007/美しき獲物たち

劇場公開日

9%
48%
37%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球破壊を狙う実業家ゾリンとイギリスの諜報部員ジェームズ・ボンドの対決を描くスパイ・アクション。“007”シリーズ第14作目。製作はアルバート・R・ブロッコリ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはマイケル・G・ウィルソン。監督は「オクトパシー」のジョン・グレン。イアン・フレミングの原作を基にリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソンが脚色。撮影はアラン・ヒューム、音楽はジョン・バリー、主題歌はデュラン・デュランが担当。出演はロジャー・ムーアなど。

1985年製作/イギリス
原題:A View to a kill
配給:MGM=UA=UIP

ストーリー

極寒のロシア氷河からの脱出に成功してイギリスに戻った諜報員“007”ことジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、休む間もなく、M(ロバート・ブラウン)と国防相に呼ばれた。英国が開発した防衛システムに不可欠のマイクロチップが奪われたが、どうやらKGBが関係しているらしいというのだ。早速調査を依頼されたボンドは、その事件に、大富豪のマックス・ゾリン(クリストファー・ウォーケン)が関わっていることをキャッチ、ゾリンをマークすることにする。彼は石油で大もうけし、それを基にエレクトロニクスと高度技術を開発し、さらに競馬で巨大な財産を築いた実業家であり、一方では反共産主義者として知られていた。ロイヤル・アスコット競馬場でゾリンの持ち馬が次々と勝ち続けるのを目にするボンド。フランスの競馬クラブが、ゾリンの勝ち方に疑問をもち探偵オーベルジン(ジャン・ルジュリ)を雇って調査にのり出すが、オーベルジンは何者かの手によって殺された。Mから紹介されたチベット(パトリック・マクニー)と共にゾリンの種馬飼育場に乗り込むことに成功したボンドは、そこでゾリンの忠実な部下、スカーピン(パトリック・ボーショウ)や飼育コンサルタントのカール・モートナー博士(ウィロビー・グレイ)等に会った。ゾリンの所有する豪華な城での種馬オークションが終了すると、ミステリアスなアメリカ美女、ステイシー・サットン(タニア・ロバーツ)が到着。ボンドは彼女に500万ドルの小切手が渡されるのを見た。その夜、ボンドとチベットは、ゾリンの馬が勝つ秘密を知り、さらに木箱につめられたマイクロチップを目撃する。しかし、チベットは、ゾリンの片腕、メーデー(グレース・ジョーンズ)に殺され、ボンドもピンチに遭う。一方、ゴーゴル将軍(ウォルター・ゴテル)は、ゾリンが反ソに転向したもとKGBのスパイであることをつきとめた。サンフランシスコ郊外にあるシリコン・バレーを破壊して、一挙に電子科学の分野を制圧、世界を征服しようと企みアメリカに渡ったゾリンを追うボンド。ステイシーは市の地質に関する資料をゾリンに提供していたのだが、ゾリンの正体を知らされた彼女はボンドの目の前で13億円もの小切手を破り捨て、二人はシリコン・バレーへと急ぐ。シリコン・バレーの地下鉱山では、大爆発の準備が進められていた。ゾリンはそこで側近以外の部下をすべて射殺。裏切られたと知ったメーデーはボンドらに協力し、自らは爆裂死を遂げる。ステイシーを人質にしたゾリンは飛行船で逃げるが、金門橋上で遂にボンドと格闘することになり、激闘の末、ゾリンは滅びた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 ゴールデングローブ賞(1986年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5デュラン・デュラン〜♪

pipiさん
2021年9月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

ムーアボンドとして有終の美を飾る本作はシリアス路線の原点回帰であった。焼き直しというよりは「ゴールドフィンガーパターン」「ゴールドフィンガースタイル」という型だと考えた方が相応しいように思う。
ムーア自身は、1番嫌いな映画と言っているそうだけれど。
ユア・アイズ・オンリーに続く秀作だと思うけどねぇ。つくづくムーアとは好みが合わないなぁ(笑)
冒頭、ウォッカとキャビアを出したので「お?ムーアボンドもついにウォッカマティーニを受け入れたか?」と思ったが、そういう端々もムーアが気に入らないポイントかもしれないね。

ようやく「馴染み深い時代」に辿り着いた感もある。シリコンバレーなんて第三次産業革命の象徴だものね。
冒頭、雪山アクションのスノーボードは「バックトゥザフューチャー」のパロディかな?と思った。(スノボ流行前だし)

ソ連脱出の手段は氷塊に擬装した小型艇。なるほど、白鳥→ワニから続いた擬装もようやくここまで進化したかw
瞠目するのは、オッドジョブの位置になんとボンドガールをもってきた事!
これには驚かされた。グレース・ジョーンズ演じるメイデイである。

グラント→オッドジョブ→ジョーズなど「ボスを守る屈強な武闘派」が女性であるだけでも新しいのに、なんと正統派BGのタニア・ロバーツに勝るとも劣らない存在感で作中あらゆる名場面で活躍する。
まるで強化サイボーグなんじゃないか?と疑いたくなる女丈夫であるメイデイ。愛を囁かれた経験など、ゾリンとボンドくらいのものだったのではあるまいか?(ゾリンと同じようにステロイド&試験管ベビーかな?と思いましたがそういうわけではないみたいですね)

愛されていると信じたゾリンの裏切り。「思い知るがいい」とばかりにゾリンの計画を水泡に帰す姿を見せつけ、壮絶な最期を遂げる彼女。
(今作でボンドと一緒に卒業のマネーペニーがカビーに「Mに昇格させてくれないか」と尋ねたそうだが。そんな回があっても良かったかもしれないね。まぁ、慰労ご褒美は華やかなピンクのドレスと帽子に留まりました)

メイデイとの対比の為に、黒髪を金髪に染めて演じたタニア・ロバーツ。でも本作以降、ずっと金髪にしていたような気がする。アメリカ人にもブロンドコンプレックスみたいなものはあるのかなぁ。
脇を固める敵役ゾリンには「ディアハンター」のクリストファー・ウォーケン。これで面白くならないはずがない。

ボンドカーはタクシーのルノー11。この時代の車は1番好きだし安心するけどボンドカーとしてはちょっと地味。
ロールスはカーチェイスしていないし、オークションで本作のボンドカーとして「パトカー」が5000円くらいで売ってたよ?あれをボンドカー扱いするのって、ちょっとどうよw
しかして「アクション」という括りならば、今回は「これでもかー!」という良質アクションおてんこ盛り♪

冒頭の雪山始め、エッフェル塔登りからのド派手な追跡劇、荒駒にてトラップ障害走からの林中疾駆、水中自動車や火災エレベーターからの脱出、そしてお約束の空中ぶら下がり追跡。
目玉は、なんとゴールデンゲートブリッジでの決戦。(ヒーロースーツなどの無い生身の人間が闘う場所ではありませんw)
それぞれ専門のスタントが演ってくれてるから、いずれのアクションシーンもお見事!(ムーアのアップシーンだけ、たまに合成が気になっちゃうけど野暮は言いっこ無しって事でw)

最後になってしまったが、Duran Duranのファンだったので主題歌起用は嬉しくもあり、複雑な気分。
(子供の頃、自分で初めて買った洋楽レコードはRioとSeven and the Ragged Tigerだった)
それまでUKロック好きや洋楽ファンくらいしか聴かなかったのが一気に日本中で有名になっちゃったものね。
(まぁ、サントリーCMのせいでIs There Something I Should Know?とThe Reflexは知られてたけど)

改めて振り返れば、80年代半ばまで「007」という作品を生き残らせ、息の長いシリーズ作品として後世にバトンを渡したのはムーアの功績だと言える。ゴゴール将軍がレーニン勲章を贈る演出もニクい。
心からの謝意を伝えたい。
ありがとう!ロジャー・ムーア!
長い間、お疲れ様でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
pipi

3.5帽子を掛けようとしたら、そこにはマネーペニーの派手な帽子が・・・

kossyさん
2021年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 スノボがまだ流行ってない頃の雪原シーン。やっぱりロジャー・ムーアは南国よりもウィンタースポーツがよく似合うのかも。といったアバンタイトル。そこでは003の遺体からマイクロチップを取り出していた。

 ゾリン産業という新進の巨大会社。核爆発にも耐えるというチップを開発するが、その実像はえげつないもの。元KGBとも囁かれていた、クリストファー・ウォーケン演ずるマックス・ゾリンのサイコぶりも徐々に剥がされていくのですが、後半になるにつれ怖い表情になっていくのが名優の証。競走馬のドーピングなんかは可愛いもんだった・・・

 パリからサンフランシスコへ。市役所の火災からの脱出、消防車チェイス、鉱山での乱闘など、息つく暇もないくらいたたみかけてくる大がかりなアクション。シリコンバレーを壊滅させるってのはこういうことか!と驚いてしまう。巨大地震の陰謀論者なんてのもこの映画を参考にしてるのかも。

 シリーズで度々見かけるKGBのゴゴール将軍だとか、顔見知りのようだったポーラ・イワノバ(フィオナ・フラートン)といったキャラもいい。ポーラはいったい何のために登場したのか・・・ちょっと間抜けな色仕掛けスパイなのか?ボンドガール以外では強烈な印象を残してくれるグレース・ジョーンズがいい。一度ボンドとはベッドインしてるのに、翌日からは常に殺そうとしているが、最後にはちょっと泣けてくるキャラだ。

 オープニングで「おじいちゃーん」と聞こえたような気がしたけど、何て言ってるのかな?それと、劇中にはダブルクエイクやらダブルなんとかという言葉がやたら使われてた。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

3.5敵の外道さがトップクラス

shotgunさん
2021年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

雪山で発見された003の遺体から見つかったICチップ。それは強力な電磁パルスにも耐える最新製のICチップで…。
シリーズ14作目にして3代目ボンド引退作。敵の外道さが際立つ作品で終盤の虐殺シーンはシリーズ内でもトップクラス。橋の欄干上での戦闘シーンが印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

3.058歳のスパイ

としさん
2020年12月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年12月25日
#007美しき獲物たち (1985年)鑑賞

冒頭の雪山のシーンはいかにも吹替えだろうと思うぐらい #ロジャー・ムーア がおじいちゃんだった。58歳、あと2年で定年って年に、あんなに元気に活躍して、女性にも元気なのは・・・ムリムリ
#グレース・ジョーンズ も守備範囲とは恐れ入った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品