007/美しき獲物たち

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
007/美しき獲物たち
11%
44%
36%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球破壊を狙う実業家ゾリンとイギリスの諜報部員ジェームズ・ボンドの対決を描くスパイ・アクション。“007”シリーズ第14作目。製作はアルバート・R・ブロッコリ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはマイケル・G・ウィルソン。監督は「オクトパシー」のジョン・グレン。イアン・フレミングの原作を基にリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソンが脚色。撮影はアラン・ヒューム、音楽はジョン・バリー、主題歌はデュラン・デュランが担当。出演はロジャー・ムーアなど。

1985年製作/イギリス
原題:A View to a kill
配給:MGM=UA=UIP

ストーリー

極寒のロシア氷河からの脱出に成功してイギリスに戻った諜報員“007”ことジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、休む間もなく、M(ロバート・ブラウン)と国防相に呼ばれた。英国が開発した防衛システムに不可欠のマイクロチップが奪われたが、どうやらKGBが関係しているらしいというのだ。早速調査を依頼されたボンドは、その事件に、大富豪のマックス・ゾリン(クリストファー・ウォーケン)が関わっていることをキャッチ、ゾリンをマークすることにする。彼は石油で大もうけし、それを基にエレクトロニクスと高度技術を開発し、さらに競馬で巨大な財産を築いた実業家であり、一方では反共産主義者として知られていた。ロイヤル・アスコット競馬場でゾリンの持ち馬が次々と勝ち続けるのを目にするボンド。フランスの競馬クラブが、ゾリンの勝ち方に疑問をもち探偵オーベルジン(ジャン・ルジュリ)を雇って調査にのり出すが、オーベルジンは何者かの手によって殺された。Mから紹介されたチベット(パトリック・マクニー)と共にゾリンの種馬飼育場に乗り込むことに成功したボンドは、そこでゾリンの忠実な部下、スカーピン(パトリック・ボーショウ)や飼育コンサルタントのカール・モートナー博士(ウィロビー・グレイ)等に会った。ゾリンの所有する豪華な城での種馬オークションが終了すると、ミステリアスなアメリカ美女、ステイシー・サットン(タニア・ロバーツ)が到着。ボンドは彼女に500万ドルの小切手が渡されるのを見た。その夜、ボンドとチベットは、ゾリンの馬が勝つ秘密を知り、さらに木箱につめられたマイクロチップを目撃する。しかし、チベットは、ゾリンの片腕、メーデー(グレース・ジョーンズ)に殺され、ボンドもピンチに遭う。一方、ゴーゴル将軍(ウォルター・ゴテル)は、ゾリンが反ソに転向したもとKGBのスパイであることをつきとめた。サンフランシスコ郊外にあるシリコン・バレーを破壊して、一挙に電子科学の分野を制圧、世界を征服しようと企みアメリカに渡ったゾリンを追うボンド。ステイシーは市の地質に関する資料をゾリンに提供していたのだが、ゾリンの正体を知らされた彼女はボンドの目の前で13億円もの小切手を破り捨て、二人はシリコン・バレーへと急ぐ。シリコン・バレーの地下鉱山では、大爆発の準備が進められていた。ゾリンはそこで側近以外の部下をすべて射殺。裏切られたと知ったメーデーはボンドらに協力し、自らは爆裂死を遂げる。ステイシーを人質にしたゾリンは飛行船で逃げるが、金門橋上で遂にボンドと格闘することになり、激闘の末、ゾリンは滅びた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 ゴールデングローブ賞(1986年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ロジャー・ムーア…

ROSEさん
2020年4月16日
Androidアプリから投稿

私はロジャー・ムーアのボンドが1番好きです(^^)♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ROSE

5.0007シリーズがフォーマットとして永続できる態勢が完成した作品

あき240さん
2019年4月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主題歌はデュラン・デュラン
見事に80年代の空気感を捉えた抜擢です
楽曲自体もできがよく大ヒットしています

まず冒頭のソ連兵との雪中チェイスはスノーボードのアクションでつかみは十分
笑いもしっかり取ってきます

今回の舞台はパリとサンフランシスコ
パリと言えばエッフェル塔、セーヌ川
サンフランシスコと言えばゴールデンゲートブリッジ、フィシャーマンズワーフ、白亜の市役所、坂の街にケーブルカー、リトルトーキヨー、名物の地震、シリコンバレー
全部出てきます
それもボンドが縦横無尽に暴れ回り回ってくれます
流石のサービス精神健在です

特にパリ街中のアクションシーンは目を見張るものです
エッフェル塔からのスカイダイビングは本作と言えばこのシーンとなる程の語り草です

前作オクトパシーで元祖対本家の戦いに勝利して、波に乗っての次回作になります
元祖のネバーセイネバーアゲインの良いところだった女性殺し屋を採用してグレイス・ジョーンズという当時の人気ディスコ歌手を起用
彼女はなかなかにビジュアルのインパクトがあります
本作前年のキング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2で正に馬のような扮装の古代の女戦士役が評判になっており、それが本作の競馬馬のモチーフのイメージの連想による起用と思われます
その作品ではかなりの大根でしたが本作ではだいぶ観れるような演技になって来ました
エッフェル塔でのアクションシーンでの衣装はネバーセイネバーアゲインの女殺し屋を思わせる衣装ですが、競馬場での登場シーンでは正にサラブレッドの艶やかな馬体と彼女の逞しく美しく長い手足と褐色に輝く肌、特に尻から太ももにかけてのラインとの相似を見せつけてくれます
鉱山の地中シーン、それも地中の大量の激流シーンは本作前年のインディジョーンズ魔宮の伝説を思わせ二番煎じぽく感じますが、たまたまかぶったものだと思われます
しかし、続くサンフランシスコのシークエンスが特に抜群の出来映えに仕上がっており満足度は高いです
ゴールデンゲートブリッジをこれでもかとアクションシーンの見せ場にしてくれれるのですから
正に誰も見たことのない映像です

ロジャー・ムーアも遂に本作で勇退
若手にバトンを渡すタイミングであると、元祖のネバーセイネバーアゲインのコネリーを見て判断したのでしょう
見た目の若い彼でももはや限界です

本作を観て改めて思うのは、元祖と本家の争いでスペクターとプロフェルドを使えなくなったことが、逆にプラスになっていること
いろいろな敵を登場させる事ができ、作品の自由度が上がっているからです

007シリーズがフォーマットとして永続できる態勢が完成した作品と言えると思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0それで良い

2018年11月24日
iPhoneアプリから投稿

007はこれで十分良い。でもロジャー・ムーア歳とったな。色んな意味で過激なアクションにハラハラさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

3.5アクション少なめ

2018年3月22日
PCから投稿

今までのムーア作品に比べるとアクション少なめで、そのぶん高貴でエレガントな演出が多かったので、今までとはまた違ったボンドらしさがあったような気がします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「007」シリーズ関連作品