007 スペクター

劇場公開日:

007 スペクター

解説

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じる「007」シリーズ第24作。前作「007 スカイフォール」に続きサム・メンデス監督がメガホンをとり、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスら共演陣も続投。新たなキャストとして、ボンドガールとなるモニカ・ベルッチ&レア・セドゥ、「SHERLOCK シャーロック」のアンドリュー・スコット、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のデビッド・バウティスタ、そしてオスカー俳優のクリストフ・ワルツらが参加。「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンドは、そこに隠された謎を追って単身メキシコ、ローマと渡っていく。その過程で悪名高い犯罪者の美しい未亡人ルキア・スキアラと出会ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を突き止めるが……。

2015年製作/148分/G/アメリカ
原題:Spectre
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

映画レビュー

4.0ヒロインと共に闘い、仕事完遂より愛を選ぶ現代的ジェームズボンド

2022年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 21件)
Kazu Ann

4.0最後があっけないけど盛り上げ方は最高

2022年9月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

スペクターの組織の壮大感、前半の大ボスは誰かわからない前フリとかは素晴らしかった。ボンド個人に重きをおいているシリーズならではの敵ですが、ラストのヘリコプターに対してピストル打ち続けて落とされる下りはちょっとゲンナリしました。ここでマイナス1です。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
ほんげ

4.0著作権訴訟問題の終結

2022年8月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

007に再び「スペクター」の文字が躍る事は、半世紀に及んだフレミング(原作者)&イオンプロ対マクローリー(サンダーボール作戦原作脚本家)との著作権訴訟合戦の終結を意味して大変喜ばしい。

さて本作であるが、これまた過去作品へのオマージュおてんこ盛り!
一体どうしちゃったの?ここまでやる?って感じで喜んでいいのやら、複雑な心境です。
まぁ、今回のように007マラソンでもしてない限りは、相当な007マニアしかわからないかもしれないシーンも多いのですが。

おかげで、カジノロワイヤルや慰めの報酬で感じた「新生ボンド感」はすっかり吹き飛びました。
もうクレイグボンドとコネリーボンドに差異はない感覚になりましたね。
そもそも、ポスターの白タキシードはコネリーとまったく同じだし、黒タートルネックに黒ズボン&ガンホルダーだけの本格スパイルックはムーアとおんなじ。

死者の日のスケルトン衣装は「死ぬのは奴らだ」。ヘリコプター1回転は「黄金銃を持つ男」のホーネット。アストン・マーチンのイジェクトシートは「ゴールドフィンガー」ですね。
特急列車で気丈なマドレーヌちゃんがボンドに陥ちるのを唐突だと思われた諸兄もおられましょうが、あれはそれ「ロシアより愛を込めて」と同様に「共通の恐怖体験をした男女は恋に落ちやすい」ってヤツですね。命の危機を感じると脳が急いで子孫を残そうとする本能的な遺伝子プログラムなのでしょう。
白ペルシャがトレードマークのブロフェルドと兄弟なのは「オースティンパワーズ」(笑)(いや、そこはオマージュじゃないって!w)

ただねー。宿敵、ブロフェルドにしてはなんだかキャラが弱かったかなぁ。
まぁ、その点も「ダイヤモンドは永遠に」では本作と比較にならぬほどキャラが弱かったブロフェルドなので、いいっちゃいいんですけどね。
まぁ、とにかくマドレーヌちゃんととりあえずのハッピーエンドでホッと致しました。
でも、次作ではきっと壮絶な悲劇が待っているのだろうなぁ、と「女王陛下の007」辺りから推測してしまい、なんとなくモヤモヤした気分で鑑賞を終えたわけなのです。
観たいような、観たくないようなノー・タイム・トゥ・ダイでありました。(早く観ようっとw)

※慧眼のレビュアー様のコメントで「過去作の亡霊を成仏させる為」との見解を読んだ。なるほど〜!と感服。
星の数、迷っていたが心置きなく上方修正する事にしよう。

コメントする 2件)
共感した! 13件)
pipi

3.0ボンド色男すぎんか...

2022年7月18日
スマートフォンから投稿

毎回突拍子もなく女性とひっつくので
ここでキター!となんか笑けてくる。

冒頭のヘリの中での殴り合い、見ていてハラハラします。自分が群衆の中にいたらどこにヘリが落ちてくるか怖すぎる。

もっとアクションシーンと銃撃シーンが欲しい!
前作の方が好みだったかなぁ。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
21世紀
すべての映画レビューを見る(全461件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品