スピード2

劇場公開日:

解説

大ヒットを記録したノンストップ・アクション「スピード」(94)の続編。前作の4倍強の製作費1億4千万ドルを投じ、バス一台だった前作から一転、シージャックされた豪華客船を主な舞台に、陸・海・空の見せ場を満載した巨大スケールのエンターテインメントとなった。監督は前作に続き「ツイスター」のヤン・デ・ボンが当たり、彼と新進脚本家ランドール・マコーミックの原案を基に、マコーミックとジェフ・ネイサンソンが執筆。製作はヤン・デ・ボン、「エクゼクティプ デシジョン」のスティーヴ・ペリー、「マチルダ」のマイケル・ペイサー。撮影は「ツイスター」「目撃」のジャック・N・グリーン、編集はスピルバーグ作品の名編集者マイケル・カーンの助手を長く務め、これが一本立ちとなるアラン・コーディ。音楽は「スピード」「ツイスター」のマーク・マンチーナがスコアを書き、マキシ・プリーストの『夢見るNo.1』、スティングの『見つめていたい』ほかを挿入曲として使用。さらにエンディング・テーマ曲を、アメリカ映画初進出のTKコムロこと小室哲哉がプロデュースしたことでも話題を提供。主演は前作に続き「評決のとき」のサンドラ・ブロック。相手役は降板したキアヌ・リーヴスに代わって「スリーパーズ」のジェイソン・パトリックを抜擢。共演は、敵役で怪演する「イングリッシュ・ペイシェント」「バスキア」のウィレム・デフォー。これがデビューとなる13歳の少女クリスティーン・ファーキンスに加え、ジョー・モートン、グレン・プラマーが前作に続いて再登場。

1997年製作/125分/アメリカ
原題:Speed 2: Cruise Control
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

ジャックと別れたアニー(サンドラ・ブロック)は、新しい恋人アレックス(ジェイソン・パトリック)に今夢中。SWAT隊員の彼は、任務中に足にケガを負い、1週間の休暇をとって彼女と共にカリブ海1週間の豪華クルージングの旅に出ることになった。彼らが乗り込んだ豪華客船シーボーン・レジェンド号では、全米の宝石商が3億ドルを越えるダイヤを持ち寄り、ジュエリー・コンベンションも行われることになっている。航海初日の夜、乗客の一人、ガイガー(ウィレム・デフォー)は航海士に化けてエンジンを破壊し、続いて迷ったふりをして操縦室に入り、小型受信機を気づかれないように仕掛けると、船の自動操縦プログラムを自分のコンピュータに移した。彼はこのプログラムの設計者だったが健康を害してクビになって以来、精神に異常をきたしていた。船長を殺したガイガーは、船内の至る所に小型手榴弾の時限爆弾をセットし、次々に船内で爆発が起こす。自在に火事を起こすことができるという彼は、一等航海士ジュリアーノ(テムエラ・モリソン)や二等航海士マーセド(ブライアン・マッカーティ)らに15分間船を停止させる間に、乗客は全員下船させろと命じる。乗客たちは先を争って急ぐが、最後のボートが海面に着かないうちに船が動きだし、アレックスとアニーたちは必死で彼らを救出した。一方、ガイガーは金庫室から宝石を袋に詰めていた。船がこのまま進めば、セント・マーティン島の絶壁に激突することは必至だが、船はガイガーがリモート・コントロールしていて手が出ない。船の速度を落とすため、沈没の危険もある苦肉の策として貨物室に海水を入れることになった。だが、その時、少女ドリュー(クリスティーン・ファーキンス)が貨物室にいることを知ったアレックスは現場に飛び込んで彼女を救い、同じく船内に缶詰になっていた人々を救出したアニーと合流する。ガイガーは島に停泊中の重油タンカーと衝突させるべく、船の進路を変えた。アレックスは海中に潜ってスクリューを止める決死の作戦に出るが、またしてもガイガーが妨害し、アニーを人質にボートで逃走した。刻一刻、タンカーが近づき、このままでは衝突は避けられない。アレックスは水中に潜ってバラストの向きを変えることに成功し、タンカーとは接触しただけで済んだ。だが、船はまだ止まらず島に文字通り上陸し、町並みを破壊してやっと止まった。アレックスはモーリス(グレン・プラマー)のボートを借りてガイガーを追跡し、水上飛行機に乗り移ろうとする彼からアニーを救い出した。逃げるガイガーを乗せた飛行機はタンカーの上に不時着し、やがて大爆発が起こった。アレックスはアニーにプロポーズし、指輪を渡した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0続編は船が暴走する。 キアヌは出てなくて、1よりは緊迫さに欠けてハ...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

続編は船が暴走する。
キアヌは出てなくて、1よりは緊迫さに欠けてハラハラさが少なかったのが残念。
サンドラ・ブロックのたくましさは引き続きで、それはそれでよかったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

0.5いやそっちかいっていうのが第一 キアヌ残すだろう普通 何故サンドラ...

2022年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

いやそっちかいっていうのが第一
キアヌ残すだろう普通
何故サンドラが続投やねん
活躍してない方を残すなよ
30分で観るのやめた

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コルチゾるくん

2.5続編としては、少し無理やり

2022年2月4日
PCから投稿

豪華客船に爆薬をセットし大量の宝石を盗もうとする犯人と、それを阻止しようとする偶然乗り合わせたSWAT隊員とその彼女の攻防を描く物語。

キアヌ・リーブスに断られ、サンドラ・ブロックと「スピード」の名称で儲けようとした作品。
豪華客船ではスピード感を感じることはなく、むしろ「ポセイドン・アドベンチャー」のようなパニック映画に近い印象。
強引に前作恋人のキアヌ・リーブスと別れさせて、でも強いパートナーが必要だからSWAT隊員が素性を隠して付き合う・・・っていう設定にも無理があり過ぎて興ざめしてしまいます。

本当に普通の・・・例えばライフセイバーのような職業の青年を当てはめれば、設定自体に違和感はなくなったように思います。海の上なら活躍も出来るでしょうし、男性の力が弱まれば、その分サンドラ・ブロックの活躍も描きやすくなったように思います。

前作が良すぎることもあるのでしょうが、とても失望した作品となってしまいました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

1.5なんでこんなにつまらないのか

2020年12月22日
スマートフォンから投稿

面白くなりそうな要素がたくさんあるのに
何故かつまらない「がっかり続編」のお手本のような映画。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Daishi
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スピード」シリーズ関連作品