キングスマン ファースト・エージェント

劇場公開日:

解説

スタイリッシュな英国紳士が過激なアクションを繰り広げる人気スパイアクション「キングスマン」シリーズの3作目。第1次世界大戦を背景に、世界最強のスパイ組織「キングスマン」誕生の秘話を描く。表向きは高級紳士服テーラーだが実は世界最強のスパイ組織という「キングスマン」。国家に属さない秘密結社である彼らの最初の任務は、世界大戦を終わらせることだった。1914年、世界大戦を裏でひそかに操る闇の組織に対し、英国貴族のオックスフォード公と息子のコンラッドが立ち向かう。人類破滅へのカウントダウンが迫るなか、彼らは仲間たちとともに闇の組織を打倒し、戦争を止めるために奔走する。「ハリー・ポッター」シリーズでも知られる英国の名優レイフ・ファインズがオックスフォード公、「マレフィセント2」「ブルックリンの片隅で」の新鋭ハリス・ディキンソンが息子のコンラッドを演じた。彼らの前に立ちふさがる敵でもある怪僧ラスプーチンには個性派俳優のリス・エバンスが扮した。監督、脚本、製作はシリーズ全作を手がけるマシュー・ボーン。

2021年製作/131分/PG12/アメリカ
原題:The King's Man
配給:ディズニー
劇場公開日:2021年12月24日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0本格的な「戦争映画」と「キングスマン」シリーズらしい“スタイリッシュかつダイナミックなアクション”が見事に融合した新機軸なスパイ映画。

2021年12月24日
PCから投稿

本作の時代背景は1900年初頭で、イギリスにある、どの国にも属さない中立スパイ機関「キングスマン」の誕生秘話が描かれています。
これまでの2作品とは作風が違っていて、歴史上の史実に基づき物語が進められ「実はその背後には“キングスマン”という存在があった」という設定になっているマシュー・ボーン監督の意欲作。
中でも催眠療法などを駆使していたとされる「ロシアの怪僧」の「ラスプーチン」など、“本格的な戦争映画”らしく、第一次世界大戦周辺に実在した人物が多く登場しているのが、これまでの作品とは大きく異なります。
そして、“本格的な戦争映画”を描きつつも、特に後半では「キングスマン」シリーズらしい“スタイリッシュかつダイナミックなアクション”が登場するなど、まさに「キングスマン0」というような作品になっているのです。
製作総指揮も務めたレイフ・ファインズが演じる主人公オーランド・オックスフォード公爵の揺れ動く心情と覚醒を丁寧に描いています。
そして、彼や「キングスマン」を支える“無敵の世話役ポリー”を演じたジェマ・アータートンは、影のヒロインのようで、隠れた魅力を放っています。
“本格的な戦争映画”をベースにした大胆で面白い試みの作品でした。
エンドロールの際にも映像はあるので注意しましょう。

コメントする (0件)
共感した! 57件)
細野真宏

3.0やや愛国映画っぽい雰囲気はあるが、イギリスの階級制度への疑問をうまく混ぜ込んでいる。

2024年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

興奮

なかなかよかった。
キングスマンという組織がいかにして成立したか、という物語。

冒頭で、キングスマンのメンバーのコードネームが、アーサー王と円卓の騎士からとられているということがわかる。「円卓」なのは平等だからだという話が出る。しかし、キングスマンのオフィスではアーサーがお誕生日席に座っているのはなぜだろうか。
また、敵の名前が「羊飼い」なのは、キリストを連想するが、かかわりがあるのだろうか。

本作では、上述の「羊飼い」という人物が「闇の凶団」という組織を動かして、いとこ同士であるイギリス国王、ドイツ皇帝、ロシア皇帝を戦わせて、世界を混乱に貶めようとする。
それを阻止しようとするのが、戦争が嫌いなオーランド・オックスフォード公だ。彼は国家権力に頼らない独自の諜報組織を作り、戦争の終結のために暗躍する。
しかし、彼の息子は自ら志願して戦争に参加する。
そして…。
といったもの。

スピンオフというと、オマケ的な気がするが、非常におもしろい。
貴族でありながら階級制度を否定するスタンスがある。
こういったところは第1作にあった、イギリスの階級制度に対する疑問があらためて問われていると感じる。
また、オックスフォード公の息子の成長物語の一面もある。

製作費は不明。興行収入は189億円。これはスピンオフだからかもしれないが、本体が620億円前後の売り上げを立てていることを考えるとかなり低い。第1、2作目の製作費よりも少し高いくらいだ。
スピンオフとはいえ、マシュー・ヴォーン自ら監督しているし、レイフ・ファインズも出ているのだからもう少し売れてもいいと思う。それとも、あまり広告しなかったのだろうか。

ちなみに本作は続編の可能性を伝えるようなエンディングになっていた。
こちらは史実の裏で暗躍するキングスマン、という方向性で進んでいくのだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
あふろざむらい

3.0毒を入れるのを忘れないで

2024年2月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

難しい

キングスマン1作目は面白った記憶はあるが内容は詳しくは覚えていない。2作目は多分観ていない。今作はキングスマンが出来るまでということで、そうそうキングスマンてこんな感じだったなぁという感想は持てなかった。しっかり復習していれば楽しめたのかも知れないが。
ただ、映像は凄かった。
戦場での6人対6人の接近戦は中々の見応え。
ジェマ・アータートンは良かった。
息子役の制服姿もよく似合っていた。
レイフ・ファインズはヒゲ姿の方が、彼っぽかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ねこ

4.5シリーズで味が違う一作ですが大好き

2024年2月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

ノリとテンポの良さとアクションがとても面白かった前2作ですが、
3作目の今回は少し味が違ってます。

私は前2作も好きですが、この3作目は味が変われど
これはこれで大変好みで大好きでした。
劇場でも観ましたが、久しぶりにアマプラで観て、やっぱり楽しかったです。
1と2はイギリスっぽいブラックジョークとハチャメチャ感に
イギリス紳士スタイルでアクションをするのが唯一無二な面白さだったのですが、
その特性が少し変わるので、そこを期待した方には満足いかないかもしれません。

今作は歴史と戦争の時代を扱うので
前作までと生き死にの描写が変わったのかなと思いました。
この時代の戦争はイギリスも多くの若者を失い痛みがあったと思うので
その点は茶化さず大切に描写したのかなとも感じました。
なので前作までの、清々しいほどグロい大量の殺陣シーンは弱くなり、
一人一人の死を重きをおいて描いてる印象です。
同じ監督で、しっかりそこの点のコンセプトを変えたのは
面白いなと思いました。
ある意味、キングスマンの特徴の一つでもあったので
あのグロテスクをコメディで包んで紳士服でキレイにラッピングしたような
不思議とさっぱり見れる殺陣シーンを弱めたのは、
結構挑戦だったのではと思います。

とはいえ主役のオックスフォード公の紳士アクションは
こちらもしっかりかっこよくて見ごたえがありました。
1と2に比べて、少しリアル寄りの西洋剣術がメインですが、
正真正銘の貴族紳士が戦うという見目の楽しさがあります。
そんな中、奇抜さを担当してくれたのはラスプーチンかと思います。
あのバトルシーンはCMでも目を引きました。
そして一番以外だったのは、若者(息子)がアクション担当かと思いきや、
お父さんが一番頑張るところでした笑。
ラスプーチンとのからみでも出張っていて一々予想外で笑いました。

キャラクターもとても好きでした。ポリーとショーラ、友人のキッチナーと
正統派紳士なオックスフォード公の関係が好きです。
戦争ものな雰囲気になってしまいますが、息子のコンラッドの戦地でのシーンも好きでした。
前2作より真面目なドラマ感があり、少し別物な印象にはなりますが
主役のレイフ・ファインズがオジサマでもアクションの主演を張って
とても魅力的だったし見ごたえがあって、お気に入りの一作になりました。
思えば1も、オジサマのコリン・ファースがバッキバキのアクションを
紳士スーツで見せてくれるのに一番目を惹かれたので
そこがキングスマンの一番の見せ所なのかもしれませんね。
この初代メンバーでの続編も観たくなっちゃいます。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
フジヤマ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「キングスマン」シリーズ関連作品