007は二度死ぬ

劇場公開日

5%
37%
47%
10%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イアン・フレミングの小説をロアルド・ダールが脚色し、「第7の暁」のルイス・ギルバートが監督した007シリーズ第五作目。撮影は「ドクトル・ジバゴ」のフレデリック・A・ヤング、音楽は「さらばベルリンの灯」のジョン・バリーが担当した。出演は「素晴らしき男」のショーン・コネリー、「寒い国から帰ったスパイ」のバーナード・リー、「ミクロの決死圏」のドナルド・プレゼンスのほかに丹波哲郎、浜美枝、若林映子など。製作はハリー・サルツマンとアルバート・R・ブロッコリ。

1966年製作/117分/イギリス
原題:You Only Live Twice
配給:ユナイト

ストーリー

運航中のアメリカとソ連の宇宙のカプセルが、頻々と軌道から姿を消すという怪事件が起った。米・ソは互に相手国の仕業と疑い国際的危機は高まるばかり。イギリス情報部は、妨害ロケットが日本から発射されているらしいと探知した。007号ジェームス・ボンド(S・コネリー)は十日後のアメリカのジェミニ打ち上げまでに、敵の正体と本拠地、その目的をさぐれと命をうけた。日本の秘密諜報機関長田中(丹波哲郎)と秘書アキ(若林映子)の協力を得て、神戸に碇泊中の貨物船が怪しいとわかり、ボンドは神戸に急行したが敵の罠にかかり捕えられた。ボンドを救ったのは、赤髪の美女ヘルガ(K・ドール)だったが、そのため彼女は死んだ。日本南端のアキ島に不気味な事件が続き、さらに例の貨物船が現われたと知ると田中はボンドを日本人漁師に変装させアキ島に急行した。地元民の疑惑をさけるためボンドはキッシー(浜美枝)と結婚した。危険を共にしいつか愛しあうようになっていたアキは、別れの夜ボンドの身代りとなって殺された。アキ島の火口湖の底に敵の秘密基地を発見したボンドは、単身基地に潜入し捕えられていた米ソの宇宙飛行士たちを助けたが、妨害ロケットの発射をくい止めることはできなかった。敵は強大な国際犯罪組織スペクターの一号ブロフェルド(D・プリーゼンス)だった。その時田中の指揮する特殊部隊がなだれこみスペクターとの激闘が展開された。ボンドはロケットのコントロール・ルームに飛び込み妨害ロケットの爆破装置を押した。今はこれまでと覚悟を決めたブロフェルドは秘密レバーを引いた。火山全部が吹っ飛ぶような大爆発が起った。すばやく海上へ脱出したボンドとキッシーは飛行機から投げ落されたゴム・ボートに乗り、はじめてゆっくりと抱き合った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0トヨタ2000GT‼︎

pipiさん
2021年5月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

とりあえず、日本人としては楽しめるよね。
蔵前国技館、行っておけば良かったなぁ。子供を街歩きに連れて行ってくれる親ではなかったから仕方ないが。
ニューオータニ、ニューオーサト。笑えるけどわかりますね。
丹羽哲郎、若い!
Gメン75では、もうすでにオジサンのイメージだったから。そっか、こんなにスレンダーで存在感あったのですね。

さて、世界に誇る日本文化の一つと言えば温泉。
湯女さん達が背中を流すおもてなしはジェームスのお気に召す事間違い無し。しかもVIPですから、それなりのサービスを覚悟した女性が呼ばれているようです。
「背中を流してあげる」というのは家族や友人間などで親しみを深める、日本の当たり前のコミュニケーションでしたがすっかり失われつつありますね。若い世代の中には風俗店という連想しか持てない方もいるらしいのが残念です。
(胸毛!確かにポール・スタンレーやジーン・シモンズ、ジョン・ボン・ジョヴィなんかは毛の人気もあったもんねw西城秀樹とかも胸毛をウリにしてたな。
ま、今は欧米がツルツル文化を牽引するようになりましたから、日本の若者がツルツル好みに変化したのは時代の流れでしょうか)

「3歩下がって男性を立てる大和撫子」という文化も日本の美徳だと思います。欧米の男性には好評じゃないかな。ましてや、ウーマンリブ運動華やかなりし時代ですものね。
今でも懐石などの日本料理店では、男性へ先にサーブして欲しいなぁ、と個人的にはつくづく思います。
フランス式やイギリス式ならばもちろんレディファーストで。
しかし、最近は日本もレディファーストでなければ何かとうるさいようなので和食のお店経営者さんは悩ましいところでしょうね。
(ただし、男性という性別だけで尊重して貰えると勘違いしている手合いは大変な認識違いですがw肝心なのは外身ではなく中身が「益荒男」「漢」であるかどうか?です)

そして2000GTです♪
「国産初のスーパーカー」の呼び名に恥じないカーチェイスで楽しませてくれます。(まったくトヨタ86なんて、あんな臆面も無いネーミングじゃなくて3000GTとでも名乗れば買ったかもなのに。他社に開発丸投げなとこまで同じだしw
トレノが名車なわけないだろが!非力な4AGで格上のマシンをブチ抜くのがカタルシスなだけで。)

バハマまで出張したQだから来てくれるかなー?と思ったらやっぱり来てくれた〜(笑)
I would like to welcome Q to Japan!
リトル・ネリーもいい感じw
アキがナイスタイミングでジェームスを拾った場所はいったいどこなんでしょう?
Route 2って言ってた気がするし、5時までに神戸に間に合うと言ってたから関西だろうけど、いつ関東から動いたんだ?(笑)
まぁ、気付けば舞台は姫路城まで移っています。
時代劇の江戸城は全部姫路城だったもんね。気にしたら負けだねw

上海との間にあるマツという島?(日本三景から名前だけ?)
つい、ロケ地調べてしまいましたが、
薩摩は坊津ってところなんだぁ。
なに?日羅ゆかりの地だと?凄いね。
上代文学好きとしては、これは訪ねてみなければ!
スペクター基地は霧島だったんだぁ♪
なのに結婚式は和歌山、熊野の那智大社だと?確かにそうかも。今でもあんまり変わらないねw
(朱塗りは塗り直してるだろな。まぁ、姫路城も綺麗になり過ぎたしね。修復し過ぎると味わいは失われるよなぁ)

ジャマイカに始まり、オリエント急行でイスタンブール、メキシコ・マイアミ・ロンドン・ドイツ・スイスと世界を股にかけて飛び回りケンタッキーでは空中戦、さらには大規模な海中戦まで繰り広げたあとは、「宇宙」とエキゾチックな「東洋の神秘」の2段重ねくらいやらなきゃならんのでしょうw

うん。世界のボンドが我が国を訪れてくれるのは光栄だし楽しかった。欧米の皆さんにも楽しんで頂けたなら幸いであります(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
pipi

4.0You only live twice. 日本再発見‼️

アキ爺さん
2020年12月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アキ爺

3.0【第5作目】007は二度死ぬ

アルさん
2020年11月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

半世紀以上昔の映画という事を踏まえると、
スケールやアイデアは凄い。
今の時代背景を考えるとデリケートな内容だが、
それでも挑戦的な展開を上手く(?)まとめて、
しっかりスパイらしく仕上げている。

宇宙、日本、スパイとめちゃくちゃだが、
当時の海外の日本文化の印象を盛り込み、
丹羽哲郎、若林映子、浜美枝が熱演。
相撲、姫路城、銀座などの当時の日本に、
ボンドが居る違和感も楽しめる。
かなり誇大した『日本』ではあるが、
ここは敢えて大きな気持ちで楽しむ所w

日本の細い道路で驚きのカーチェイスも。
そして何よりも1番の見所は、ヘリ空中戦。
リトル・ネリーを操り、敵を返り討ちに。
カメラワークも当時としてはかなりのモノ。

宇宙のシーン、宇宙船、基地などなど、
相変わらず突っ込み場所は事欠かず、
ボンドはいつでもモテまくりではあるが、
そこもまとめて初期[007シリーズ]として。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
アル

3.5追悼ショーン・コネリー。007vol.5。舞台は日本。 ・最初死ん...

2020年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

追悼ショーン・コネリー。007vol.5。舞台は日本。

・最初死んだのは何だった?
・相撲、2000GTはいいが、お風呂サービスは何だ?羨ましい(笑)そして定番のニンジャ。柔道や剣道も混ざってる。
・車海捨て、ヘリアクション、ド派手演出が楽しい。
・ボンドが日本人に変身。どこが?(笑)
・ようやく登場、浜美枝、やはり1番美しい。ほとんど水着でウロウロします。
・でたー、スペクター親玉。イマイチ迫力なし(笑)
BS-TBS吹替版鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品