007/カジノ・ロワイヤル(1967)

劇場公開日

13%
44%
39%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イアン・フレミングの小説『カジノ・ロワイヤル』をウルフ・マンコウィッツ、ジョン・ロウ、マイケル・セイヤーズの3人が脚色、「天地創造」のジョン・ヒューストン、「人間の絆」のケネス・ヒューズ、「スパイがいっぱい」のヴァル・ゲストと、「フレンチ・スタイルで」のロバート・パリッシュ、英国のTV出身のジョセフ・マッグラスの5人が監督にあたっている。撮影は「唇からナイフ」のジャック・ヒルドヤード、音楽はバート・バカラックが担当、主題曲はハーブ・アルパートとティファナ・ブラスが演奏している。出演は「紳士泥棒 大ゴールデン作戦」のピーター・セラーズ、「ブルー・マックス」のアーシュラ・アンドレス、「スパイがいっぱい」のデイヴィッド・ニーヴン、「ジブラルタルの追想」のオーソン・ウェルズ、「サイレンサー 沈黙部隊」のダリア・ラビ、イギリスの舞台・TV出身のテレンス・クーパーのほかにデボラ・カー、ウィリアム・ホールデンなど。なお監督のジョン・ヒューストンが“ M ”役で特出している。製作はチャールズ・K・フェルドマンとジェリー・ブレスラー。

1967年製作/131分/イギリス
原題:Casino Royale
配給:コロムビア

ストーリー

今は引退しロンドン郊外の豪壮な邸宅にひっそりと暮らす往年の名スパイ、ジェームズ・ボンド卿(デイヴィッド・ニーヴン)のもとへ英国秘密情報部の主任Mことマクタリー(ジョン・ヒューストン)、CIAのランサム(ウィリアム・ホールデン)ソビエト情報機関のスメルノフの3人が訪ねてきた。世界各地で英米の情報部員が国際陰謀団スメルシュに次々と消され、かつて勇名をとどろかしたボンド卿の出馬を懇請しにやって来たのだ。第1次大戦で恋人だったドイツのスパイ、マタ・ハリが連合軍に捕らえられ処刑されてから、深い悲しみに沈んで彼女の思い出にのみ生甲斐を感じていたボンド卿は容易に承諾しなかったがマクタリーの強引な説得でやっと出馬することになった。ロンドンへ向かう途中、逸早くこのことを知ったスメルシュは諜報部員ミミ(デボラ・カー)配下の女性部隊を動員してさまざまな妨害工作をした。ミミの邸に連れ込まれ女攻めにされたり野原に猟へ誘われ鳥の形をした誘導弾に襲われたり……。数々の妨害をはねのけるボンド卿に、ミミは惚れてしまいかなわぬ恋ならと修道院に入り、ボンド卿はロンドンに着き対スメルシュ作戦の指揮を取った。彼の作戦は007号を何人も潜入させ本物がどれか分からないようにして、敵に迫るというもので、007号として、ベスパー・リンド(アーシュラ・アンドレス)、クーパー(テレンス・クーパー)英国特別情報部員(ダリア・ラビ)マタ・ボンド、イブリン・トレンブル(ピーター・セラーズ)を雇う。マタ・ボンドは奇しくもボンド卿とマタ・ハリとの恋の結晶と分かり、2人は父娘の対面をすることになった。スメルシュ配下の最も手強いスパイは、ル・シッフル(オーソン・ウェルズ)で、彼はカジノで穴をあけた資金を埋めるために、連日、大勝負をして勝ち続けていた。このル・シッフル打倒のためにバカラ(カード・ゲーム)についての著書もある名手トレンブルが派遣された。ル・シッフルは敗れ、刺客に殺された。しかしスメルシュは勝負に勝ったトレンブルほか、ボンド卿や彼の007号をすべて捕まえ本拠に監禁した。一同の前に現れたスメルシュの首領ドクター・ノアは、かつてボンド卿の弟子だったジミー・ボンドであった。一同は協力してドクター・ノアを打倒し、スメルシュは潰滅した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 アカデミー賞(1968年)

ノミネート

主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0これは価値がある

2020年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この1作のみ映画化権を手に入れたコロンビア映画が、壮大なパロディ映画を作り上げた。
老ジェームズ・ボンドがデヴィッド・ニーヴン、Mの妻がデボラ・カー、ピーター・セラーズも007を名乗るが、ル・シッフル役のオーソン・ウェルズを恐れて途中降板、マタ・ハリとの娘がマタ・ボンド、甥がジミー・ボンドでウディ・アレン、ジャクリーン・ビセットの役名がミス・太もも、ヴェスパーがウルスラ・アンドレス、その他大スターが顔を見せている。
ドタバタコメディだが、音楽はバート・バカラックで素晴らしく、「恋の面影」をダスティ・スプリングフィールドが歌っている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0007シリーズのファンであっても無理に観る必要は全くない

あき240さん
2019年4月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

007カジノロワイヤルは2作ある
ひとつはダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドを演じる2006年の本家のシリーズ
もうひとつが本作で1967年のものだ
時期的には本家シリーズの「007は二度死ぬ」の直前の公開作品

イアン・フレミングの原作第一作のお話
その権利が押さえられず本家が映画化できないのを良いことに元祖を名乗って映画化したもの

ハッキリ言って映画としては破綻しており退屈だ
つまらない

流石に製作予算だけは潤沢に集まったのか、一流スターを取り揃えた豪華かな顔ぶれ
美術、衣装なども金が掛かっておりチープさは皆無

ボンドが高齢となり引退しているが、請われて現役復帰する
その際自分の分身として何人もの007を立てて闘うというもの
つまり元祖はこちらと言いたかったのだろう
原作通りカジノでのバカラ対決もある
お約束の敵の秘密基地もでてくる
ボンドガールは山ほど登場する

しかし製作側が本家を上回る本格的な007シリーズを作る情熱を喪失してしまって、パロディ作品に逃げてしまったのだ

しかも監督が幾人も交代してなんとか完成したものだから、内容はひどいものだ
支離滅裂といって良い
評価できるとしたら、その支離滅裂さが1960年代のお気楽な空気感として快く感じられることぐらいか

ただ狙ってやっているなら、計算づくのパロディなら笑うこともできただろう
あまりにもお粗末で呆れるしかない
映画としては星はゼロだ

しかしオーソン・ウェルズ初め大スターを見れるので星1個
バート・バカラックとハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラスの音楽が余りにも素晴らしく星1個
それぞれオマケして星2個をつけよう

これでも最大限のオマケだ

2006年の同名映画とは比べもつかない
本家、元祖対決としてもネバーセイネバーアゲインの素晴らしい出来とは比較にもならない
007シリーズのファンであっても無理に観る必要は全くない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.5ダニエル・ボンドとの落差すごすぎ…。

2016年4月17日
iPhoneアプリから投稿

何がどうなればアレがこうなるのだ(笑)??
ある意味これは映画史に残る怪作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Hidetoshi Ota

4.5本家より好きかも

小二郎さん
2013年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

笑える

子どもの頃、本家の007よりこっちの方が好きだった。(嫌なガキでした…すいません。)
本家のジェームズ・ボンドって足が臭そうって思ってた。
革靴はいて走るからかな…?なんか蒸れてる感じがするんだよ。
子ども心に、男性ホルモンムンムンな感じもちょっと嫌だったのかも。

それに比べてこっちはムンムン蒸れ蒸れな感じもなく、子どもの目にはサッパリしてお洒落な感じに映ったのかもしれません。(どっちの映画も意味は理解していなかったと思う)

大人になって見返してみると
まあ何よりバート・バカラックの音楽が素敵!
女優陣きれい!
男性陣のグズグズぐだぐだ感がたまらくイイ!(全然サッパリした感じじゃなかった。子どもの目は当てにならない)
で、やっぱり面白い。

大人になっても本家よりこっちの方が好きです。すいません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小二郎
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品