記者たち 衝撃と畏怖の真実のレビュー・感想・評価

記者たち 衝撃と畏怖の真実

劇場公開日 2019年3月29日
2件を表示 映画レビューを書く

真実の報道

9.11同時多発テロからイラク侵攻へと向かっているアメリカ、イラクが大量破壊兵器を所有しているという情報が報道される、この報道に疑問を持った、弱小新聞社ナイトリッダー社の記者達は真相を追求しようと奮闘するが…スタンドバイミーで有名なロブライナー監督が手がけた、真実に基づくストーリーなのでリアリティーがあり、見応えありな作品でした。真実を追い求める熱い記者達の姿に感動!!

トムのり
トムのりさん / 2019年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メディアの情報は果たして真実なのか?

初来日ロブ・ライナー監督。
登壇付き試写会に行きました。

あの「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナー監督です。

イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器。その存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。

2002年ブッシュ大統領はフセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。

大手新聞やアメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じて報道を続ける。
でもナイト・リッダー社ワシントン支局の記者は疑問を抱く。
ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは真実を報道するべく情報源をたどっていくが……?

いつでも真実が知りたい私たち。
でも伝わってくる情報は本当なのか?
政府が捏造した情報を真実だと思い込んでいるのではないか?
メディアの情報は果たして真実なのか、問いかけられてドキッとする社会派映画でした。

記者役にウッディ・ハレルソン、ジェームズ・マースデン。
そのほかジェシカ・ビール、ミラ・ジョボビッチ、トミー・リー・ジョーンズが共演。
ボス役にロブ自身が出演していました。

字幕監修は池上彰さん。
3月29日公開です。

あらりん
あらりんさん / 2019年2月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報