ヒューゴの不思議な発明

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヒューゴの不思議な発明
ヒューゴの不思議な発明
15%
45%
30%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を、マーティン・スコセッシ監督が3Dで映画化。駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を、「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代とともに描き出す。1930年代のパリ。父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に暮らす少年ヒューゴは、ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ少女イザベルと出会い、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に繰り出す。主人公ヒューゴを演じるのは「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド。イザベル役に「キック・アス」「モールス」のクロエ・モレッツ。2012年・第84回アカデミー賞では作品賞含む11部門で同年最多ノミネート。撮影賞、美術賞など計5部門で受賞を果たした。

2011年製作/126分/G/アメリカ
原題:Hugo
配給:パラマウント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

受賞

撮影賞 ロバート・リチャードソン
美術賞  
視覚効果賞  
音響編集賞  
音響録音賞  

ノミネート

作品賞  
監督賞 マーティン・スコセッシ
脚色賞 ジョン・ローガン
編集賞 セルマ・スクーンメイカー
作曲賞 ハワード・ショア
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

受賞

最優秀監督賞 マーティン・スコセッシ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀作曲賞 ハワード・ショア
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Paramount Pictures 2011

映画レビュー

5.02D を観て、3Dも観たい完璧な作品

2020年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

邦題の「これはお子様映画ですよん」と言わんばかりの題名は、この作品にはそぐわないと思います。
主人公たちはなるほど子供かも知れないが、大人も唸る感動の名演技を見せてくれているからです。

原作の原題が「ヒューゴ・カブレの発明品」だったのに、映画の題名が「HUGO」となった経緯は、私は知りません。
しかし「HUGO」というのは、映画が好きでたまらない大人のための映画であることを示唆する良い題名だと思います。

なぜ日本でも、ヒューゴという題名で公開しなかったのでしょう。

それはともかく。
駅。
そして圧倒的な人混み。
この二つこそが映画の原点です。

事実、1895年にフランス人のリュミエール兄弟が誕生させた世界初の映画は、工場の正門から労働者がうじゃうじゃと吐き出されてくる映画「工場の出口」でした。
そして初めて有料公開されたのが「シオタ駅への列車の到着」でした。

本作の中ではただひたすら群衆の人混みの中を主人公が駆け回ります。
そして、突っ込んでくる汽車への恐怖という重要なモチーフが2度登場しますが、あきらかに後者へのオマージュです。

7年後、現在の「ドラマとしての映画」の元祖『月世界旅行』がフランスで制作されます。
監督はジョルジュ・メリエス。
そう。本作でも実名で登場し、重要な役回りを演じている人です。

本作を観て、しみじみと再確認させられました。

映画というのは、大成功した作品だけではなく、結果としてどんなクソ映画に終わった作品であっても、制作に関わった人たちはみんな一人残らず、観客の喜ぶ姿を見たくて映画を作って来たんだよなという、ごく当たり前の事実です。

観客の喜ぶ顔を見たいと思って、工夫に工夫を重ね続けて100年。

努力の蓄積によって、映画はついにこの天空の水準にまで到達したのですね。
その歴史を思う時、感動が胸に込み上げる作品でした。

なお、お子さま方からは、イマイチだという反応も耳にしました。

そりゃそうでしょう。
これは歴然とした大人の映画。
お子様には理解できない映画だろうと思うのです。

主人公が子供だから安直に子供映画として宣伝して子供を呼ぼうと思うような、日本の映画業界のスケベ根性こそが日本の映画界をダメにしたのだな、ということも、フと思わされたことでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.0思った程では

緑雲さん
2020年5月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ちょっと期待外れだったが悪くはない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
緑雲

5.0ファンタジーというよりか、現実世界において空想を実現させてくれるの...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

ファンタジーというよりか、現実世界において空想を実現させてくれるのは映画という存在であるということを改めて教えてくれる非常に素晴らしい映画だった。映画に対しての愛とイマジネーションをかきたててくれる存在であることを再認識させる。街並みの映像美が非常に素晴らしく、駅にいる役の人々も特徴が一人一人濃く、コミカルでよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.0思ってたのと(良い意味で)違う

mtmtさん
2020年3月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あまり前情報なしに機械人形を巡る冒険ファンタジーだと思って見始めて、途中でこれは物語の力と映画史を通したそれぞれの自分探しの映画なのではないかと思った。
昔は良かったじゃないけども、現在まで脈々と続く映画と物語の歴史に敬意をはらいたくなる一本。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mtmt
すべての映画レビューを見る(全125件)