ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

ALLTIME BEST

劇場公開日

44%
38%
16%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

死期の迫った2人の男が海を目指して旅する姿を描き、本国ドイツで大ヒットを記録したロードムービー。医師から余命宣告を受け、末期病棟の同室に入院させられたマーチンとルディ。死ぬ前に海を見ようと病院を抜け出した彼らは、駐車場のベンツを盗んで人生最後の旅に出る。しかしその車はギャングのもので、中には大金が積まれていた。怖いものなしの彼らは道中で犯罪を繰り返し、ギャングのみならず警察からも追われる身となってしまう。後にハリウッドでも活躍するティル・シュワイガーが主人公の1人マーチンを演じ、監督のトーマス・ヤーンとともに脚本も手がけた。「ブレードランナー」のルトガー・ハウアーがギャングのボス役で出演。日本では2009年に長瀬智也主演で「ヘブンズ・ドア」のタイトルでリメイクされた。

1997年製作/90分/ドイツ
原題:Knockin' on Heaven's Door
配給:K2エンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.0実に酒が呑みたくなる作品

白波さん
2021年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

たまたまレンタル屋で目に止まった作品。
おお!と、懐かしさもあって久々に観たくなりました。
「海を知らないと天国で寂しいぞ?」なんな理由で二人海を目指すクライムロードムービー。
主演だけでなく、脚本・制作にも参加したティル・シュヴァイガーの出世作でしょう。
マフィアの車を盗んで海へ向かう旅。そんなスタートからですが、まぁとにかく破天荒。後先の事を全く考えない行動はむしろ爽快。
しかしただ愉快な旅だけでなく、時折現れる発作が確実に近づいている死を思い出させます。
そんな、死を覚悟した二人が手を握るのが実に印象的。
そしてやっと海にたどり着いた二人。その浜辺を歩く姿はとても感慨深いものでした。
言葉もなく海を眺めながら回し呑みするテキーラ、それはとても美しかった。
こうして二人の旅は終わり、そしてこれ以上ないタイミングで流れる「ヘブンズドアー」。
本当、実に酒が呑みたくなる作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
白波

5.0煙草とテキーラと海

talismanさん
2021年7月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

若い世代が作った自由でかっこよくてドイツ映画の金字塔ポジションの映画。なんと初めて見た。

勿論知ってた。やっと見ることができた。ティル細くてかっこいい!ブルーの目が美しく救急車の中でにこっと笑った目がいたずら小僧でかわいかった。プライプトロイいい味出しててすごい役者!移民の役が彼は本当に上手い。彼に移民ドイツ語を話させたら右に出る者なし!そして間抜けのルンルン警官ケラー!

脚本、キャスティング、映像、カメラ、音楽、編集、衣装、セット、カーアクション、ヘリ、色んな車、ドンパチ、セリフ、全てが最高に良かった。ドイツらしさとドイツらしくなさがうまくブレンドされたジャンル超越映画。

死は生の一部だよ。天国はそりゃいいところだ。そこで流行ってるのは海の話なんだから、海を見たことなけりゃ話に入れないよ。何しろ天国での暮らしは長く続くんだから。
「怖がることはないよ」ドイツは詩人と思想家の国。この映画を見たらセリフを聞いたら素直にそう思える。

ユーロでなくてマルク、携帯なくて公衆電話の時代だったんだ、ほんの少し前と思ってたのに。権威もヒエラルキーもなくて若い世代が家族みたいにして作った映画愛たっぷりのドイツ映画。

おまけ
2017ドイツ映画"Lommbock"(Wuerzburgが舞台、大麻&幼なじみ友情話。プライプトロイ最高で大爆笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
talisman

5.0カッコいい

さん
2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿

善い人しか出てこない。何度も見たい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
蒼

5.0ギャングたちも病院の患者も下ネタギャグのオンパレード。

kossyさん
2021年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 マーチン・ブレスト(シュヴァイガー)は脳腫瘍。病室でいつもタバコをぷかぷか。そこへ骨肉腫のルディ(リーファース)が同室になり語りあうが、「海を見たことがない」と告白する。ギャングの二人組、ベルギー人ヘンクとアラブ人のアブドゥル(モーリッツ・ブライブトロイ)が少年を撥ねて病院へやってくる。マーチンとルディは運よくキーが見つかったので乗り逃げ・・・GSでも文無しで給油。服を買うために銀行を襲ったが、その直後にギャングも銀行へ(笑)

 逃亡劇も長期戦になった。機転を利かせたマーチンがルディを人質にとった風に装ったからだ。ニュース番組ではヘルシンキ・シンドロームについて話題となっている。やがて警察とギャング双方に銃撃されたりするが、マーチンがプレスリーのようにピンクのキャデラッ九を母親にプレゼント。そして、車の中で見つけた金は銀行やGSに返すようにする。死ぬまでにしたいこと。二人の女とヤル・・・運悪く、そこはギャングのボスの店・・・絶体絶命のピンチ!

 最後に美味しい役どころ、ボスが金を返す相手の大ボス・カーティス(ルドガー・ハウアー)が渋い。拳銃を向けられた二人に「最後にやり残したことは?」「海を見たい」「じゃ、行け。天国じゃ海が話題になるからな」

 笑えて、緊張して、泣けてくる映画。何度も発作で苦しむマーチンもいいし、それに従順に従うルディもいい。もちろんおとぼけギャングたちも。ギャングの金100万マルクにしても、迷惑かけた人たちに贈って、ほとんど残らなかったところも。ラストの海はほんとにすがすがしい。おまけの映像も・・・あの警官もあほだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」以外にこんな作品をCheck-inしています。