記者たち 衝撃と畏怖の真実
ホーム > 作品情報 > 映画「記者たち 衝撃と畏怖の真実」
メニュー

記者たち 衝撃と畏怖の真実

劇場公開日

解説

「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストといった大手新聞をはじめ、アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じて報道を続ける中、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、大統領の発言に疑念を抱き、真実を報道するべく情報源をたどっていくが……。物語の中心となる記者役に「スリー・ビルボード」のウッディ・ハレルソン、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン。そのほかジェシカ・ビール、ミラ・ジョボビッチ、トミー・リー・ジョーンズが共演。

作品データ

原題 Shock and Awe
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ツイン
上映時間 91分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

勝負に勝って試合に負ける、このほろ苦さが現代への教訓
記者たち 衝撃と畏怖の真実の映画評論・批評

ロブ・ライナー監督の代表作を挙げるなら、「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」「ア・フュー・グッドメン」あたり。娯楽映画の名手という印象があるが、最新作は意外にも社会派。9.11後のアメリカで、不確かな情報を口実にイラク戦争へ突き...記者たち 衝撃と畏怖の真実の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全72件)
  • ジャーナリズムの危機を反映した2010年代“新聞社映画”の1本 「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソンに記者というインテリ役が似合わない…と感じたが、ロブ・ライナーとは「LBJ ケネディの意志を継いだ男」でも組んでいたし、監督のお気に入りなら仕... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2019年3月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/10
  • 哀れな人々と記者たち 一生懸命に真実を追求して報道しても、悲惨な結果を回避出来なかった。 ...続きを読む

    Rewind That Rewind Thatさん  2019年5月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 真のジャーナリズムとは何か 「戦争とジャーナリズム」に真摯に向き合った良作。ハリウッドっぽいハリボテのエンタテインメントは皆無だが、逆にリアリティを強く感じさせる。日本の多くのジャーナリストにも観て欲しい。大俳優のトミーが... ...続きを読む

    h.h.atsu h.h.atsuさん  2019年5月19日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「記者たち 衝撃と畏怖の真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報