007 トゥモロー・ネバー・ダイ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007 トゥモロー・ネバー・ダイ
7%
46%
42%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ゴールデンアイ」に続いてピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドに扮した「007」シリーズ第18作。中国近海を航行中のイギリス海軍艦が撃沈され、英中間の軍事的緊張が一気に高まる。しかしこの事件は、スクープを狙うメディア王カーバーが仕組んだものだった。諜報部から指令を受けカーバーのビルに潜入したボンドは、そこで中国国外安保隊員の女性ウェイ・リンと出会う。ボンドガールを務めるのは香港の人気アクション女優ミシェル・ヨー。

1997年製作/119分/イギリス・アメリカ合作
原題:Tomorrow Never Dies
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第55回 ゴールデングローブ賞(1998年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0英中戦争勃発!?(007⑱)

n.yamadaさん
2020年10月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

ミシェル・ヨーのカンフーが炸裂する、シリーズ18作目。
ここ3作品は、ボンドガールは相棒になるみたいな流れになってるなぁ~
ボンドガールが美人ならなんでも良いんだけど、ミシェル・ヨーはイマイチ好みではない。というコトでやや不満(^_^;)

今回はBMWのボンドカーが凄い。それにしても、スパイ映画でBMWってなると、『ミッション・インポッシブル』に見えてしまう(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

3.0新旧ボンドガール

2020年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

メディア王(ジョナサン・プライス)がイギリスと中国を戦争になるよう企む。
ボンドガールは旧タイプがテリー・ハッチャー、新タイプがミシェル・ヨー、主題歌はシェリル・クロウ。
劇中、2年前に起きた地下鉄サリン事件がモチーフとして使われている。
BMWが四輪車、二輪車で大活躍。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0初劇場鑑賞の007

近大さん
2020年9月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、映画館

楽しい

興奮

シリーズ18作目。1997年の作品。

初めて劇場で観た007。
その後もレンタルやWOWOW放送や録画などで何度も見ており、多分シリーズで最も見ていると思う。
とは言え、最後に見てから随分経つので、ちょいちょい忘れている所も。が、見ている内に思い出してきた。シェリル・クロウの主題歌も耳馴染み~。
以来、シリーズは全て劇場で観ている。

中国領海で英国戦艦と中国ミグ機が交戦。両国間に戦争の危機が迫る。
それを第一報でスクープした“トゥモロー紙”。
不審に感じたボンドは社長でメディア王と呼ばれるカーヴァーに接近。掴んだカーヴァーの陰謀とは…
先の交戦もカーヴァーのステルス艦の攻撃によるもの。さらに、イギリスと中国を戦争に突入させ、第3次世界大戦を勃発させ、そのニュースでメディア界を独占しようとしていた…!

大ヒット&大評判となったピアース・ボンド初任務『ゴールデンアイ』。
完全にピアース・ブロスナン=ジェームズ・ボンド。
その勢いに乗り作られた同第2弾は、前作以上の…いや、シリーズで最もというくらいアクション満載。
とにかく、見せ場見せ場の連続!

プレ・シークエンスは、ロシア国境の武器マーケット。英ロ軍共闘でミサイルでそこを殲滅しようとするが、核弾頭が…! ミサイル迫る中、ボンドは核弾頭搭載の機で脱出を図る…!
先述の英中の緊迫の攻防。
カーヴァーに接近した後、カーヴァービル本社に潜入。銃撃戦からの、Q特製のびっくりどっきりカーが大活躍! 携帯の画面で操作。ミスター・ボンドは“撫でる”のは得意なんです。
ボンド同様、この事件を調査する中国国防保安隊のリン大佐と出会い、共闘。敵に捕まるも、高層カーヴァービルから垂れ幕を破って飛び降り脱出。それも束の間、追っ手ヘリから逃走バイク・チェイス。しかもこれら、手錠で繋がれたまま!
遂にステルス艦の居場所を突き止め、潜入。カーヴァーの野望を阻止するクライマックス戦は、ドンパチドンパチ!爆破爆破!迫るカウントダウン…!

そのアクションを盛り上げているのが、今回のボンドガール。
言わずと知れたアジアのアクション女優、ミシェル・ヨー。
華麗なるアクションはピアース以上。垂れ幕ジャンプやミシェル単独のアクション・シーンはまるでアジアのアクション映画を見ているよう。
アジアン・ビューティーな魅力も言うまでもなく。
カーヴァーの妻役、テリー・ハッチャーももう一人のボンドガール。
人妻の色気たっぷり。実はボンドのかつての恋人。それ故…。悲劇的な面も。
カーヴァー役は名優ジョナサン・プライス。突然降板したオスカー名優の急遽の代役だが、そうとは思えない巧演。演じたメディア王、何人かモデルらしき人物が思い浮かぶ。

メディア王の犯罪は現代的。
新しいヴィラン像だが、作品はアクション推し故、荒唐無稽で強引な部分も。ドラマ的にはちと弱い。
その分、アクションで魅せる!
初登板のロジャー・スポティスウッドのテンポのいい快演出。
音楽もいい。担当したのはかつてのローランド・エメリッヒ作品で知られるデヴィッド・アーノルド。元々007シリーズのファンで、メインテーマもここぞという所で用い、音楽面での盛り上げ方は往年のジョン・バリーを彷彿。以後、『慰めの報酬』まで5作連続担当。
往年のショーン・ボンドやロジャー・ボンドのような抜群のエンタメ性。
その007シリーズの生みの親であるプロデューサー、アルバート・R・ブロッコリが前年に死去。本作は彼に捧げられている。

何者かが陰謀企み、我らのボンドがそれを阻止する限り、
“明日は決して死なない”。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大

4.0Tomorrow never die. 王道ですが何か?

アキ爺さん
2020年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品