記者たち 衝撃と畏怖の真実

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
記者たち 衝撃と畏怖の真実
記者たち 衝撃と畏怖の真実
14%
57%
25%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストといった大手新聞をはじめ、アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じて報道を続ける中、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、大統領の発言に疑念を抱き、真実を報道するべく情報源をたどっていくが……。物語の中心となる記者役に「スリー・ビルボード」のウッディ・ハレルソン、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン。そのほかジェシカ・ビール、ミラ・ジョボビッチ、トミー・リー・ジョーンズが共演。

2017年製作/91分/G/アメリカ
原題:Shock and Awe
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0ジャーナリズムの危機を反映した2010年代“新聞社映画”の1本

2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソンに記者というインテリ役が似合わない…と感じたが、ロブ・ライナーとは「LBJ ケネディの意志を継いだ男」でも組んでいたし、監督のお気に入りなら仕方ないか。

「スポットライト」「ペンタゴン・ペーパーズ」そして本作と、絶対的な権力と戦う記者や新聞社幹部の奮闘を描く実録映画が続く2010年代のアメリカ。トランプ政権になる前からジャーナリズムの危機を予感し、メディアにかかわる人々を鼓舞するような企画が続々と立ち上がったのか。

ただし本作、先の2作に比べると劇映画としての盛り上がりや感動の点で弱い。ラストに本人たちの映像を流すのは実録物では常套手段とはいえ、ドラマを締めくくるべき位置で俳優たちにしっかりオチをつけてほしかった。ジェシカ・ビールとミラ・ジョボビッチが演じた恋人や妻のキャラクターの描写も紋切り型で、本筋との関わりが物足りない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
高森 郁哉

4.0映画人としてのつとめ

カメさん
2020年12月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.0
この手の作品では非常に珍しい91分という短さ。伝えたいテーマをぎゅと詰め込み、誰もが見やすい作風に仕上げている。
歴史的な真実を、忘れ去られる年表などの記録だけではなく、映画という形にして、人々に記憶としても長く刻む事。ロブ・ライナーは映画人としての責任を果たしていると感じる。また監督自身がジャーナリズムの核となる、ボス役のジョン・ウォルコットを演じているのも、はまり役で素晴らしい。
ジャーナリズムと真実を描いた残すべき良作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.5報道とはなんぞや

2020年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画としてのおもしろさでいうと、すんごい普通。
ただまあ、伝えたい内容ありき、なので凝った演出でそこを濁すことは避けないといけない。
だから、お隣さんとのロマンスとかあってないようなもの。

あとは湾岸戦争の正否って答えが簡単ではないはずで、そこは深く触れようがない。
で、報道とはなんぞや、という問いをテーマにしているわけだ。911後のアメリカって所謂「正義」熱に浮かされていたようなところがあって、たぶん作中メディアの大半の判断はそこを汲んだ結果なんだろうな、と。

報道の理想を追うとウケない記事を選んでしまう悲しさ。真実こそが貧乏くじみたいな矛盾があって、どちらを選ぶか、きれい事を抜きで言えばそこは各々の価値観でしかない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.0すばらしい、そして羨ましい

Yoichiroさん
2020年11月23日
Androidアプリから投稿

日本にはない報道機関がひたすら羨ましい。政府広報しかない国ってのは危ういね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoichiro
すべての映画レビューを見る(全101件)

他のユーザーは「記者たち 衝撃と畏怖の真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。