シークエンスのサンチェス・フィッシング。
シリーズの大ボスのペットの定番であるサメ。
中盤の日本描写はあれだけど…。(これも定番なのか…??)
アクションは前作より増え、これまた定番の海中アクションもスリリングだが、最大の見せ場はやはり、クライマックスのタンクローリー・チェイス。
爆発、迫力、そしてサンチェスとの決着。
エンタメ性も勿論。
また、後ろ楯を無くしたボンドに協力するは、Q。いつもより出番多し。

ボンドガールは、キャリー・ローウェル。
演じるはフィリックスと同じCIAエージェントのパムで、飛行機操縦などボンドに同行し活躍。
サンチェスの愛人ルぺを演じるタリサ・ソトもボンドガール。こちらもこちらで魅力的。
久々のWボンドガール。
サンチェス役のロバート・デヴィもさることながら、今見ると、その用心棒役のベニチオ・デル・トロがインパクトを残す。本作が映画デビューもしくは映画出演2作目らしく、それでこの存在感は、さすが後のオスカー俳優!
余談だが、彼には是非とも今度メインヴィラン役で再び出演して欲しい。
また余談だが、中南米の麻薬王という事でサンチェスは実在の麻薬王パブロ・エスコバルを彷彿させ、デル・トロは後に『エスコバル 楽園の掟』で演じている。

過去の作品では宇宙に進出。
核ミサイルで地球を破壊し、新世界の王に。
…なんていう荒唐無稽な陰謀や悪役も居たが、現実的な犯罪や麻薬王。
いつもパーフェクトに任務を遂行し、女性も落としてきたボンドだが、私的な感情で動く彼の人間味ある一面。
リアルさと新しさ。
また一つ、ボンド像と世界観が拡がった。
…が、本作の作品評価は高かったが、興行的には落ち込み。
製作側のトラブルも発生。
5作連投のジョン・グレン監督も本作で最後に。
つまり、これまでの体制の最終作。
何より惜し過ぎる、僅か2作で降板してしまったティモシー・ダルトン…。
不本意な卒業か、それとも2作でも忘れ難い魅力を放った有終の美か。

この後シリーズは最長6年のスパイ活動休止。
6年後、新体制で消されたライセンス(=シリーズ)を取り戻す事となる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

4.5Got a license to kill. ティモシー・ボンド有終の美!

アキ爺さん
2020年5月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品