007 ダイ・アナザー・デイ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007 ダイ・アナザー・デイ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピアース・ブロスナンが4度目で自身最後のジェームズ・ボンド役を務めた「007」シリーズの第20作。北朝鮮で武器の密輸に携わるムーン大佐を暗殺したボンドは、その直後に敵に捕らえられ拷問を受ける。14カ月後、逮捕されたムーン大佐の側近ザオとの捕虜交換によってボンドはようやく解放されるが、Mはボンドが情報を漏洩したと疑い諜報員の資格を剥奪。ボンドは自らにかけられた疑いを晴らすため、ザオを追ってキューバへと向かう。「チョコレート」のオスカー女優ハル・ベリーがボンドガールを務める。

2002年製作/133分/アメリカ
原題:Die Another Day
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

3.0あっちの宝刀もたつ

yonda?さん
2019年9月28日
スマートフォンから投稿

何度も何度も変な殺し方をしようとしては逃げられ計画が頓挫する悪役たち。

00剥奪されての話も大筋に影響ないし、緊迫感がない。鋭さがないというかエージェントなのになんで...という場面多かった。全員銃弾当たらな過ぎる。マドンナが曲だけでなくちょっとだけ出演してる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.5DVD200円ゲットシリーズ。007シリーズ初レビュー。 まず北朝...

2019年7月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

DVD200円ゲットシリーズ。007シリーズ初レビュー。

まず北朝鮮をナメてますね。命があるはずなし。

消える車、無理がありすぎ。CG使いまくりの不可能アクションの連続。クライマックスの頃にはもはやギャグ映画と化します。

R・パイクの冷たい美貌は良かった。悩殺ブラックブラアクションは必見。

シリーズ40周年にして第20作のダブルメモリアル作品。このCG不可能アクションに爆笑せよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0汚名を雪ぐための最後の戦い!

syu32さん
2019年6月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

「007」シリーズ第20作。シリーズ製作40周年記念作品。

「日曜洋画劇場」での地上波初放送を鑑賞。

物心付いたときから慣れ親しんだピアース・ブロスナン演じるジェームズ・ボンドは本作が最後となりました。正直、寂しかったです(笑)
色気の面ではシリーズ随一だったんじゃないかなと思います。作風も明るかったですし、観ていてすこぶる楽しかったのが印象的なボンドでした…。

それはさておき、汚名を雪ぐために孤立無援の戦いを繰り広げるボンドのタフさが堪らん! 衛星からビームで攻撃してくるとんでもない悪の組織との戦いが秀逸!
ハル・ベリーも凄まじい魅力を振り撒いていて、個人的にだいぶん好みのボンドガールでございます(笑)

ラストのハル・ベリーのおへそにダイヤを入れて戯れるボンド…「エロっ!」と思いながらもお茶の間の手前平静を装った小学6年生でした(笑)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32

4.0007シリーズは本作を持って一旦閉じらたのかもしれません

あき240さん
2019年4月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今回の敵は北朝鮮
2002年当時はそぞろ南北融和路線に反すると南北揃って猛烈な抗議を受けたそうです

しかし製作陣の世界情勢ネタの選定の目が確かなのはその後の歴史が証明しています
本作の公開の4年後にはミサイル開発と実験が本格化しています
何度も日本の上を北朝鮮のミサイルが飛び越えていったのです
さらに韓国は最早北朝鮮の味方の様になってしまっているのが今日の姿なのですから、本作を上回る状況と言っても良いかもしれません

米国NSAの長官の風貌がなんとなく、現時点の現実の国務長官ポンペイオに似ているのが面白いです
ポンペイオはCIA出身ですから、彼がモデルだったのかもしれません
その彼が今では北朝鮮との交渉の窓口なのですから、現実は007映画より奇なりです

本作はシリーズ20作目の記念作品ですから、長年のファンへの感謝作品といった作りになっております
だって、歴代の過去作品のオマージュがてんこ盛りで出てきますのでニヤリとし通しです

マネーペニーにもボンドとのラブシーンが用意されていて長年のファンも感動です
といってもオチがありますが、それはヒミツ

Mはいけすかない女上司の設定に戻っており、Qは後任のRが二代目Qを襲名してボンドからQと呼ばれております

さて007シリーズは身体を張った実写アクションが売りでCGには極力頼らないのがモットーだっだのですが、本作ではCGを多用しています
その分よりスケールの大きい映像が登場するのですが、ハッキリ言ってやはりCGはチャチイです

いや、さすがに007シリーズで使うCGは物凄いなあと思う大変にクオリティの高い当時最高のCGではありますが、やはり身体を張った実写アクションの本当の迫力とは全く違います

かえって本物のアクションの凄さ、それを実現できる現場の力が007シリーズを支えているのだと再確認させてくれます
それはあたかも本作でのM女史とボンドの対立のようです

冒頭のホバークラフト、ボンドカー対ボンドカーもどきとの対決も圧巻でした

しかし明らかにCGと一目でわかるアントノフ巨大輸送機からのスーパーカーの投下シーンは、今までの作品なら本物を投下してきたかっての迫力ある空中アクションシーンから見るとなんともチャチイものにしかみえません
アイスランドでのパラシュート降下シーンの合成バレバレの映像は空中アクションチームとしては納得いかないはずのシーンです
興ざめな気分になるのも確かなのです

ボンドガールの二人よりも目を引かれるのは、フェンシングの美しすぎる女性インストラクター
マドンナはやっぱり凄い美人です
チョイ役はもったいない
フル出演のマドンナのボンドガールが見たかった
主題歌も彼女の作詞作曲で歌唱も本人です
なかなかに良い曲でそこそこヒットしました

実はこのミュージックビデオが特典映像に入っていますが、本作のボンドを彼女に置き換え、かつ過去の007シリーズの名場面のオマージュや空飛ぶ山高帽子などが出てくる007をモチーフにしたもので、これが素晴らしい出来映え!
是非ともお見逃しなく

さてピアース・ブロスナンの5代目ボンドもこれが見納めとなり、次回作は新しいボンドの登場となります
シリーズも再度リブートされ設定も変更が加わります
007シリーズは本作を持って一旦閉じらたのかもしれません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品