007/死ぬのは奴らだ

劇場公開日

8%
30%
45%
13%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ショーン・コネリーから三代目ロジャー・ムーアにバトン・タッチされて新たに登場したシリーズ八作目。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ダイヤモンドは永遠に」のガイ・ハミルトン、イアン・フレミングの原作をトム・マンキーウィッツが脚本化。撮影はテッド・ムーア、音楽はジョージ・マーティン、主題歌をポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーが作曲し、“ジェームズ・ボンドのテーマ曲”をモンティー・ノーマンが作曲している。編集はバート・ベイツ、レイモンド・ポールトン、ジョン・シャーリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア、クリフトン・ジェームズ、ジュリアス・W・ハリス、ジェフリー・ホールダー、デイヴィッド・ヘディソン、グロリア・ヘンドリー、バーナード・リー、ロイス・マクスウェル、ロイ・スチュアート、B・J・アーノウ、マデリン・スミスなど。

1973年製作/イギリス
原題:Live and Let Die
配給:ユナイト

ストーリー

ジェームズ・ボンド(R・ムーア)が、ベッド・メイトと楽しい時を過ごしていた時、突然三人の情報員の死の知らせと“M”の指令がとびこんできた。ボンドは急ぎ、ドクター・カナンダ(Y・コットー)と対決すべくニューヨークへ飛び立った。が、早くもその動きを察知した組織はボンドを襲った。招き入れられたレストラン、突然回転したテーブルはボンドを神秘的美女ソリティア(J・セイモア)の前に連れだした。落着きはらった彼女の手から謎のタロット・カードが開かれ、ポンドの死を告げた。即座に危機を感じたボンドはティー・ヒー(J・W・ハリス)のメカニック・アーム(義手)から逃れ、ドクター・カナンダの本拠地に潜入すべく、サン・モニクへ向かった。しかし、ボンドの行動はソリティアの超人的霊感能力によってことごとく敵に筒抜けだった。ボンドが泊った部屋には毒蛇が待ち受けていた。危機を脱した直後CIAの連絡員だというロージー(G・ヘンドリー)にであった。ボンドは彼女を二重スパイと見破ったが、実は彼女はカナンダによって心を操られていたのだ。この地に、人を寄せつけぬほどの断崖上に邸宅があった。その秘密の一部屋で、ソリティアはカナンダに占い告げていた。ボンドはすぐここに来るだろう、と。その夜、ボンドは闇に乗じて邸宅に忍び入った。ソリティアは動じる事なくボンドを迎え、タロット・カードでの火花を散らす対決が始まった。ボンドは勝利を収め、カードが示す意味同様に彼女の部屋でベッドを共にした。彼女は初めて男に身を任した事によって予言力を失うことになった。カナンダの報復は免れえない。二人は脱出した。地上、そして空中からの追跡を逃れたのもつかの間、空港での待ち伏せにであった。セスナが格納庫に突っ込む。ボンドはとっさに飛び乗った飛行機で脱出した。サン・モニクに戻ったボンドはサメディ男爵(G・ホルダー)になるブードー教の生けにえにされるソリティアの危機を知り救出に向かった。二転三転の格闘の末、カナンダは体を破裂され、サメディ男爵は蛇の群れの中で死んだ。事件の解決を見たと思われたボンドとソリティアは列車での旅の途中、最後の危機にみまわれた。しかし執念深いティー・ヒーとの格闘の末、彼を窓の外へ突き落したボンドは、今やっとソリティアと二人きりになれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第46回 アカデミー賞(1974年)

ノミネート

主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0衝撃的な死に様

shotgunさん
2021年9月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

カリブ海の島国で諜報員が立て続けに殺害された。Mは新たな諜報員としてボンドを派遣するが…。
シリーズ8作目にして3代目ボンドのデビュー作。ヘビ、サメ、ワニと敵の使う生物が多岐に及んでおり敵組織の飼育員に想いを馳せてしまう。黒幕の死に方が壮絶な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

2.5【第8作目】死ぬのは奴らだ

アルさん
2021年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

今作からボンド役がロジャー・ムーアに。個人的には結構厳しめ。全体通してボンドが軽く、紳士感も薄く。黒人差別の様に見えてしまうストーリー、何だか宗教感も疑ってしまう。

タロット占いを題材に物語は展開するが、当時は新鮮かも知れないが、、、現在では脚本も練り不足が否めない。Qからのアイテムも都合良く万能過ぎて、少し醒めてしまった。

唯一の見せ場のボートチェイスは良いが、その前後のグダつきが半端無い。敵本拠地も潜入している感じも薄く、ボス役カナンガのラストも筆舌尽くし難い。

唯一の救いはボンドガール。ソリテール役ジェーン・シーモアが好演。可愛くて綺麗、妖艶な雰囲気で凄く魅力的。

名曲『Live And Let Die』。
個人的な年代はガンズ・アンド・ローゼズ。曲が大好きなので★+0.5。ここからの"ロジャー"ボンドに期待。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

3.0東野 英治郎が西村晃になった時と同じ感覚

pipiさん
2021年5月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

レーゼンビーで、コネリー以外がボンドを演じる経験をしていたので、ムーアへの変更も割り切って観られた。
例えるなら、水戸黄門で東野 英治郎が西村晃になった時と同じ感覚だ。
コネリーからムーアなら月形龍之介から東野の方が近いんだろうが、物心ついた時からずーっとご老公は東野だったのだから仕方ない。つまり私はムーア・ボンド世代なのだが、007はコネリー作品を頻繁にTVでやっていたからね。コネリー派です。

そんな訳でムーア作品にはあまり愛がないのだが、真っ新な気持ちで偏見無く観ていく事にする。
まず、ロジャー・ムーアの若々しさには感心した。コネリーより3つ年上には見えない。なかなかキープしてらっしゃる。

今回はNYのハーレムと、カリブ海ジャマイカが舞台。原作では2作目。
ジャマイカは、かつてコロンブスに征服され、ネイティブ・アメリカンは酷使・惨殺されてほぼ絶滅。代わる労働力としてアフリカから強制連行された黒人達の子孫が9割を占める土地。
それに加えて、カトリックでは「奴隷の邪教」として忌み、畏れられたブードゥが本作を彩る。
独特のダンス、太鼓、歌、生贄、神懸かり。至上神「ロア」は緑色の蛇の姿で顕現する。欧米のカトリックでは、蛇はエデンの園でエヴァを騙した悪魔の化身だし、ゾンビにされる刑罰などもあり、欧米人から見れば怪しさ満点だろう。

ヴィランは、カリブ海の架空の国サン・モニークの大統領カナンガ。自らハーレムの大物として顔を利かせ、NYに麻薬を無料でばら撒き中毒者を増やそうとする。市場価値を吊り上げる為だ。
B.Gはタロットを操るブロンド美女、ソリテア。正統派の英国美人で良いね♪
あとは印象に残ったのは派手なボートチェイス(ジャンプは見事でした!)
鮫、S&W M29くらいかな。
そりゃあ、.44マグは好きだけどさ。ボンドはPPKなんじゃない〜?
これって、ダーティーハリーより、あとだったっけ?
と思って調べたら2年後だね。これは影響受けてるよねw

ワインでもマティーニでもなくバーボン飲んでるし、ボンドカーじゃなくボンドボートだし、.44マグだし、Qも出ないし、なんか、コネリーとは全く違うボンド像を構築しようとでもしてたのかな?
(時計だけは変わらずサブマリーナだった。ロレックスから広告料でも貰ってたのかな?)

まぁ、なんだかブードゥの祭儀でドンドコドコドコ妖しい雰囲気に飲まれてるウチにボートが爆走して、煙に巻かれた感じだ。
な〜んとなく、ドタバタしているウチにボンドがコネリーからムーアに入れ替わっちまった。きっとブードゥの呪(まじな)いなんだろうから、まぁいいや。
そんな気分にさせられた、ムーア第1作であった。う〜む。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
pipi

3.0三代目(007⑧)

n.yamadaさん
2020年10月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

三代目ボンド、ロジャー・ムーアが登場する、シリーズ8作目。
ロジャー・ムーア版ボンドは、ショーン・コネリーよりシュッとしたイケメンだけど、やっぱり軽い(^_^;)

それにしても、相変わらず敵がマヌケ…
わざわざ施設を紹介してから殺そうとするから、殺し損なうと壊滅されるという(^_^;)

見どころは、ボートでのチェイスシーン。爽快で、見応えありました(^^)b

とりあえず、義手の男がマイケル・ジョーダンにしか見えない(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品