007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

劇場公開日:

解説

人気スパイアクションシリーズ「007」の第19作。巨大石油パイプラインの計画を進めていたイギリスの石油王キングが、MI6本部で暗殺された。犯人は国際的テロリストのレナードだと突き止めたMI6は、キングの仕事を継いだ娘エレクトラが次の標的になると考え、護衛としてボンドを送り込むが……。ボンド役はこれが3作目となるピアース・ブロスナン。エレクトラ役にフランスの人気女優ソフィー・マルソー。「ネル」などの名匠マイケル・アプテッドがメガホンを取る。

1999年製作/128分/アメリカ
原題:The World Is Not Enough
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Moviestore Collection/AFLO

映画レビュー

3.0悪役ロバート・カーライル

2022年2月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時鑑賞。
カーライル目当てだったのでスポットが当たって満足。ほぼボンドを観ずに周りを見てる頃。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

3.5Qがかわいい

2021年12月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
しょうゆくん

4.0ボンドガールが敵という展開が良い

2021年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ボンドガールが敵という展開が良い

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いたかわ

4.5男塾名物・直進行軍(笑)

2021年10月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

興奮

これまでも善良な市民の皆様にご厄介をかけ、毎度お騒がせしてきた我らがジェームスでありますが、今回ほど酷いのは初めてじゃないでしょか。
プレタイトル・シークエンスにてマリア・グラツィア・クチノッタ演ずる女暗殺者を追跡し、Qの「リタイア後お楽しみ用」の釣り船を駆ってド派手アクション。当然、水陸両用ギミック満載ボートなわけですが「最短距離」を選択するジェームス。
これじゃ思いっきり「男塾名物・直進行軍」ではないですか(笑)
こりゃあMI6、弁償金だけじゃ済まず一軒一軒回っては平謝りだぞ?
個人的に、マリアはクリスマス・ジョーンズのデニス・リチャーズよりずっと良かったです。デニスはゴールデンラズベリー賞最低助演女優賞を受賞したとか。ソフィー・マルソーの引き立て役でしかなかったもんね。
あぁ、だから印象に残るマリアは早々にご退場なのか。

ってこって、ソフィー・マルソーです!
いつもの007というより、完っ全にソフィーの為の映画という気も致しましたがどうなんでしょう。
個人的にはラ・ブームのソフィーで認識が止まっていましたので、もう「ぐ(具)が大きい♪」の可愛かった安達祐実ちゃんがいきなり花魁道中になってしまったような印象でしたが、やっぱり美しいですね♪
悪女役とは言え、心は穢れていない、◯◯◯◯への純粋な愛情によって動いていると感じました。妖艶になっても芯は清純というような。
例え、きっかけはストックホルムシンドロームだとしても・・・。

タイトルにもなっているボンド家の家訓が登場したのは、レーゼンビーの「女王陛下の007」でしたね。
英国紋章院にて、先祖が準男爵である事と家紋を見せて貰いましたが、その家紋にOrbis non sufficitというラテン語が書かれてありました。英訳するとThe World Is Not Enoughな訳です。
(なんで邦題、Theを取っちゃうんだろ。語呂の問題だろけど変じゃない?)
ローマ詩人がアレキサンダー大王を風刺したフレーズですが、後世アレキサンダー大王に憧れる君主や貴族が家訓にしたんですね。ボンド準男爵もそのお一人のようです。

主演ボンドガールがラストシーンの「お約束」を演じないという点も「女王陛下〜」と同じだし、007シリーズとしては異色ですが、私は好きです、こういうの。ミステリー風味もありましたしね。

細かいところでは、ゴールデンアイにも出た、元KGBのヴァレンティンもいい味出してるよね。
ボンドカーのBMW Z8 ロードスター。
コメントしようと思ったけど、真っ二つにされた記憶しかないわw
ボンドカーより遥かにインパクト大なのが森林伐採用のバス・ソー・ヘリ!
こんなの本当にあるんだぁ!(笑)
伐採というか枝払いや電線保護の為だそうです。アメリカやフィンランドで使われているとか。日本人には想像もつかない広大さだろうから、まぁ納得だよね。
BMWとの提携は今回でおしまい。そりゃそーだろ。毎度あまりに扱い酷すぎるもん。「ボンドには英国車!」というファン層の声が煩いのかもだけど、アメ車は結構登場してるし、トヨタ、メルセデス、アルファロメオ 、ルノーもこれまで使われてきた。なんでベンベ(BべMンWべ)にだけ、色々言うかなぁ?
まぁ、それでも007効果でそれなりに売り上げ増加したようでなによりです。
あ、本作にも「実は」DB5、登場しています。発見するのはウォーリー見つけるよりも難しいけれどw興味ある人は挑戦してみて下さいw
(ヒントは、かなり終盤。てか、ラストです。)
あと、スケスケ眼鏡は見た瞬間「サンジきゅ〜ん!」という言葉が脳裏を掠めましたw

最後になりましたが、本作内で引退を宣言し、惜しまれてカムバックを望む声が高まっていたQ。
突然の悲報にて、ファンの希望は叶わぬものとなりました。
大変長い間楽しませてくれて本当にありがとう!Q!
デズモンド・リュウェリン氏のご冥福を心よりお祈り致します。

コメントする 5件)
共感した! 5件)
pipi
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品