007/カジノ・ロワイヤル(1967)

劇場公開日:

解説

イアン・フレミングの小説『カジノ・ロワイヤル』をウルフ・マンコウィッツ、ジョン・ロウ、マイケル・セイヤーズの3人が脚色、「天地創造」のジョン・ヒューストン、「人間の絆」のケネス・ヒューズ、「スパイがいっぱい」のヴァル・ゲストと、「フレンチ・スタイルで」のロバート・パリッシュ、英国のTV出身のジョセフ・マッグラスの5人が監督にあたっている。撮影は「唇からナイフ」のジャック・ヒルドヤード、音楽はバート・バカラックが担当、主題曲はハーブ・アルパートとティファナ・ブラスが演奏している。出演は「紳士泥棒 大ゴールデン作戦」のピーター・セラーズ、「ブルー・マックス」のアーシュラ・アンドレス、「スパイがいっぱい」のデイヴィッド・ニーヴン、「ジブラルタルの追想」のオーソン・ウェルズ、「サイレンサー 沈黙部隊」のダリア・ラビ、イギリスの舞台・TV出身のテレンス・クーパーのほかにデボラ・カー、ウィリアム・ホールデンなど。なお監督のジョン・ヒューストンが“ M ”役で特出している。製作はチャールズ・K・フェルドマンとジェリー・ブレスラー。

1967年製作/131分/イギリス
原題:Casino Royale
配給:コロムビア

ストーリー

今は引退しロンドン郊外の豪壮な邸宅にひっそりと暮らす往年の名スパイ、ジェームズ・ボンド卿(デイヴィッド・ニーヴン)のもとへ英国秘密情報部の主任Mことマクタリー(ジョン・ヒューストン)、CIAのランサム(ウィリアム・ホールデン)ソビエト情報機関のスメルノフの3人が訪ねてきた。世界各地で英米の情報部員が国際陰謀団スメルシュに次々と消され、かつて勇名をとどろかしたボンド卿の出馬を懇請しにやって来たのだ。第1次大戦で恋人だったドイツのスパイ、マタ・ハリが連合軍に捕らえられ処刑されてから、深い悲しみに沈んで彼女の思い出にのみ生甲斐を感じていたボンド卿は容易に承諾しなかったがマクタリーの強引な説得でやっと出馬することになった。ロンドンへ向かう途中、逸早くこのことを知ったスメルシュは諜報部員ミミ(デボラ・カー)配下の女性部隊を動員してさまざまな妨害工作をした。ミミの邸に連れ込まれ女攻めにされたり野原に猟へ誘われ鳥の形をした誘導弾に襲われたり……。数々の妨害をはねのけるボンド卿に、ミミは惚れてしまいかなわぬ恋ならと修道院に入り、ボンド卿はロンドンに着き対スメルシュ作戦の指揮を取った。彼の作戦は007号を何人も潜入させ本物がどれか分からないようにして、敵に迫るというもので、007号として、ベスパー・リンド(アーシュラ・アンドレス)、クーパー(テレンス・クーパー)英国特別情報部員(ダリア・ラビ)マタ・ボンド、イブリン・トレンブル(ピーター・セラーズ)を雇う。マタ・ボンドは奇しくもボンド卿とマタ・ハリとの恋の結晶と分かり、2人は父娘の対面をすることになった。スメルシュ配下の最も手強いスパイは、ル・シッフル(オーソン・ウェルズ)で、彼はカジノで穴をあけた資金を埋めるために、連日、大勝負をして勝ち続けていた。このル・シッフル打倒のためにバカラ(カード・ゲーム)についての著書もある名手トレンブルが派遣された。ル・シッフルは敗れ、刺客に殺された。しかしスメルシュは勝負に勝ったトレンブルほか、ボンド卿や彼の007号をすべて捕まえ本拠に監禁した。一同の前に現れたスメルシュの首領ドクター・ノアは、かつてボンド卿の弟子だったジミー・ボンドであった。一同は協力してドクター・ノアを打倒し、スメルシュは潰滅した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 アカデミー賞(1968年)

ノミネート

主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0珍品のライセンス

2022年3月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

寝られる

シリーズ番外編。1967年の作品。

以前シリーズ全レビューした時、本作だけは見ていなかった。
WOWOWでシリーズ一挙放送の時もナシ(『ネバーセイ・ネバーアゲイン』はやったのに…)、NetflixやU-NEXTにもナシ(他の配信にはあったそうだが)、それどころか近くのレンタル店にすら置いていない。
見たくても見れない、私にとっては“幻の007”。
先日、BSでの吹替放送を録画して鑑賞。
遂に見れた!
その感想は…
前々から“珍品”とは噂に聞いていたが、噂に違わず。
見れたのは嬉しいが、これをずっと見たいと思っていた自分がちと悲しくなった。

こちらもちゃんとイアン・フレミングの小説を原作にしていながら、ダニエル・クレイグ版とは全く別物。
原作は読んだ事無いが、それでなくとも分かる原作トンデモ改変。『ダイヤモンドは永遠に』の時、敵をスペクターに改変して原作側は怒りながら、本作はOKなの…??
あ、『カジノ・ロワイヤル』だ!…と、ボンドの初任務、ハードでスリリング、ヴェスパーとの悲恋を期待しようものなら…、まあ敢えて言わないでおこう。

各国の諜報員が殺される事件が続き、Mらは引退したボンドに復帰を頼む…。
…という一応ストーリーはあるのだが、それも形だけ。
実際の中身は、ストーリー性完全破綻、登場人物たちの意味不明な言動、笑えぬギャグや珍シーンの連続…。
一応ル・シフルとのバカラ対決やヴェスパーも登場するが、もうしっちゃかめっちゃか。
“物語”としての機能は果たしていない。おふざけおバカムービー。
これが噂の、007パロディ・コメディの衝撃か…!

キャストだけはシリーズ最高級。
ピーター・セラーズ、デヴィッド・ニーヴン、オーソン・ウェルズ、ウディ・アレン、初代ボンドガールのウルスラ・アンドレス…。
デボラ・カー、ウィリアム・ホールデン、ジョン・ヒューストン、ピーター・オトゥール、アンジェリカ・ヒューストン、ジャクリーン・ビセット、ジャン=ポール・ベルモンド…。
メインから助演、ゲスト出演に至るまで、見よ!信じられないくらいの超豪華&ビッグネーム揃い!
そして信じられないくらい、皆がおバカ演技を披露している。
考えによっちゃあレアかも…??

007が7人も登場。正確には、本人と“007”を名乗る人物が6人。
007が7人居るのなら、監督も5人。出演もしている巨匠ヒューストンも。
が、これがいけなかった。全く以て連携していない。
当初はイオン・プロ同様、本格スパイ映画として作るつもりが、様々な事情により断念。パロディに切り替え。
コロムビアはコロムビアなりに、奇を狙ったパロディ・コメディでイオン・プロに一矢報いる気でいたかもしれないが…、
言うまでもなく本家には遥か遠く及ばず。番外編としても『ネバーセイ・ネバーアゲイン』の方が面白い。
やっぱり『007』は、時々ベタでチープになろうとも王道スパイ活劇の方がいい。
それに、『007』のパロディなら『オースティン・パワーズ』があるし。

その『オースティン・パワーズ』の原点、
バート・バカラックの軽快な音楽、
二度と見る事は出来ない超豪華キャストと“007”に免じて、
超甘々の採点2!
本来だったら…。

コメントする 1件)
共感した! 2件)
近大

2.0もはや別物

2022年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
odeonza

3.0例えるなら最盛期の「新春かくし芸大会」

2022年1月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

寝られる

「俳優陣の演技力が凄い」「セットに凄くお金をかけている」「細かな点に光るものは非常に多い」「好意的に見たい、好感度は高いと感じさせる」
それなのに「笑えない」「ストーリーの繋がりが悪い」「話の脈絡が追いにくい」
結果的に「視聴が苦痛である」
なんだか「多種多様な山ほどの高級食材にBBQソースをぶっかけてハンバーガーにしてしまったみたいな映画」

というのが、一緒に鑑賞した息子(18歳)の感想である。なかなか正鵠を得ていると思う。
その年齢では、出演陣の豪華さがわかるはずもないし、かくいう私も彼らを見て「見慣れた」と思える感覚は無い。
オーソン・ウェルズを身近に感じるようになったのは幼少期に毎日見ていたピンポンパンかポンキッキのCM帯で毎日のようにイングリッシュ・アドベンチャー「追跡」の広告が流れたからだ。
名前を聞けば「ああ!あの名作の!」とは思うが「懐かしい〜」というほどの思いはない。

ざっと出演者を羅列すると、
デヴィッド・ニーブン(80日間世界一周、ナバロンの要塞、嵐が丘)
オーソン・ウェルズ(第三の男)(監督作・市民ケーン、マクベス、オセロ)
ピーター・セラーズ(ピンクパンサーシリーズ)
ウッディ・アレン(アニーホール、ミッドナイト・イン・パリ)
ウィリアム・ホールデン(戦場にかける橋、タワーリングインフェルノ)
シャルル・ボワイエ(裏街・ガス燈)
ジョン・ヒューストン(監督作・白鯨、マルタの鷹)
ウルスラ・アンドレイ(007第1作ドクターノウのボンドガール)
デボラ・カー(王様と私)

なんとまぁ、錚々たるメンバーか!
こんな大物達が全力でパロディやコントを繰り広げているので「彼ら」をよく見知っている世代にとっては、ただそれだけで笑いが取れるのだろう。
シリアス派・正統派大物俳優、或いは新進気鋭の喜劇役者が、まさかと思うようなバラエティに出演し、身体を張ってコントを演じてくれる。
この作品の「笑い」はそういうところにあるのだろうから「俳優陣」を充分に知らなければ笑えないのだ。
1967年の時点ですでにビッグスターだったメンバーだ。現在、本当の意味で純粋に笑えるのは後期高齢者世代の方々だけなのだな。
まぁ、1980年前後の「オールスター新春かくし芸大会」の雰囲気がわかる方は、そーゆーものだ、と思って頂けばよろしいんじゃないかと。

本当は、まだ「小説007」が無名だった頃、007第1作目「カジノロワイヤル」の映画版権を1番最初に取得したのはこちらなのだ。
しかし、映画化を試みるが主演探しに失敗。
そうこうしているうちにイオンプロの007が世界的大ヒット。そこでイオンプロに「カジノロワイヤル」の合作を持ちかけるも、交渉決裂。
それならばと、ショーン・コネリーに直接交渉したが、コネリーは「半年に1度はボンド以外の役を演じたい」と、タイミングが合わずこれまた失敗に終わる。

数々の失敗に落胆したハリウッドの重鎮フェルドマンは、いっそイオンプロのボンドシリーズを思いっきり茶化したパロディ映画を作ることにした。イオンプロには出来ないであろう「ハリウッドの超オールスター達を起用」して・・・
音楽までもバート・バカラック(「明日に向かって撃て」などヒット曲多数)を起用と、実に豪華で素晴らしい。
これでストーリーさえ!脚本さえしっかりしていれば、番外編として007ファンの記憶に残る1作品となっただろうになぁ、、、。

残念ながら「おふざけを名優達が演じるギャップ」&「コネリー・ボンド1〜4作への皮肉めいたパロディ」以外に、作品単体としての優れた点は無い。最近の言葉で言うなら「名優達の無駄遣い」だ。
ただ、出演陣が「非常に楽しそう」であった事は間違いない。ハリウッドスター達が全力で楽しみ、それを観る観客達も全力で笑っていたのならば、その時代に存在する価値はあったのだろう。

映画史料の一つとして観たい、という方以外にはお勧め出来ないが、ある意味「貴重な作品」である事は間違いところである。007パロディ作品としてオースティンパワーズやキングスマンにも何らかの示唆は与えているものと思われる。

コメントする 1件)
共感した! 4件)
pipi

1.5全編なんのこっちゃ

2020年11月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

寝られる

萌える

最初から最後まで意味不明な作品。

007の原作シリーズの1作目をコメディにして映画化。
原作と同じ要素はあるんだろうか?
美女が多数出演してなければ、見る価値全く無しだわ…
とりあえず、マネーペニーが可愛かった( *˙˙* )

そいえば『ルパン三世 ルパンvs複製人間』を思わせるシーンが有り。この作品の影響受けたんかな?

コメントする (0件)
共感した! 2件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品