007/ゴールドフィンガー

劇場公開日

8%
54%
31%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イアン・フレミングの原作を「007/危機一発」のリチャード・メイバウムとポール・デーンが脚色、「好敵手」のガイ・ハミルトンが監督したアクション推理。撮影は「007」シリーズのテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが担当した。出演はショーン・コネリー、「007/危機一発」のバーナード・リー、「怪人マブゼの挑戦」のゲルト・フレーベ、TVのオナー・ブラックマン、「ライノ!」のシャーリー・イートン、プロレスラーのハロルド坂田ほか。製作は前作同様、ハリー・サルツマンとアルバート・ブロッコリ。

1964年製作/110分/イギリス
原題:Goldfinger
配給:UA

ストーリー

英国の金が密輸ルートで大量に国外に流出しているという情報を得て、ボンド(ショーン・コネリー)はその犯人と目される億万長者のゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)との対決を命令された。ゴールドフィンガーのやるインチキトバクを見破ったボンドは、ジル(シャーリー・イートン)などの犠牲のおかげで彼に近づきになったが、用心棒オッドジョブ(ハロルド・サカタ)に捕まった。気がついたとき、ボンドはゴールドフィンガーの自家用機にいた。彼はアメリカにある金に放射能爆弾を射ちこみ、使用不可能にしておいて自分の金を十倍の値で売りこもうという計画を実行に移しているのだ。ボンドは見張り役がブロンドのプシー(オナー・ブラックマン)であったのを幸い、荒っぽい強烈な手管で彼女を味方にひきいれた。実行の日、プシー指揮の飛行編隊が空から催眠薬を撒き、市全体を眠らせておいて金保管所の扉を焼き切り、ボンドは時限爆弾につながれて金庫におろされた。この時、守備隊が突然立ち上がった。プシーの密告で眠らされたふりをしていたのだ。激烈な戦闘が展開された。そのスキにゴールドフィンガーは米陸軍将校に化けてプシーの待機するヘリコプターで脱出した。オッドジョブを倒し時限爆弾を解除し、危機を救ったボンドはアメリカ大統領の招待を受け特別機で向かう。ところが搭乗員は全員が、密かに乗っていたゴールドフインガーのために縛られ、ボンドも彼の握るピストルの前に立たされた。一瞬、ボンドは弾丸を外し、窓ガラスを破った。激しい気圧の変化にゴールドフィンガーは機外に投げだされた。操縦していたのは帰れば殺されることになっていたプシー。二人はパラシュートで脱出した。空中で熱い接吻をしながら……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 アカデミー賞(1965年)

受賞

音響効果賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0帽子飛ばし

kossyさん
2021年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 メキシコの革命を阻止するためラミレスの武器庫を爆破。その後の残務整理・・・って、女を盾にすんなよ(死ななかったみたいけど)。

 その後マイアミビーチでバカンスを楽しむボンドの前にCIAのフィリックス・ライターに会う。イカサマカードゲームをしているゴールドフィンガー氏の秘書ジル・マスターソンとお楽しみのところ、ボンドは何者かに気絶させられた。そしてジルは全身に金粉を塗られ殺され・・・

 アストンマーチンDB5とそのハイテク技術がいい。だけど前半でオシャカにしちゃいます(Qがちゃんと返せと言っていたのに・・・)。

 姉の復讐のため乗り込んだ女性はすぐ殺されちゃうし、ボンドは捕まってばかりだし、どうなることかとヒヤヒヤして観てました。女性パイロットたちの無表情さも怖いし、オッドジョブ役のハロルド坂田が強すぎますよ。彼の帽子投げは冒頭に出てくるマネーペニーの帽子掛けにもリンクして興味深いです。「帽子飛ばしなら俺だってーー」てな感じのボンドももちろん良いですね。

 60年代はまだ金本位制。それを利用して金の密輸を企てる悪党ゴールドフィンガー。アメリカの金がすべて集まってるというフォートノックスをターゲットにしていたが、殺人ガスデルタ9を撒き、その上核物質を撒き、放射能汚染させ金価格を高騰させようという計画。おぞましい!

 そしてスカっとするのが終盤のどんでん返しやデジタル表示が007で止まるところ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

3.5な、なにもしてない

maduさん
2021年8月15日
iPhoneアプリから投稿

美しい映像でゆったり目な展開。ショーン・コネリーの大人の余裕のかっこよさを堪能できて好きなんですが、
冷静に観てみると…ボンド、なにもしてない。
事件解決にほとんど貢献せず、ずっと捕まってるだけ。
でも、そんなことを煙にまいてしまうようなチャーミングさがあるコネリーボンド好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
madu

3.0【3作目】ゴールドフィンガー

アルさん
2021年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

興奮

本作は接触、潜入、阻止が気持ち良い、
スペクター無しの純粋なスパイ映画。

悪役ゴールドフィンガーも悪らしい悪で、
黒幕が明確で物語の設定がわかりやすい。
今回もボンドは捕まって危機に見舞われるが、
ブラフとジョークで切り抜けるのは流石。

ボンドガールは予想外の予想外だったが、
良い意味で裏切られて良い。
最後の展開に、ボンドの魅力の凄さに感嘆。

お約束のQからのアイテム説明にワクワク。
今回はアストン・マーティンという名車、
ボンドカーの装備、使い所の想像で興奮。
公開当時では画期的な登場する様々な武器、
アイテムは今では驚きは無いが面白い。

時代を考慮しても十分楽しめる内容。
突っ込み所はあるが今だからこそ言える事。
すでにシリーズとしての安定感は抜群。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

4.0アストン・マーティンはここから始まる

pipiさん
2021年5月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

歴代ボンドカーは多々あれど、それでもやはりボンドカーと言えばアストン・マーティン。アストン・マーティンと言えばボンドカーであろう。

そうか、秘密兵器(ここは敢えて「秘密兵器」と呼びたいw)満載の、アストン・マーティンDB5の初登場はゴールドフィンガーだったっけ。
かのチャールズ皇太子も幼少のみぎりはコーギー社のキコキコカーにお乗り遊ばしていたというのだから、正に英国王室に愛された007である。

「Q」に説明を受ける時点ですでにワクワクものだが、機関銃・各国ナンバー可変プレート・スピンナー・防弾装甲・携帯発信器&受信機(有効距離240km)・煙幕・オイル散布装置・イジェクトナビシートなどなど。
もう、いつ使われるかと思うと実に楽しい。
2作目で乗っていたル・マン4連覇のベントレーも良いが(第2〜8回の短期間に優勝5回!当時は最速最強のラリー覇者がベントレーである。)ロールスロイス傘下に入ってからは大人しくなってしまったので、純血のスポーツカーとしての系譜を受け継ぐ英国車はアストン・マーティンで決まり!であろう。(ロータス?エスプリ登場する時代まで待ってねw)

美女も惜しみなく使う。ジルかティリーがボンドガールか?と思うが呆気なく退場となる。
沢田研二の歌に「背中まで45分」というのがあるが、コネリーボンドは「背中まで5分」すらかからない(笑)

それにしても、70年代から80年代初頭を彩る数多の漫画作品が次から次へと脳裏にオーバーラップしてくる。みんなゴールドフィンガーの影響を多分に受けていたのだなぁ、程度に鑑賞中は思っていたが、ハタ!と気付いた。
そうか!本作自体が非常に荒唐無稽なエンタメに振り切っているから、漫画文化と馴染みが良いのだ!

ボンドカーの秘密兵器は、多機能詰め込んだ筆箱にワクワクする小1男子の心情と根底は変わらない。
オッドジョブ(ハロルド坂田)の山高帽もウッカリ違和感なく観ていたが、特撮ヒーローものの怪人か幹部そのものじゃないか(笑)
気障極まりない台詞も「背中まで5分」も、漫画の主人公ならば充分可能だ。(現実で真似しようとしてはいけないw)
潜水服の下の純白スーツに皺一つ無くても、頭に志村けんの白鳥か!っつー水鳥が付いていても、レトロな忍者みたいなものだと思えば許せる。(いや、許せるかなぁ?)
全裸金粉美女も、寺沢武一辺りに任せれば美麗なポップアートに仕上げてくれるだろう。
(そう言えば、ジャニーズ「忍者」のデビューシングルコスチュームデザインは寺沢武一だった。双方のイメージがまるで結びつかないが、SMAPが聖闘士星矢演ったのも時期が近いから、ジャニーズも迷走していたんだろう)
美酒に対するスノッブ気味のこだわりも、ボンドなら嫌味がなくて格好良いんだなぁw

斯くして007シリーズは60〜70年代を代表する娯楽大作となり、そのインパクトを受けて育った若きクリエイター達の中に血脈は受け継がれていく・・・。
作品内容そのものよりも、後世に与えた多大過ぎる影響に拍手を贈りたい。
コネリーボンドは正しく時代の寵児であったのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
pipi
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品