007は二度死ぬ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イアン・フレミングの小説をロアルド・ダールが脚色し、「第7の暁」のルイス・ギルバートが監督した007シリーズ第五作目。撮影は「ドクトル・ジバゴ」のフレデリック・A・ヤング、音楽は「さらばベルリンの灯」のジョン・バリーが担当した。出演は「素晴らしき男」のショーン・コネリー、「寒い国から帰ったスパイ」のバーナード・リー、「ミクロの決死圏」のドナルド・プレゼンスのほかに丹波哲郎、浜美枝、若林映子など。製作はハリー・サルツマンとアルバート・R・ブロッコリ。

あらすじ

運航中のアメリカとソ連の宇宙のカプセルが、頻々と軌道から姿を消すという怪事件が起った。米・ソは互に相手国の仕業と疑い国際的危機は高まるばかり。イギリス情報部は、妨害ロケットが日本から発射されているらしいと探知した。007号ジェームス・ボンド(S・コネリー)は十日後のアメリカのジェミニ打ち上げまでに、敵の正体と本拠地、その目的をさぐれと命をうけた。日本の秘密諜報機関長田中(丹波哲郎)と秘書アキ(若林映子)の協力を得て、神戸に碇泊中の貨物船が怪しいとわかり、ボンドは神戸に急行したが敵の罠にかかり捕えられた。ボンドを救ったのは、赤髪の美女ヘルガ(K・ドール)だったが、そのため彼女は死んだ。日本南端のアキ島に不気味な事件が続き、さらに例の貨物船が現われたと知ると田中はボンドを日本人漁師に変装させアキ島に急行した。地元民の疑惑をさけるためボンドはキッシー(浜美枝)と結婚した。危険を共にしいつか愛しあうようになっていたアキは、別れの夜ボンドの身代りとなって殺された。アキ島の火口湖の底に敵の秘密基地を発見したボンドは、単身基地に潜入し捕えられていた米ソの宇宙飛行士たちを助けたが、妨害ロケットの発射をくい止めることはできなかった。敵は強大な国際犯罪組織スペクターの一号ブロフェルド(D・プリーゼンス)だった。その時田中の指揮する特殊部隊がなだれこみスペクターとの激闘が展開された。ボンドはロケットのコントロール・ルームに飛び込み妨害ロケットの爆破装置を押した。今はこれまでと覚悟を決めたブロフェルドは秘密レバーを引いた。火山全部が吹っ飛ぶような大爆発が起った。すばやく海上へ脱出したボンドとキッシーは飛行機から投げ落されたゴム・ボートに乗り、はじめてゆっくりと抱き合った。

1966年製作/117分/イギリス
原題:You Only Live Twice
配給:ユナイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

3.5ハダカの木に鳥は巣を作らない

yonda?さん
2019年9月29日
スマートフォンから投稿

ギミックが本当に多いトンデモな内容。
エンタメ追求しついろいろ詰め込んだ作品。
良くはなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0ブラックレインの直系の先祖

あき240さん
2019年1月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

第5作、監督はまたも変わってルイス・ギルバートが担当
前作までの世界的ブームの大ヒットシリーズを担当するのは勇気がいる

シリーズも第5弾ともなると、目先を変えて変化球というかケレン味で勝負せざるを得ない
よって原作の11作になる日本を舞台にした内容が選ばれたのではないだろうか
もちろん日本でのシリーズ大ヒットも影響したと思う

イギリス人の目が見たい日本と、単に彼らにはそう見えた半世紀以上前の日本が007の映画となった

その意味で言えばリドリースコット監督のブラックレインの直系の先祖の作品になる
そして同じく同監督のブレードランナーもそうだ
銀座のネオンシーンは正にブレードランナーそのままだ

そうあって欲しいエキゾチックな日本をわざと戯画的に撮っているのだが、単にありのままに撮っているだけなのに日本人としては気に触るシーンもある

それはそれで構わない
我々も気がつかないだけで同じことを海外ロケでしているはずなのだ

半世紀以上前の東京は、東京オリンピックが終わったばかりの頃
大里化学工業の本社はホテルオークラだが、建て替えでもうない
トヨタ2000GTのオープンカーが走る街並みは最早特定も出来ない
夜の銀座4丁目と、駒沢通りを競技場の前を走るシーンぐらいしか分からない
大型ヘリが敵の車を吊り上げて、東京タワーの前を横切るシーンは竹芝桟橋方面から撮影したものだろう
東京プリンスホテルが見えるし、モノレールの軌条らしきものもみえるが、貿易センタービルは影も形もない、建設前のことなのだ

改めて思うのは半世紀前、高度成長期真っ只中の日本人は自信に溢れていたということだ
失われた25年はそれほど日本人から自信を奪い去ったのかと

丹波哲郎の存在感は素晴らしい
洋画の中で全く貧相でなく華があった
ボンドガールの日本人女性の美しさ以上のインパクトがあった
もっと洋画に出るべきだったと残念に思う

姫路城の忍者訓練センターの訓練シーンは、後の燃えよドラゴンに流用されたと思う

何れにせよ、本作でケレン味も使ってしまった
次回作をどう作るのか苦しいことになる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0アメリカ人はアホ

2018年9月21日
PCから投稿

アメリカ人は半分が文盲だとゆうことはさておき、これは日本のことを知る製作者が、わざと日本をバカにして作り上げてた。日本人が反発しないことを見越した上でのやり方。今にも通じることだが、彼らが侮蔑することでも、こちらはジョークととらえて笑う。それを典型的に知ることができるだけでも価値がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.0日本映画より日本の描写が強いw

余波来さん
2018年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まさに、「いつ2度死ぬんだろう?」と思わせるようなスリリングな展開が多いです。それをいつものテンポと優雅なテーマソングが交じることで安心して楽しめますね。また、7作目で悪役を演じるチャールズ・グレイもちょい役で出演しているところが、個人的にお気に入りです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
余波来
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品