キングスマン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

キングスマン

解説

「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」で活躍する主人公ハリー・ハートをファースが演じ、ハリーに教えをこう若きスパイのエグジーに、新星タロン・エガートンが扮する。その他、マイケル・ケイン、マーク・ストロング、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、スパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。

2014年製作/129分/R15+/イギリス
原題:Kingsman: The Secret Service
配給:KADOKAWA
劇場公開日:2015年9月11日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画レビュー

4.0荒唐無稽さと知的さが見事融合したアクション

2018年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

スパイアクション映画の新機軸を打ち立て、新たなアメコミユニバースの誕生を告げた記念碑的作品となりそうだ。かつての007シリーズにあった荒唐無稽さを復活させ、その上で紳士とは何かを問い、階級社会イギリスへの辛辣な皮肉もたっぷり込められている。

紳士とは生まれの階級ではなく学ぶものだ、とこの映画は言う。「manners maketh man」の決め台詞が象徴的だが、マナーを学びことで庶民もまた紳士となれる。全編面白おかしく作っている半面、学びの大切さを内包していたりして妙に教育的な面もある。

何より、ハリーとエグジーのキャラが立っていて素晴らしい。悪役を演じるサミュエル・L・ジャクソンも強烈な存在感。

クライマックスの大アクション祭りは最高の一言だが、思い切りグロいシチュエーションでもファンタジックに彩ってグロく見せず、洗練した印象すら与える。この辺りも紳士的だ。

コメントする (0件)
共感した! 15件)
杉本穂高

3.5スパイ研修生

2024年2月27日
スマートフォンから投稿

笑える

単純

興奮

隠しギミック、スパイ道具が面白い。
グロテスクだがコミカルで笑える。
分かりやすいストーリー。

主人公の見せ場が少ない。
協会で洗脳の演出が分かりにくい。
敵役のバックボーンが薄い。

スパイのサクセスストーリーにしては、
成長過程の描写が少なくて残念です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ヤスナリ

4.5スパイ映画の新基軸

2024年2月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

綺麗にパッケージしているし、次から次へと
飽きさせないように展開していく様も素晴らしい。

荒唐無稽な設定もまるで漫画を読んでいるかのような
コミカルに設定された世界観ですんなりと腹に落ちる。

一本の映画として、楽しくて完成されているが、
0.5足りないのはあまりにも「漫画」してるから。

採点関係ないところだと…
スウェーデン王女の独房の前で追い詰められる
ところはスターウォーズオマージュねw

あと犬がいいね!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マルボロマン

3.5たった2時間でよくまとめられたなと思うくらいボリューミーな内容

2024年2月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
 映画スキー